元旦の山座同定@武蔵野
昨日アップの初日の出に続いて、同じ撮影場所からの多摩方面のお山のようすなど。
細かくは以前のエントリをご覧いただくとして、おおまかにキャプションをつけました

d0123571_2345367.jpg
まずは富士山。左手前は丹沢


d0123571_23453740.jpg
大岳山(左)から御嶽、七ツ石山


d0123571_234633.jpg
中ほど左が雲取山かと。芋木ノドッケから川乗山へ


d0123571_23462569.jpg
大持山から武甲山(中央)


d0123571_2346496.jpg
中央は堂平


d0123571_23471911.jpg
田無方面のはるか先には、男体山・女峰山が意外と大きく見える


d0123571_23474531.jpg
武蔵小杉の高層ビル群(左)と杉並清掃工場


d0123571_23481531.jpg
ガタコンガタコンと中央快速、左の観覧車は多摩川の対岸のよみうりランド。
これでおおむねグルっと一周、今年もクリアな風景を楽しむことができました

# by masashiw2 | 2019-01-02 23:52 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
初春のお慶び申し上げます 2019年1月1日
本年もよろしくお願い申し上げます。

雲のなかった昨年の初日の出と比べると、雲があることで変化が生まれた今年の初日の出。
最初、太陽は雲に隠れており、出てくるのを待っているうちに色温度が上がって、空は青っぽい印象だった。
太陽がようやく雲から出てくるとやっと初日の出らしい赤みに満たされた。

「災」なんて文字で表される年にならぬようにと、祈念いたしました

d0123571_2227465.jpg
7:12:41


d0123571_22281163.jpg
7:13:26


d0123571_22384547.jpg
7:14:15


d0123571_22284931.jpg
7:14:35


d0123571_22291191.jpg
7:17:30


d0123571_22293086.jpg
7:18:04 ちょっと北に振って見ますと、新宿(右)からスカイツリー

本年もご高覧宜しくお願いいたします──!

# by masashiw2 | 2019-01-01 22:39 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(0)
山には遠巻きに近づくように・・・
今年の山登りは結局、9月の日帰りの御嶽山(青梅)と八ヶ岳だけで終わり。
けっこう楽しんだ印象が残っているのだけれど、結局たった二日だけ。
まぁ、意欲やら、装備の予算やら、日程やら、天候やらで、こんなものでしょう。
そういえば、オッサン山の会は活動していたのだろうか? とうとう召集されなくなってしまった。

登山に熱を上げていた頃に通ったのエリアの只中に、また出かけて行くのは今となっては難しいので、
自転車漕ぎなどで遠巻きに近寄ってみるような、山との付き合い方がよいのかも。

麦草峠、奥多摩、大弛峠、西沢渓谷近辺に自転車で出没するのは、往時の記憶に強く引き寄せられるから。
なら、谷川岳や北アルプスにももっと引き寄せられていいのですが・・・

以下、例によって古臭い山の写真で恐縮です・・・


d0123571_0543026.jpg
                      1991年8月 北アルプス・双六谷遡行


d0123571_0544890.jpg
                  1988年5月 北アルプス・岩魚止小屋、GW涸沢合宿の帰路


d0123571_055437.jpg
                     1989年1月 八ヶ岳・大同心大滝、見てるだけ


d0123571_0552385.jpg
                   1987年6月 八ヶ岳を縦走して小海線松原湖に降りる


d0123571_0554081.jpg
                        1987年5月 仙丈岳から甲斐駒ヶ岳


d0123571_0555973.jpg
                   1994年9月 恋ノ岐川遡行時、奥只見湖の遊覧船を使う


d0123571_0562626.jpg
                      1987年10月 南アルプス・荒川岳縦走


d0123571_0564423.jpg
                      1989年5月 穂高岳・滝谷ドーム北壁登攀


d0123571_057266.jpg
                   1991年5月 北アルプス・硫黄岳から北鎌尾根を望む


d0123571_0571897.jpg
                      1989年1月 八ヶ岳・赤岳主稜終了点にて

本年もご高覧有り難うございました。皆さまもよいお年をお迎えください──!

# by masashiw2 | 2018-12-31 01:14 | 山の日(々) | Trackback | Comments(2)
ようやく一段落 2018年12月28日
仕事が一時的だが、ようやく一段落してきた。暮れに納めることのできなかったデータは初荷となる。
二年越しの案件が例年になく多い。13冊、束見本が山のようになっている。
印刷所は早い所だと4日から仕事始めらしい。一時休戦にもならないみたいな・・・。

昨日、吉祥寺ヨドバシにFONTWORKS・LETSの更新に行く。代理店に行かずとも、更新手続きはオンラインでできるのだが、
ヨドバシのポイントを使って購入し、購入で貯まったポイントでインクジェットプリンタのインクを買うのが年末の恒例行事。
PC関連の商品は、実店舗で購入することがもはやほとんどなくなってしまったので、
たまのヨドバシで戸惑いを覚えながらもきらびやかな商品世界に触れておく。

インクジェットプリンタは年賀状を印刷するためのもの。やっとのことで年賀状の用意をし始める。
プリンタ自体は2003年に購入した年代物。6色インク仕様で、不足している3色を買い足せば使える。
ただ、古いOSでないと動作しないので、印刷は古いPCを引っ張り出してきておこなう。
さて、年賀状をどんなデザインにするか・・・。紺屋の白袴もアリかも?

