<   2019年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
肝機能検査の結果などなど 2019年5月30日
3月末の肝機能検査の結果が悪かったので、4月半ばからウルソ錠(ウルソデオキシコール錠)服用を再開した。
昨日、服用半月後の4月末時点の肝機能検査の結果が出た。
おかげさまでγ-GTPも53となり、その他の数値も問題なしとのこと。
クスリを服用したのでこれくらいの数値が出ても当然と言えば当然。
引き続きこのウルソ錠を服用するのだが、やはり減らして行きたいので、現状の3回/日を2回/日にしてもらう。

心臓の方はどうか。クリニックに行っても最近何も聞かれないので、まぁあまり問題はないのだろうかと。
頚椎・腕の痛み、指の痺れは一時期からから比べると少しマシになった。
上半身の筋力の低下もあるので、ストレッチに加えて少しずつ筋トレをするようにしている。

酒を抜いて220日、内臓はだいぶクリーンになってきた。一方、性格などは変化があるのかどうか。
酒を抜いたせいなのか、単なる老化なのか、なにかとこだわる傾向・性癖が少し抜けたような気がしている。

もともと基本的に腑抜けとか一本足りないようなありようなので、
無理をしてでもなにかのこだわりを逸物として持たねばと考えてきたフシがあって。
しかしそういうこだわりも思えば何だったのかなぁというふうな諦念が大きくなってきた。
これは自然なのだろうか。この先、ぼんやりと虫のように生きていくのだろうか。

日頃、お勤めでもなく昼日中(ひるひなか)からユルい格好でいるので
時節柄、不審者と思われないように用心もしないといけないな──と

d0123571_2216040.jpg
Hyakunincho, Shinjuku, April 27, 2019


d0123571_22162837.jpg
Tanashi, Nishitokyo, April 29, 2019


d0123571_22164972.jpg
Kichijoji, Musashino, May 2, 2019


d0123571_22171131.jpg
Ebisu Gardenplace, Shibuya, May 10, 2019


d0123571_22173460.jpg
National Museum, Ueno, Taito, May 3, 2019

by masashiw2 | 2019-05-30 22:21 | 拾遺 | Comments(0)
Apple Musicなしではしんどくなって 2019年5月27日
ケータイ会社変更でさしあたり無料で聞いているApple Music。
その昔に聴いていたものや、レコードを売り飛ばしてしまったものを聴き返すところから始まって、
新譜にも手を出すようになり、Apple Musicなしではしんどくなってきた。

このところのヘビーローテーションは、ECMのギタリスト・ラルフ・タウナーの諸作。
2017年の「My Foolish Heart」、1979年の「Solo Concert」などを繰り返し聴いている。
ジョン・アバークロンビーとの共演「サルガッソーの海」「Five Years Later」でおなじみすぎる存在なのだが、
まとめて浴びるように聞くことができるのはApple Musicの恩恵。

アメリカ出身のギタリストなのだが、ジム・ホール以降のギタリストらしからぬ、
なにかしら中世ヨーロッパの古式ゆかしいギターの音色がするようで、懐かしいやら新しい。
ビル・エヴァンスゆかりの曲が、玉のように美しく愛らしかったりもする。
しばらくひそやかな楽しみになろうかと──

d0123571_22581.jpg




27日午後に夏支度をきちんとしてジョグ、今月も総距離100kmのノルマ達成。100km連続45ヶ月となった。
今月のロードサイクリング総距離は550.90km、獲得標高合計は9193mのチョモランマ越えとなりました
d0123571_226109.jpg

で、宗主国の大統領が、元号が新しくなって初の来日ということで、週末からのTV報道。
右親指先を地に向けてばかりで右肩から右肘から筋を違えてしまった。
もともと左肩から左腕の具合が悪かったのに右腕もおかしくなってしまった。
叶うなら、報じられている世界とは、なるべく関わりがないように生きていきたいと思うのだが・・・

by masashiw2 | 2019-05-27 22:08 | かわうその祭 | Comments(2)
やっとこさ有間峠解禁 2019年5月25日
解禁が遅れた広河原逆川線・有間峠、暑くなる前にと思ったが、解禁日はすでに気温30℃の予報。
日曜は予定があるので土曜早いうちに済まそうかと。コースは広河原逆川線で有間峠裏表。

珍しく臨時バスが有間ダムまで。ハイキングシーズンは、棒ノ峰に行く人をダムまで乗せてくれるのかと思いきや、
イベント「飯能新緑ツーデーマーチ」とのこと。名栗湖右岸封鎖、堤体にも入れず、清水も給水できず。

