(もったいないけど)日帰りで八ヶ岳 2018年9月23日
今月の初めに、山登りのプラン(八ヶ岳1泊2日)などを考えてみたりしたのだが、どうも実行に移しにくかった。
秋雨前線がしつこくて好天が連続しない。週末に好天がめぐってこない。秋山は濡れたくないもので。

で、プランを変更、日帰りにしてチャチャッとすませることにした。一夜を森で過ごすことができずもったいないが、
装備を軽くシンプルにして行動できるのはそれはそれで楽しい。

当初、八ヶ岳を清里側の県界尾根から赤岳に登って、行者小屋で幕営、
翌日は硫黄岳から八ヶ岳南半を縦走する計画だったが、
登るルートは同じ県界尾根、登ったらすぐ真教寺尾根で清里に降りる日帰りプランに変更。

23日(日曜)は好天が見込まれそう──と期待しつつ、初電で大月、甲府、小淵沢と、を普通列車を乗り継いで清里。
遠いなぁ。朝3時50分に起きたのにもう8時過ぎ。天気は曇り、大丈夫だろうか・・・

今回のReliveはこちら
d0123571_15435951.jpg



d0123571_15442742.jpg
県界尾根(タンクの右の尾根)終了点


d0123571_15445770.jpg
@真教寺尾根分岐、やはり有難い富士


d0123571_15464975.jpg
富士を見ながらこのところ定番化した素甘(すあま)をいただく


今回のコース:



マップをクリックでルートラボに飛びます。

初電を乗り継いで清里、サンメドウズ清里スキー場の先、K615車止めまでタクシー~
県界尾根~小天狗~大天狗~岩場~赤岳~真教寺尾根分岐(休憩)~
真教寺尾根下降~岩場~牛首山~賽の河原~羽衣池~美し森~清里駅
距離 14.4km 獲得標高 1254m [ルートラボ]

今回もカメラを持って行きました。少し続きます

# by masashiw2 | 2018-09-24 21:30 | Trackback | Comments(2)
すっきりしないチマチマ連休 2018年9月17日
天気がすっきりしなかった3連休。結局、近場でチマチマと
溜飲を下げたのであった(15日井の頭8.5kmジョグ、16日尾根幹漕ぎ50km)。
最終日も予報がすっきりせず、午後から雨の可能性も高そう。いくつかプランはあるものの実行するような天気ではない。

地図も見ないで距離150kmくらい漕いで早めに帰ってくる感じか。サドル変えたので様子も見たい
(といっても新品ではなく昔のサドルに戻した。長距離を漕いで当たりどころを調整したい)。
こういう時は裏ヤビツでお茶を濁すのだが今年は通行止め。なら、名栗〜奥武蔵GLかと。

もう彼岸も近いから、日の出は5時15分、使える時間がどんどん短くなる。
しかし、蒸し暑い。16号手前まででじっとり汗だく。笹仁田を降りても湿気で淀んでいる。

腹の調子が悪いので馬力が出ない。手前のコンビニでガツガツ食っておけばいいのだがそれができない。
山王峠から名栗入り。モチベーションも低いのではかどらない。

山伏で折り返して帰るならここまで出かけた甲斐がない。せめて刈場坂峠くらいまで。
晴れているから堂平まで。最低限これくらいは漕いでおかねば。
ときがわに降りたら里は真夏に戻っていた

d0123571_225923.jpg
山伏の手前に自転車茶屋ができたもよう


d0123571_22592134.jpg
何度も通る道なのだが私には何も見えない。何かの声を聞くこともない


d0123571_2259417.jpg
高篠峠、それまで真っ青だった空に雲が少しずつ。iPhoneのホワイトバランス暴れまくり。
シーンによってカラースペースが変わってしまうのはどこか設定がおかしいのか

d0123571_22595973.jpg
堂平に着くと曇り


d0123571_2302375.jpg
白石集落方面。御荷鉾山のすぐ後ろは浅間山。堂平からの山座同定、過去のエントリをご参考まで


d0123571_2305265.jpg
模型グライダーで遊ぶ人。左の山は武尊と赤城かと


d0123571_2312253.jpg
ドーム食堂魅惑のセットメニュー、しかし腹が心配。諦めて降りる


d0123571_2314372.jpg
K172、黄色いバンプで眼がチラチラ





マップをクリックでルートラボに飛びます。

田無〜東京街道~新青梅街道~岩蔵街道~山王峠~名栗~山伏峠~刈場坂峠~白石峠~堂平~
ときがわ~K30~仏子~入間~R463~所沢~府中街道~東村山~八坂~東京街道~鈴木街道
距離141.9km 獲得標高1652m[ルートラボ]今回はこれっきりです。