それにしても吉祥寺ヨドバシ裏=“近鉄裏”も空き地が目立つようになった気がする。
今年は外飲みの機会が激減したので、そもそも吉祥寺に出なくなった。頻度が少ないと行くたびに様変わりが顕著に見える。
街歩きもしなくなったし・・・。気晴らしに少し歩きたい気もするのだが、暮れの人混みはくたびれそうで。

ヨドバシに行く前に懸案のジョグを済ませておいた。通常の小金井公園ジョグ7km。
これで100km/月の連続40ヶ月を達成。その40ヶ月の年別のグラフが以下の4枚──

d0123571_21445351.jpg
2015年分の距離グラフ。7月に手術、9月から100km/月を続けている


d0123571_2150517.jpg
2016年分の距離グラフ。1〜2月にかなり走力があった。この時の輝きを取り戻したいと思っている


d0123571_21502136.jpg
2017年分の距離グラフ。自転車もけっこう稼いでいます


d0123571_2146915.jpg
2018年分の距離グラフ。2018年12月27日終了時の数値。今年は酷暑で距離は伸びなかった

単に距離で見た場合のグラフであって、走りの質としてはどうなのか、分析する必要もありますが、
ここ2〜3ヶ月は心肺機能が安定してタイムがそろっています。質もあげながら連続50ヶ月を目指したい。

断酒は今夜で68日目。年末年始は喉の先に入れないで、アルコール摂取限りなくゼロで、
利き酒程度に楽しみたいと思います。それをもって断酒というのかどうか──?

# by masashiw2 | 2018-12-28 21:52 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
月曜日、やはり漕ぎました 2018年12月24日
月曜日は時間を見つけてそれなりに漕いでおきたかった。
道が凍らないうちに、奥武蔵GL(グリーンライン)に行っておこうかと。本格的な冬型の気圧配置となり、
(まったく望んでいないのだが)季節風に真っ向から挑むライドとなる。真冬仕様の出で立ち。

入間川にかかる豊水橋を、家から1時間の目標にするが、向かい風で多少遅れる。
今回は名栗からではなく、高麗川からGLを西へ縦走する。登路は宿谷(しゅくや)権現堂線。

この林道は8月の暑い盛りに降りたことがあるのだが、穏やかな道で、登路としても定番化したいなと思っていた。
夏に降りた時はK30に出るまで畑っぽい細い道を抜けていった記憶があったのだが、
今回、K30からその端緒に就こうとして、真新しいバイパス(埼玉医大〜宮沢湖)ができていて面食らった。
スマホの地図を見てもいまだ波線であらわされていて、出来立てのホヤホヤといったところ。

林の中を行くようになって、季節風の影響はなくなったが、底冷えが厳しく、爪先から凍てついていくかのよう。
立ち漕ぎを交えてカラダが冷えきらないように休まず進む。ときどき季節風が木立を揺さぶり、ダンプでも来たかと思ったり。

顔振峠の茶屋も開店前、刈場坂峠の出張売店もなし、白石峠の出張売店もなし。買い食いを楽しみにしていたが、
結局駆け足でGLをめぐることになってしまった。景色のいいところは風も強いわけで、
そそくさと都幾川に降りてコンビニで大休止。帰路は追い風で楽に進むことができた

d0123571_23505853.jpg
真新しいバイパスに、記憶が混乱。まっすぐ南下で飯能のムーミンバレーへ


d0123571_2351343.jpg
@高山不動分岐。のんびり、しかし休まずにGLを行く


d0123571_23515820.jpg
@堂平。両神山の右は蓼科山──と山頂の山座同定板にあったが、いまひとつピンとこない


d0123571_2352238.jpg
@堂平。風が・・・寒いです


d0123571_23524851.jpg
堂平から白石の集落。けっこうな寒気、そして空腹。で、K172を一気にダウンヒル、都幾川のコンビニへ






マップをクリックでルートラボに飛びます。

田無〜所沢街道〜R463〜豊水橋〜K262〜K30〜高麗川橋〜宿谷権現堂線〜奥武蔵GL〜
顔振峠〜刈場坂峠〜白石峠〜堂平〜
K172〜K30〜R299〜仏子〜入間〜R463〜所沢街道〜田無
距離131.1km 獲得標高1813m [ルートラボ]