ことしはウエイトを絞りきれておらず、どこにいくにしろ今一つなのだが、心肺はなんとなく不調に陥ることがない。
タイムは決して良くないが、息が切れず脚が滞ることなく、気がつけば目標箇所を過ぎていたというこたがしばしば。
気温は高いはずだが、まぁまんざらではない感じで高度を稼いでいく

d0123571_17114371.jpg
往路、堤体からは写真撮れず、左岸を少し進んでから

d0123571_17122848.jpg
待望のゲートオープン

d0123571_17125043.jpg
問題の工事箇所は大名栗林道分岐からさらに上、法面には丁寧にネットがかけられていた

d0123571_17132040.jpg
峠からの名栗湖、デジタルズームで恐縮ですが。年々樹々が成長して見えづらくなって・・・

d0123571_17134964.jpg
エゾハルゼミの合唱を期待したが、峠近辺で若干聞き取れたほどで少し残念。爽やかな林間を下る

d0123571_17142478.jpg
浦山大橋手前から秩父さくら湖左岸周回道に入ってみた。湖面にあぶくがたっているのだがなんだろうか?
写真の上に見える道が通常のK73(さくら湖右岸)で、寄国土(ゆすくど)トンネルから出たあたり

d0123571_17144647.jpg
左岸道は行き止まり。「土砂流出のため」とあり

d0123571_17152736.jpg
浦山ダム食堂にて。ダムカレーはカツが胸やけしそうで普通のカレーを注文。でもご飯は堤体状

d0123571_17154772.jpg
ダムにあるオブジェ「鯉の後生車」。気がつかなかったが他にも色々(安山石や打ち出の小槌など)あるみたい

d0123571_1716977.jpg
お約束の寄国土トンネルでふたたび有間峠へ

d0123571_17163198.jpg
有間峠、このような看板は前からあったようななかったような・・・

d0123571_17165371.jpg
有間渓谷観光つり場のバーベキュー場。これからお客さんを迎え、土曜の夜は楽しくふけていきそうな・・・




マップをクリックでルートラボに飛びます。
小平~東大和~青梅街道~岩倉街道~山王峠~名栗湖~広河原逆川線~有間峠~浦山~
秩父さくら湖左岸(行き止まり)~右岸で浦山ダム(食事)~有間峠~
名栗湖~おやすみ処やませみ~飯能市~瑞穂~青梅旧街道~芋窪街道~青梅街道~東京街道~鈴木街道
距離161.1km 獲得標高2472m この自転車漕ぎはこの記事にて了

by masashiw2 | 2019-05-26 17:24 | 峠道 | Comments(0)
5月の裏ヤビツ 2019年5月19日
5月9日で、アルコールを摂らなくなって200日。
アルコールを摂るとじんわりと確実に体調が悪くなり、走りや漕ぎに影響が出てしまう。
それなりの意志や工夫で調子を維持しているので、飲酒によってその調子を崩してしまうのが忌々しい。
そういう思いがブレーキをかけてここまで来た感じ。最近は苦にならず、さほど意思も必要としなくなった。
景気も悪いのでべつだん酒を飲みたいとも思わないし。20日で211日。

先々週は奥多摩、先週は道志。今週は新緑の裏ヤビツへ。
地図も見ないで、頭に刻んだ区間々々の目印を追いながら、心を虚しくして渓谷伝いの細い道を漕ぐ。
写真は折り返し地点・菜の花台から帰路で撮ったもの

d0123571_2152165.jpg
@菜の花台展望台から、大山(富士山も)は見えず

d0123571_21523434.jpg
@菜の花台展望台から

d0123571_21525550.jpg
@菜の花台展望台から

d0123571_21531625.jpg
@常世橋。すっかり緑になってミツマタも遠目で判別できず

d0123571_2153358.jpg
@札掛橋。ここから2km下流にキャンプ場があったらしい。廃キャンプ場、一度行ってみるか

d0123571_2154468.jpg
@塩水橋より若干下流。藤の花が映えて見えたのだが、写真には捉えきれず

d0123571_21543012.jpg
@大門橋から上流

d0123571_21544885.jpg
@大門橋から下流

d0123571_21551054.jpg
@青山トンネル東口から宮ヶ瀬ダム。たしかにだいぶ水位が減ってきているか




マップをクリックでルートラボに飛びます。
尾根幹〜町田街道〜新小倉橋〜鳥屋〜宮ヶ瀬〜K70〜ヤビツ〜菜の花台を往復
帰路はオギノパン経由でほぼ往路をたどる
距離140.6km 獲得標高1843m
4月13日とほぼ同じコース、この記事はこれっきり