【断酒連続50日目】
下し気味だった具合の悪さもなんとか元どおりになりつつある。
しかしいったん平衡を崩すと、なかなかリカバーしにくくなっている気がする。いかんなぁ。

断酒が連続50日を越えたのだが、とりたてて申し上げるほどあらたまった感慨はない。
日にちが経つほど、かなりクリーンになってきたかとは思うが。

心臓でいえば、このところ期外収縮っぽい脈がない(気がする)。「ちょっと具合悪くなるかも」と思って、
「やっぱりなぁ・・・」とため息をついて諦める──という、あまりよくない気持ちのループに陥らない。
胃もたれや膨満感に苛まれるということがない。むくみや吹き出物が多いなぁと感じることもない。
こういったことを実感できるまでに50日が必要だったらしい。

3年前、手術してのちの断酒は33日で終わっていたが、
その時、継続して断酒とは言わなくても酒量をグッと落とした生活に移行できていれば・・・
なんて思っても詮無いが。さしあたり今月も終わりまで断酒を継続します

# by masashiw2 | 2018-09-18 23:28 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
隠れ里を辞するには 2018年9月9日
五日市から徒歩でひっそりと御嶽集落を目指せば、さながら隠れ里にたどり着くような印象がある。
何にしろ、青梅線御嶽駅からバス〜ケーブルカーを乗り継いで賑々しくやってくると
どうも終始観光地的な印象で終わってしまってよろしくない。
御嶽集落を辞する時もまた同様にか細い道を辿りながら、ひっそりと里に降りるのがよりふさわしいのではなかろうかと。

ケーブルカー駅の手前で西に折れれば、そんな道に入れそうだった。古めかしい石組みが残って古道の雰囲気。
大楢峠は寂しいところで、ここから林道(ダート)もあるのでそちらをダラダラ辿ってもいいのだが、
昔登った越沢の岩壁を見てみようかという思いつきもあったりで、越沢林道を目指す。

ところが、このシリーズ最初の回で申し上げた通り、通行止と迂回措置。登るつもりのなかった城山を越え、
行ってみたかった越沢の岸壁は見ること叶わず・・・。しかし最後にカモシカくんと遭遇──!

d0123571_0124036.jpg
痛んでいた茅葺き屋根が新しく葺き変わっていたり。この先はもう深い森


d0123571_0132430.jpg
御嶽の喧騒を離れて、鳩ノ巣まで誰とも会うことはなかった


d0123571_0134338.jpg
@大楢峠。ここから左に林道が伸びていた。通行止の表示はこの先で初めて出会う


d0123571_014474.jpg
城山の頂上。この道標以外に何もない樹林の頂上。眺望もなし。真下の城山トンネルをいつも利用している


d0123571_014457.jpg
きつい勾配の林地をトラバースしたのち、尾根上に出てしばらくで終了


d0123571_0154012.jpg
・・・っと、黒い影が身をひるがえして崖上に。動かないでこちらを見つめている。君は少し黒過ぎやしないかい?


d0123571_0161350.jpg
鳩ノ巣の集落。里に出てきました


d0123571_0163495.jpg
見覚えが・・・。山岳会で酒盛りをして、一夜明けてバットレスに挑んだが全然登れなかった


d0123571_0173527.jpg
えらい急流なんですわ


d0123571_0185162.jpg
バスも利用しない山行、またいずれ


d0123571_0182748.jpg
鳩ノ巣駅も懐かしい。御嶽あたり足馴らし、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