呼吸が苦しくならないように顔にピッタリの目出帽の中で口を開けていたので、顎が疲れてしまった。
寝る前に歯を磨く時に顎の筋肉がつりそうになった。こんなことは初めて。この記事は一回きりです

# by masashiw2 | 2018-12-25 23:56 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
今年もビミョーな天皇誕生日
いわゆる年末進行に毎年ビミョーな陰を落とすのが天皇誕生日。
要は、暮れの連休はその前後の仕事がキツくなるということ。
昨日・金曜日の夜はさすがにちょっとロープに逃れた感じで一息つくことができたが、
安心して休んでなどおれず、緊張感をもって火曜日に備えなければならない。

それにしても、「こんなところに休日があるばっかりに」──と、ボヤキ続けて30年になるわけか。
12月23日の記念日は来年以降も何がしかの形で残っていくのでせうね。

土曜日は久しぶりに井の頭方面にジョグ。午前中に済ましておきたかったが果たせず、
そのうち小雨が降ったりで、走っておかねばというノルマ感が次第につのっての重い走り出し。
小雨まじりで冷え切って人もまばらな池畔、それでもランナーはそれなりにいて、
こっそりペースを合わせたりするうち、それなりに調子が上がる。西園トラックは濡れていて半周で帰路へ。
今月はこれでラン総距離87.18km。近々に100km/月の連続40ヶ月を達成できそう。
今日の井の頭池ジョグのReliveはこちら

例年、初冬の時期は心臓の調子がそれほどでなく、調子にムラがあるのだが、
断酒のせいか、ムラもなく、調子は上向き。夏場に暑いなか腐らずに走り続けたこともあろうかと。
ジョグの帰路、宮田酒店前で樽酒を量り売りしていたが、
もはやそういうものが気にならなくなってしまった(興味のある蔵の樽でもなかったし)。

今夜で第二次断酒が62日目、前回の断酒(第一次=7月末から9月)と並ぶ。
10月に150cc以下を週に一度くらい飲んでまた断酒、これが今回の第二次(10月22日から)断酒。
来週にはクリニックに行って採血の予定。おおむね5ヶ月、酒を控えた勘定。
この調子で一年くらい控えれば肝臓の全細胞も更新し、機能も回復してくれるのではなかろうか


d0123571_22405962.jpg
Asagaya Suginami, December 7, 2018 実は、朝ドラ「まんぷく」にメロメロでして・・・


仕事やら雑事がどうにか落ち着くのは本当に押し迫ってからのようで・・・。
時間を見て、すこし漕げれば(漕ぎ納め?)いいのだが──

# by masashiw2 | 2018-12-22 22:47 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
いざ、あらたまって相模湖へ 2018年12月16日
普段、R20で上野原方面に向かう時、大垂水峠を降りた勢いでさしあたり藤野くらいまで漕いでしまう。
相模湖あたりで休むということは少ない。相模湖の湖面近くに降りたことは数えるくらいしかないと思う。

津久井湖からやまゆり園の方を通って千木良に抜けた(K517〜515)ことは何回かあるのだが、
プレジャーフォレストの前を通って相模湖に抜けるのはおそらく初めてではなかろうか(R412)。

だいぶ前になるが、雛鶴峠から帰ってきた時だったか、勝瀬橋あたりからとてもレトロな遊覧船を見た記憶があって、
機会があれば近くから写真に収めておきたかった。プレジャーフォレストから下ると遊覧船の船着場はもう近くだった

d0123571_23334694.jpg
間延びした井の頭池畔みたいな場所。日曜のお昼前なのに


d0123571_23342452.jpg
水力発電やダム建設が国の勢いをあらわしていた時代があったのでせうな


d0123571_23371766.jpg
くじら丸乗り場。写真では潮を吹いている


d0123571_23374062.jpg
これだから鄙びめぐりはやめられない


d0123571_2338480.jpg
おお〜い、待ってくれー・・・みたいな。くじら丸、元気に遊覧している


d0123571_23383260.jpg
射的場は井の頭池にはないけれど


d0123571_2339618.jpg
来た来た、くじら丸。帰って来た。いいなぁ。対岸に(水没した神社の名残の)〆縄が見える


d0123571_2339284.jpg
やはり射的場が気になる


d0123571_23395658.jpg
くじら丸の雄姿。諏訪湖のいるか号に似たフリッパー号というのがかつて就航していたようで、
以前に勝瀬橋から見たレトロ船はそれだったかもしれない。

小雨模様になってきたので、慌ててR20に入って大垂水峠から帰宅。
普段通り過ぎてしまうところにも興味深いものが転がっていた。短い旅はこれでおしまい

# by masashiw2 | 2018-12-18 23:46 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)