<   2018年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
残念なお知らせ
d0123571_2242098.jpg
Sakai, Musashino, September 26, 2018


10月もはや終わりかけて吹く風も薄ら寒い。
27日(土曜)は昼から井の頭ラン。井の頭池と西園を気分よく駆けて、9kmほど。
これで10月のラン総距離は104.09km。100km越え連続38ヶ月達成。

そのあと、夕方にいつものクリニックで定期検診。心臓の調子はよかったのだが、
気にしていたγ-GTPの数値は改善したと思いきや、ほとんど変わりがない。
その場でエコーで診てもらったりしたのだが、不本意ながら、
試しに薬(ウルソデオキシコール酸錠)を服用してみることとあいなった。

肝機能がよくないと診察されたのが7月末(その検体を取ったのは6月下旬)、
で、8月〜9月と断酒して、今回の数値の検体を取ったのが9月末。
断酒がまったく功を奏していないわけで・・・ガックリ、まことナンギなことである。

まさか改善していないとは思わず、いい気になって10月からは週に一回150ccほど
飲むようになっていたが、しばらくはまた断酒することにした(30日で9日目)。
アルコールがどうこうという話でなくて、口にするものをすべてを
あらためて考え直さねばならないようで、なんとも・・・である

by masashiw2 | 2018-10-30 22:12 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(2)
和田峠でオフランプ、中山道で諏訪へ 2018年10月21日
来た道を戻る。あとは快適なダウンヒルと思いきや、往路の快適なダウンヒルはかなりの登り返し。
時間も押して来ているので悠長にしていられないが、夕刻迫る美しい空などカメラに納めておく

d0123571_18263241.jpg
K178開始部、軽めの巻貝まで戻る。R411の花魁渕ちヘアピンに似ている


d0123571_18272315.jpg
三峰山あたりが美しい。台地のへりに三峰大展望台がある。撮り歩くと楽しいところかと


d0123571_18274628.jpg
すこし東、左に眼を転ずれば月と蓼科山


d0123571_1828737.jpg
さらに左に転ずれば佐久から浅間山、噴煙かも


d0123571_18282689.jpg
動物に注意、描かれてからかなり時間が経っている古いタイプのもの


d0123571_18284869.jpg
気温も低くなってきた。ウインブレの袖口を絞って耐える


d0123571_18291135.jpg
最後の最後に八ヶ岳、もうすぐ真っ白になってしまうかと


d0123571_18293351.jpg
@和田峠。霧ヶ峰に登り返す気力はなくなり、左折して下諏訪へ降ります

中山道に入るともう登り返しはなく、下諏訪まで一直線。標高差800mを耳がおかしくなるくらい一気に降りて、
湖岸を伝ってスタート地点・上諏訪へ。美ヶ原、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-10-29 18:33 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
王ヶ頭・自転車で百名山へ 2018年10月21日
その頂がホテルの裏というのが、なにか有難くもない感じではあったが、王ヶ頭にもタッチしておかねば。
天気は依然よかったが確実に夕方に近づいている

d0123571_2364858.jpg
王ヶ鼻から王ヶ頭に帰ってきた。生駒山みたいな・・・


d0123571_237911.jpg
電波塔は電源も要るのでせう


d0123571_2373517.jpg
百もあるならこういう一座があってもいいのかもしれない。電力会社のマンホールもアリ


d0123571_2384728.jpg
平らなのでむしろこちらの神社が頂上でもいいような感じもする


d0123571_239125.jpg
神社の味のある石仏さま


d0123571_2393720.jpg
同じく味のある石仏さま(向かって右)


d0123571_231013.jpg
来た道を戻ります。台地のような、テーブルマウンテンみたいなお山でした


d0123571_23102985.jpg
早く帰りたくなってきた。実はトイレがなくて我慢しているのだった


d0123571_23105412.jpg
何度も何度も八ヶ岳。飽きないなぁ


d0123571_23111862.jpg
こちらは南アルプス。美ヶ原からだと甲斐駒ヶ岳が左に見え、その右、北岳は切れ上がった鋭鋒

すっかり時間を食ってしまった。往復せず松本側に降りるというのも一つの選択肢ではあったが、
不案内な松本よりも、諏訪側・来た道を戻るべしと判断した。名残惜しいですが降りていきます。つづく

by masashiw2 | 2018-10-27 23:15 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
先に王ヶ鼻へ 2018年10月21日
いわゆる美ヶ原に到達。ここからは平坦に近いダートの押し歩きということで、クリートカバーをつける。
牛さんたちはいなかったが、楽しい牧場歩き。牧場あたりは上田市内。自転車で上田市に入るのは初めてかも。