by masashiw2 | 2019-05-20 21:59 | 峠道 | Comments(0)
このところの日常とか。コンプレッションタイツ新調など……
都心に用事がある時、昼時ならどこで食事をするか。昔から小諸そばや松屋を利用していたが、
最近はめんどうになってそういった店にも入らず、パンを買って済ませることが多い。
つい最近、ビル街のすき間のベンチに座ってパンを食べていた時、足元に一匹のスズメがやってきて、
首をかしげて、くちばしを開けて、パンを分けて欲しそうな顔を表情をした(ように見えた)。
パンくずをやると嬉しそうに(?)ついばんでいた。
白目のないスズメの眼、媚びるでもない、素直に餌をねだる表情がなぜか忘れられなくなって。
なんでもない時にふと脳裏にあらわれてつい和んでしまう今日この頃。

5月14日(火)
コンプレッションタイツを新調したので、10kmジョグでシェイクダウン。
朝から脈が小さかったのでジョグ不調。カラダも重い。どうも調子を外してしまったようだ。
タイツは好調の時をえらんで穿くのがよかろうかと。心臓にいらぬ負担がかかってしまう。
夕方から新橋へ、汐留ミュージアムでギュスターヴ・モロー展。幾多の習作を含む「サロメ〈出現〉」の展示。
これはナマで観ておきたかった。この日は体調が良くなかったので、少ない展示点数でかえって助かった。
メーンの「サロメ〈出現〉」を深く刻むことができた。

5月15日(水)
前日に比べ、体調が良さそうなので、10km燃焼ジョグ。しかしこの日も低調。
タイツを穿かずに走るが、ジョグ後に穿いて回復を図る。タイツが少しだが多少は馴染んできた。

5月16日(木)
さるスジのかたから、PCはキーボードにフットペダルを(shiftとか複合キーを割り当てて)併用すると
肩凝りの痛みが軽減されるかもとアドバイスを受けた。いいことを聞いた。導入を検討中。
夜、新宿バルト9で劇団☆新感線ゲキ×シネ「髑髏城の七人」を観る。岸井ゆきのが走り回って大活躍、痛快。
d0123571_1522456.jpg
Wald 9, Shinjuku, May 16, 2019 映画館・新宿バルト9は左、念のため


5月17日(金)
一日休養で三たび10kmジョグ。気分を変えて井の頭方面。暑いくらいの陽気、タイツを穿く。馴染んできた。
後半は6′30″台で巡航、好調に戻りつつある。三鷹までウネウネと走り終えて、帰路は、たかねで柏餅など購入
リライブはこちら
d0123571_153440.jpg
Inokashira, Mitaka, May 17, 2019 七井橋北詰めにて

by masashiw2 | 2019-05-18 15:10 | Comments(0)
雛鶴峠から道志みち 2019年5月12日
道志みち、昨年秋から長く通行が規制されていた青根の崩落の工事箇所がGWから暫定開通に。
近々には通しで道志みちを漕がねばと思い、今回さしあたり雛鶴峠まで行って、
調子が良ければ道坂トンネルからつなげてみようと思った。
道志みちはなんといっても東京五輪のロードレースコース、ところどころ舗装もよくなって走りやすくなっているはず。

このところ、気になっている首〜肩〜腕の痛みが、ハンドルやサドルの微調整でなんとかならないか、
自転車をいじってみたので様子も見たい。長距離が漕げないとこれからの適期、もったいない

d0123571_14244815.jpg
秋山の牛さん、一匹(普通のホルスタイン)が不明に


d0123571_14253386.jpg
K24(都留道志線)に入って。田植えの季節。カエルの鳴き声が楽しい


d0123571_1426815.jpg
家を出る時は肌寒かったので着けていたアームカバーを脱ぐ


d0123571_14264071.jpg
11時前に道坂トンネル着。すごいタイヤ痕、嫌な予感


d0123571_1427243.jpg
道志みちに入ってからは東京五輪のロードレースコースの逆コースを行く


今回のコースはこちら──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

小金井街道〜日野バイパス〜大垂水峠〜勝瀬橋〜雛鶴峠〜戸沢〜玉川橋山崎ストア〜
K24(都留道志線)〜道坂トンネル〜道志みち〜青根工事箇所通過可能〜三ヶ木〜町田街道〜尾根幹〜調布保谷線
距離163.7km 獲得標高2219m