美しの塔でまずアリバイ撮影、次は王ヶ頭へ。
電波塔がたくさん立っている最高点が王ヶ頭──と認識しているのが、情けないといえば情けないわけで、
そういった人工物のない景観を想像できればより素晴らしいのかもしれない。

王ヶ頭の最高点はホテルの裏らしい。なんだかつまらなそうで後まわしにして、先に王の鼻へ。
すでに松本市に入っているようだ。自転車で松本市に入るのも初めてかも。
王ヶ鼻の眺望は日本百名山のうち40座くらいが見えるという、ピークハンターたちのインスピレーションポイント

d0123571_21242921.jpg
美しの塔、淡々と儀式=アリバイ写真を撮っては進む


d0123571_21244711.jpg
美しの塔碑文は遭難碑?、ではなく、自然を讃える碑文でホッとした。「美ヶ原 尾崎喜八」でググってください


d0123571_212535100.jpg
王ヶ頭へ。一番高いところにホテルがある


d0123571_21255753.jpg
八ヶ岳〜国定公園なんですね


d0123571_21262353.jpg
王ヶ鼻着。ここからも八ヶ岳。その右に富士山(霞んでよく見えない)、南アルプス(甲斐駒ヶ岳〜北岳)


d0123571_2127396.jpg
いわゆる王ヶ鼻。この先はストンと落ちている


d0123571_21272690.jpg
「王ヶ鼻」にタッチ


d0123571_21274864.jpg
「松本から自転車で登ってきた」感じに撮る。北アルプス、松本、安曇野方面。この写真はクリックで拡大します


d0123571_21282680.jpg
石仏さまたちの表情に飽くことがない


d0123571_21285069.jpg
頂上を構成している岩のようすもおもしろい


d0123571_21291849.jpg
ゴタテ・鹿島槍から五龍も見えていた。その北(右)のほうはムニャムニャムニャ・・・次回、王ヶ頭へ、つづく

by masashiw2 | 2018-10-26 21:33 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
最近、「やれやれ・・・」が口癖で 2018年10月21日
豪快な高原ライドを楽しむにはそれなりの脚力が必要。
ちょっとした勾配など、平気で片付けていかねばつまらない。
まして気温が低いとは言いながら風のない天候、もったいないくらいの好条件。

で、調子があまり良くないのだった。どうもちょっとした勾配がいちいちこたえてしまう。
ダウンヒルが終わり、登りにかかる時、ギアを落としながら「やれやれ・・・」なんて。
最近、この「やれやれ・・・」が口癖になってしまった。富士山スカイラインの時もそう。

ビーナスライン・K178の最後の登りは、鶴峠の北側みたいな一気に高度を稼ぐような坂。
一刻も早く終わらせたい一心で登り切る

d0123571_11581635.jpg
丸いレーダーの所(霧ヶ峰・車山)へ行けば、一日に百名山2峰ゲットなのだが、もったいないのでまたの機会に


d0123571_1158461.jpg
諏訪湖から御岳(右の奥に薄く)など


d0123571_1202220.jpg
@和田峠。和田峠ってあちこちにあるみたいで。この和田峠は風の通り道、ちょっとすがれた雰囲気


d0123571_1231994.jpg
次第に高度を増して。蓼科山から阿弥陀岳まで八ヶ岳一望


d0123571_1235236.jpg
西上州の山も地味だけれど・・・。艫(とも)岩もなんとなくわかります


d0123571_12434100.jpg
いよいよ高原ライドただなか。台地状の美ヶ原(電波塔たくさんの王ヶ頭、少し左の電波塔2本の王ヶ鼻)が見えてきた


d0123571_125178.jpg
扉峠の観光地図。この写真はクリックで拡大します


d0123571_1252938.jpg
K178クライム。落合橋からつづら折りを越えて


d0123571_1254955.jpg
もうすぐ山本小屋。次回はダートの平坦路・いわゆる美ヶ原へ、つづく

by masashiw2 | 2018-10-25 12:11 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
上諏訪から霧の駅まで 2018年10月21日
この日は雲ひとつなく、甲府盆地に入っても車窓から白峰三山がきれいに見えていた。
韮崎を過ぎて、日野春あたりからは、鳳凰三山から甲斐駒ヶ岳の峰々。
チラリと冠雪した北岳も見えたりで、小淵沢あたりまで飽きることがない。