天気にも恵まれ、快適に漕ぐことができた。ギア一枚軽めの印象。
ポジションを少しいじって、ブラケットを近づけたのが奏功したようで痛みが半減した。

しかし、雛鶴峠にしろ道坂にしろ、峠付近はオートバイがたむろして交代に大音響でかっ飛んでいく。
ひと一人が移動するのに周囲に多大のストレスを与えていいはずがないと思うのだが。
オートバイでツーリングを楽しんでいる人もたくさんいる一方で残念なことだなぁ。

今回のReliveはこちら

by masashiw2 | 2019-05-13 14:35 | 峠道 | Comments(0)
松姫峠大月側降りるついでに松姫湖って 2019年5月5日
道の駅こすげからR139旧道で松姫峠へ。登坂中は首から腕の痛みが引くので少し気分が楽。
松姫峠は先だって4月にも来ており今年2回目。前回は小菅側往復。
今年の春、大月側を降りている人もいるようなので、
去年の台風で思ったほどよりひどい状況にはなっていないかも・・・。今回は大月側を降りる。
落ち葉というのは風で吹き飛ぶものなのだろうか。去年降りた時とそう変わりはないという印象。
砕石が多いのでゆっくりと降りていく

d0123571_291218.jpg
13:22 @松姫峠大月側ワッフルヘアピン。この日最後の富士


d0123571_294762.jpg



d0123571_210566.jpg
一番下の道めがけて降りていく


d0123571_2104127.jpg



d0123571_2105865.jpg



d0123571_21124100.jpg



d0123571_2115631.jpg

この旧道にはトンネルが二つ(上:白草トンネル、下:奈良倉トンネル)あって、
松姫峠から降りていくと白草トンネルの入り口左にもう一つトンネルがあって松姫湖に通じている。
葛野川には、ふかしろ湖(深城ダム)の上流にはもう一つ湖がある。それが松姫湖(葛野川ダム)。
いまだ行ったことがないのでこの際思い出したように立ち寄ってみた

d0123571_2121737.jpg
葛野川ダムに通じるトンネル。左に側道もあったが通行止め


d0123571_2132622.jpg
トンネル内。正面の明るいところが葛野川ダムサイトかと。硬く施錠され、入れそうな隙間も皆無


d0123571_2142769.jpg
トンネル内。正面の左にも入口。揚水発電をしているので地下に坑道がはりめぐらされているかも


d0123571_2153312.jpg
松姫湖あえなく敗退、で、旧R139にもどって白草トンネルへ


d0123571_2161596.jpg
14:20 奈良倉トンネルを出て、R139に合流

あとは猿橋までダウンヒル。痛みが出てきて、GWで混んでいるR20を漕いで帰る気力なし。
100kmに満たないサイクリングとなってしまうが大月から輪行して帰る。
通勤快速が来ていれば、乗り換えなしで楽勝と考えたが、そうでもなく、
乗り込んだすし詰めの高尾行き普通列車は、途中で何度もあずさ待ちを繰り返した。
半年ぶりの輪行、帰路の輪行も大変疲れるということを身に沁みて思い出した次第。
柳沢峠・竹森線〜松姫峠、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2019-05-11 02:21 | 峠道 | Comments(0)
柳沢峠〜竹森線最高点の続き 2019年5月5日
今日は9日、連休があけて納品ラッシュ。そのフォローもあったりでしばらくきびしかった。
実は肩こりがひどく、連休のうちになんとか沈静化できればと思っていたが、そうもいかず。
左腕が肩から肘にかけて芯から脱力するような違和感があり、加えて指が痺れて気色が悪い。
頚椎に不具合があるような診断を受けたこともあり、首筋に湿布が欠かせない。
自転車漕ぎでもでダウンヒルで前傾する際、この違和感が顕著になる。楽しいはずのダウンヒルが苦行。
今回、中途半端な距離で終わったのはこの痛み・違和感がでてきたから。
脚の調子が悪くなかったので、せっかく遠くまで来たのに口惜しい。

前回の続き、連続ドラマのサワリみたいに少し戻ります。
柳沢峠から少し戻って最上部の工事区間、新しいループ橋をこしらえているあたり。
昨年秋に来た時には橋脚を組み上げている段階だった。それから半年、ループ橋ができあがった

d0123571_23261171.jpg



d0123571_23262960.jpg
トンネルからこのループ橋につなげて、さらにその上の新造している最上部のトンネルを
開通させれば、工事はいよいよ完成かと

d0123571_23274697.jpg
柳沢峠から一段上の竹森線最高点あたりから前述の工事現場を望む


d0123571_23284726.jpg
スマホではできない光学ズームアップ。赤い重機がミニチュアのよう


d0123571_23301764.jpg
峠でウダウダしてもうすぐ10時、丹波山へダウンヒル。チト寒い。寒暖の差に耐えることもしんどくなった今日この頃


d0123571_23303665.jpg
仏様ではないが、いつもの廃車くんにも道中安全祈願


d0123571_23314066.jpg
おいらん渕付近。いつもの視点ではなく、違う視点を得るため一ノ瀬林道を少し遡ってみたが期待したほど視界はなかった


d0123571_23322573.jpg
かたなばトンネルが開通していた。モルタル法面が続く断崖区間がすでに廃道(左)。開通前の昨年秋の頃がこちら


d0123571_234256.jpg
首から肩・腕がやはり痛い。坂を登っている間は痛みも引くので今川峠を越えて小菅へ。
道の駅こすげで休憩、肩をほぐしてまんじゅうを3つ買い、2つ食べて1つは松姫峠越え用にポケットへ。つづく

by masashiw2 | 2019-05-09 23:48 | 峠道 | Comments(0)
久しぶりの輪行〜南アルプス全部見え 2019年5月5日
5日は自転車漕ぎ、半年ぶりの輪行。時間が惜しいので初電・中野発高尾行。
今年はまだまだ足慣らしレベル、走ったことのあるルートをつないで良い展望を得たい。
このところは日ごろのおこないがいいので、天気に期待、コンデジも持っていく。
塩山下車でまずは柳沢峠から竹森線最高点へ

d0123571_2111382.jpg
04:39 あと1分で初電。スカイツリーは消灯

d0123571_211204.jpg
06:24 塩山手前の車窓から甲府盆地。赤石から甲斐駒ヶ岳まで見えた

d0123571_2112192.jpg
07:25 R411裂石手前、石の仏さんじゃないけど、毎度、道中安全祈願

d0123571_21124079.jpg
08:38 ループ橋からこれから登る先々

d0123571_2113372.jpg
08:47 新しいループ橋をこしらえている。勾配が緩くなってきた。9時までに峠に着きたい

d0123571_21134488.jpg
トンネルを抜けてぐるっと回ると柳沢峠から一段上の竹森線最高点(上の左の山直下の林道)が見える


柳沢峠には09:02着。ストラバ画面のスクショを撮ったあと茶屋裏の(開いていた)ゲートから竹森線へ

d0123571_21143076.jpg
09:19 竹森線最高点からの富士山。遮るものがなく素晴らしい。右の三角山は高芝山かと

d0123571_21145832.jpg
眼を右(西)に転じると南アルプスが・・・。こんなに眺めのいい場所だったとは(前回は見えなかった)

d0123571_21152072.jpg
左から、聖、赤石、荒川、農鳥、間ノ岳、北岳、鳳凰、仙丈、甲斐駒。思いもかけずすっきり、しみじみと嬉しい
この写真はクリックで拡大します


今回のルート──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

塩山まで輪行〜R411〜柳沢峠〜竹森線最高点まで往復〜丹波山〜K18〜今川峠〜R139〜道の駅こすげ〜小永田〜松姫峠〜
大月側下降〜葛野川ダム・松姫湖方面に向かうが通行止め〜猿橋〜R20〜大月駅から輪行

距離85.5km 獲得標高2659m。少し続きます

by masashiw2 | 2019-05-06 21:22 | 峠道 | Comments(0)
国立博物館・東寺展へ 2019年5月3日
仕事を片付けて夕方から上野へ。国立博物館へ東寺展を観に行く。
その昔、法事で帰省した際にチラと東寺にお参りしたことがあって。
ぼんやりした記憶しかないのだが、はるばる東京にいらっしゃるとあっては出向かわねばなるまい。
曼荼羅とか密教美術に興味のある人にとってはたまらん展示なのだろうなと、
しかし不信心な人間にとっては、地味な展示の前半で、すでに集中力を欠いており・・・

後半、最終展示、帝釈天さまは撮影可能ということで、コンデジを持っていく。しかし低照度、結局スマホで押さえる
d0123571_13464465.jpg


d0123571_1347981.jpg


d0123571_13482051.jpg


d0123571_13484815.jpg


d0123571_13491113.jpg


d0123571_13493617.jpg


d0123571_13495332.jpg
おみやげは、やっぱりレンチキュラー印刷、一枚で両界(金剛/胎蔵)曼荼羅。気分はSantana「Lotus」

by masashiw2 | 2019-05-04 13:54 | かわうその祭 | Comments(0)