今回は上諏訪まで乗車。片倉館まで自転車で遊びに行ったことがあるので初めてではない。
プラットホームの足湯をチラリと一瞥、かつてフルバージョンの風呂に入ったのはいつの頃だったろうか・・・。
準備を整えてR20、街道沿いに酒蔵やら懐かし物件やらチラチラとあるのだが、
最初から勾配のあるルートなのでじっくり見る余裕ないまま進む

d0123571_2242113.jpg
日野春から甲斐駒ヶ岳


d0123571_2244049.jpg
甲斐駒ヶ岳、ズームアップ。その昔、こだわった山なので、どうしても気になります


d0123571_2245957.jpg
日野春駅の給水塔、これもいつも気になる


d0123571_2251715.jpg
チラリと北岳。これが見えたらその日はラッキーかと


d0123571_226528.jpg
K40に入って。住宅地だが仮借ない勾配が続く。道ゆくおばさんが今朝の気温は8℃と教えてくれた


d0123571_2262525.jpg
高地に上がりきって、霧ヶ峰だけに霧ヶ峰


d0123571_226523.jpg
観光地だけにわらわらと人がいるのだが、人のいないところもあったり


d0123571_11143192.jpg
霧の駅付近、八ヶ岳が麦草峠(左)から権現まで


d0123571_11145133.jpg
振り返ると北アルプス、明神〜穂高〜キレット〜槍〜常念。
この先、どんな景観が待っているか。気温は低いが風もなく。つづく

by masashiw2 | 2018-10-23 22:11 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
先週末は・・・
このところ、いろいろなことが片付かず、どうもよろしくない。
片付けごとを置き去りにして出かけてしまうと、片付かないのはわかってはいるのだが、
天気がいいのに出かけずに片付けごとをするなら後悔しきりでしようがないし。

日曜は気分を切り替えに輪行旅へ。自転車で百名山をゲットしようかと、美ヶ原へ。
最後の百名山が1995年の会津駒ケ岳だったから、23年ぶり、35座目──

d0123571_22272552.jpg
@美ヶ原・王ヶ頭


d0123571_22274561.jpg
@美ヶ原・王ヶ頭、御嶽神社


今回のルートは──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

武蔵境下り初電〜普通列車を乗り継いで〜上諏訪まで輪行〜
K40〜ビーナスライン・K194〜和田峠〜K460〜K178〜山本小屋(ここから徒歩・押し歩き)〜王ヶ頭〜王ヶ鼻往復〜
K178〜K460〜和田峠〜旧中山道〜中山道〜下諏訪〜R20〜上諏訪から輪行〜
小渕沢に立ち寄って駅弁物色、甲府からスーパーあずさで帰京。
距離85.4km 獲得標高2371m [ルートラボ]──ダート押し歩きが3時間ほど、距離は伸びず。

しかし好天の高原ライド、いい写真が撮れましたのでまたご紹介したく。

小淵沢駅売店で駅弁「元気甲斐」を所望したのだが果たせず、「信州牛弁当」「山菜鶏釜飯」を購入。
遅くなったが、帰宅してこの駅弁で夕食。

駅弁を肴に、前回の飲酒から6日空けて、以下の3銘柄をいただく。(商品名/(特記事項)/蔵/酒米/購入店)
Takachiyo chapter 8 IPPON=OMACH 純吟/新潟・高千代/雄町22.5%+一本〆77.5%を59%扁平精米/三鷹・碇
純米吟醸 穏(おだやか)冷やおろし/白糀酒母/福島・仁井田/五百万石?/東小金井・佐藤
天穏 生酛にごり 無濾過純米/無添加/島根・板倉/全量改良雄町/武蔵関・大塚屋 以上、常温で各50cc 
d0123571_22282045.jpg
うちで好んで飲む新潟の酒といえば、もはや高千代酒造の酒だけになってしまった?
そんな高千代の横文字バージョン。高貴な甘さ、どんどん純化していってこの先どうなってしまうのだろう。
仁井田の「穏」、イエノモノに人気、この日でおしまい。最初、素朴な印象ながら、
米の旨みと美味い酸が立ち現れてくる。来年もアンコールですね。
断酒前に飲んでいた天穏はミネラルウォーターの小瓶に移してあった。もろみのシルキーさはそのまま、
少し苦くなったかも、しかし美味いですね。燗用にもう一本、大塚屋に行ってキープしておくか・・・

by masashiw2 | 2018-10-22 22:33 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
遅出で道志ダムへ 2018年10月14日
晴れておれば雛鶴峠から大月に出て、犬目宿あたりをウロウロしようかと思っていたが、早朝4時から6時ごろまで冷たい雨。
いつの間にか布団から出るのが辛い季節となっていた。

道が乾かないなぁとグズグズしたりで、家を出たのは9時半。さしあたり相模湖を越えて道志へ。
K76、いつになく交通量が多い。道志からR20に抜けようとする車のようだった。

R413の青根〜青野原間が通行止め。9月30日〜10月1日の台風24号の被害が大きく、法面の崩壊など、
いまだ修復中とのこと。来た道を戻るか。綱子を経由するか。R413対岸の道もあったな──とか考えて、
やはりオギノパンに行きたいので対岸の道からR413青野原に復帰。

それにしてもあちこちで通行止めがなかなか修復・解除されず。裏ヤビツも通行止めもそのままだし・・・

d0123571_1664143.jpg
道志川に降りる途中、丹沢がけっこうな高度感で立ち上がる


d0123571_1633413.jpg
綱子分岐の炭焼き小屋は健在


d0123571_1634924.jpg
「神」奈川県・「道」志ダム



今回のルートは──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

小金井街道〜日野バイパス〜大垂水峠〜日連〜菅井〜道志ダム〜(R413の一段下の青野原に抜ける道が通行止め)〜
青根〜(R413も青野原に抜ける部分が通行止め)〜菅井まで戻る〜R413の対岸の道を降りる〜
青野原〜鳥谷〜宮ヶ瀬〜オギノパン(おみやげ:あんぱん3種)〜町田街道〜尾根幹〜
距離119.9km 獲得標高1501m [ルートラボ]

脚が鈍らないようにするための短い散歩でしたので記事はこれっきりです

by masashiw2 | 2018-10-15 16:10 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
10月14日飲酒の3銘柄
前回の飲酒日は7日(日曜)。6日あけて一週間ぶりに飲酒

d0123571_11111710.jpg
Ienomono’s Mutant Morning Glory


d0123571_11113643.jpg
Ienomono’s Mutant Morning Glory


10月14日は以下の3銘柄をいただく。(商品名/(特記事項)/蔵/酒米/購入店)
山廃 金鼓 本醸造火入れ原酒 15BY/醸造用アルコール添加/奈良・大倉/全量香川県産オオセト70%/武蔵境・なかがわ
京の春 雄町純米原酒 28BY/京都(伊根町)・向井/全量雄町65%/武蔵境・なかがわ
十ロ万(とろまん)純吟一回火入れ 2017BY/福島(南会津)・花泉/麹:五百万石、掛:夢の香、ヒメノモチ/吉祥寺東急
d0123571_11143370.jpg

金鼓は一升瓶、長くつきあえそうで楽しみ。ラベルが複写のレーザープリントっぽいのだが、
きちんと復刻できればいいなぁと。「大倉」でお馴染みの奈良の蔵、新入荷いつもチェックしてます。
京の春は京と言っても日本海側、丹後半島の伊根町(木下の反対側)。農大を出た女性杜氏が醸しているという。
十ロ万は玉虫箔に負けました。文字通りトロミがあって美味しい酒ですね。
前回の辨天娘のさばの熟れ鮓(なれずし)、残してあった半分もいただく。麹はまだもう一回分残しておく

by masashiw2 | 2018-10-15 11:18 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
スカイラインからK71で富士宮 2018年10月8日
富士山スカイラインはいつのまにかK180となって、まっすぐ行くと富士宮。

富士山周辺って地酒はどうなのか。そういえばあまりピンとこない。山梨側はあまり聞かないしなぁ。
静岡側も海まで(沼津とか由比とか)行かないと蔵の名前が思い出せない。
水はよさそうな気もするが、単に私の好みのものがないだけかもしれない。

篠坂交差点で右折してK72、上井出交差点で右折してK71。旧上九一色村を通過してR139・・・
K71は大室山付近までゆるく登っていくのだが、コンビニのない寂しい道中、力なく前に進まない。
時間かかって富士吉田で薄暗くなる。
予定ではR139で大月まで行こうと思っていたが、時間切れで富士吉田まで終了

d0123571_22585060.jpg
上が南。御殿場は左。手前が富士吉田。今回は右回り270°。湖は左から山中湖、河口湖、西湖、本栖湖


d0123571_22592561.jpg
@上井出交差点、ここからK71、ずっと農道という感じ


d0123571_2303470.jpg
まだ富士宮市だと思うが、K71は道半ば、行程として長いのであった


d0123571_231331.jpg
ちょっと降りて、そしてダラダラ登りが延々続くわけで・・・


d0123571_2314178.jpg
旧上九一色、それまでの風景とはなんとなく違う風で・・・


d0123571_232367.jpg
結局1100mくらいまで寂しいところを登り返す


d0123571_2323584.jpg
ようやくのダウンヒルは樹海の中


d0123571_2325737.jpg
富士急で輪行、大月で長い特急待ち、高尾で中央線快速に乗ったのは午後8時
富士山スカイライン、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-10-13 23:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)