# by masashiw2 | 2018-09-16 00:25 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
御嶽界隈かわりなく 2018年9月9日
金比羅尾根ルートのフィナーレは御嶽の集落、のんびりした中にも賑やかしい界隈に導かれる。
裏参道といった趣でなかなかにいいルートだと思う。
御嶽界隈は何度来てもいいところ。かわりがないことに安心する

d0123571_2333194.jpg
何度か訪れるうち、ホッとする場所になってきた


d0123571_23332025.jpg
次第に自然と同化してきた特殊車両


d0123571_23335049.jpg
わかりやすい境内鳥瞰図。この地図はクリックで拡大します


d0123571_23341381.jpg
邪鬼さまにもご挨拶、社務所で御眷属さまの根付を購入


d0123571_23343862.jpg
狛豚さまにもご挨拶


d0123571_23345616.jpg
狛豚さまがお守りしている皇御孫命社(すめみまのみことしゃ)。葵の紋所アリ


d0123571_23355032.jpg
参道にて。多摩だからと言ってキティちゃんのバッジはないだろう


d0123571_23364217.jpg
参道にて。ずっとこのままでいいんです。つづく


【断酒連続46日目】
腹を冷やしてしまったのか、体調不良。下して苦しむ。のみならず、発熱、38℃台。
堂々巡りの悪い夢を見続ける。深酒をしたときに見る夢と同じでゾッとした。

食あたりでもなかろうに、原因よくわからず。いったいカラダは何を訴えたかったのだろう。
体質が変わってしまったのかも? 酒を受け付けないカラダになったかも?

試しに午後からジョグしてみたがカラダが軽い。これはいい方に捉えておきたい。
この連休は雨がち。天気予報を睨みっぱなしなのだが、希望少なし。仕事メーンで近場チョロチョロという感じかと

# by masashiw2 | 2018-09-14 23:38 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
金比羅尾根、駆けるには至らず 2018年9月9日
勾配もさほどなく歩きやすい道をしばらく。ほとんど誰にも会わない。下ってくるランナーのかた数名といったところ。
途中の麻生山に近づく頃には晴れてきた。駆けているわけではないので、時間をみると思ったよりはかどっていない。
腰や足裏など特定の部位の調子が悪いわけではなく、ただ駆けてみようという意思が高まらなかったというか

d0123571_22433193.jpg
丸信(林業関係のかたでせうか)さん、有り難く登らせていただいております


d0123571_22435299.jpg
麻生山が見えてきた。植えて間もない林地


d0123571_224607.jpg
さしあたり頂上を迂回したが、過ぎたところで思い返してやはり登頂しておく


d0123571_22462992.jpg
麻生山からの展望。正面の山稜は日ノ出山から伸びていて、梅野木峠や梅ヶ谷峠が越えている


d0123571_2246503.jpg
(左下の)丸太の階段を上がって日ノ出山山頂少し下の外周道へ。来た道は(逆コースで)御嶽から来ると
金比羅尾根に行く方向なのだがちょっと分かりにくい。アタマにきた人がマジックで書いたのだろう

d0123571_22473393.jpg
この箇所では日の出山の頂上に行く道順もよくわからない。表示が舌足らずなのだ。麻生山と金比羅尾根を望む


d0123571_1320492.jpg
御嶽方面には向かわず、バイクが行き来できるような道を少し東に行くと、日ノ出山の最後の登りにアクセスできる


d0123571_22482733.jpg
丸木階段の喘登ののち、日の出山頂上へ。山座同定盤、正面は雲取・石尾根方面かと。しみじみと良い景色。つづく

# by masashiw2 | 2018-09-12 22:52 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
武蔵五日市駅に二本の足で立つ 2018年9月9日
いつもは自転車で素通りする武蔵五日市駅。あらたまって五日市線に乗って駅を利用することは少ない。
三鷹から乗ると乗り換えなしで着いてしまう電車があるらしいので利用してみる。
三鷹までは、最寄駅の武蔵境駅より5分ほど余計にかかるので小走りで。寝起きすぐの調子はまぁまぁ。

「特別快速ホリデー快速あきがわ1号」、快速が2つ着くスペシャルバージョン、外観は普通の中央線快速だが、
拝島で分割、前4両は五日市線、残りは奥多摩へ。ハイカーで満員かと思いきや、ガラガラ。
7時55分、武蔵五日市駅着。欲を言うなら、もう1時間くらい早くてもいいのだが。

改札を出るとコンビニ、至極便利。輪行してくる人もかなりいる。グループライドで都民の森方面かと。
ハイカーの皆さんも都民の森行きバスに吸い込まれて行った

d0123571_2295092.jpg
今回は西東京バスは利用せず


d0123571_22101478.jpg
住宅地を縫って金比羅尾根登山道へ


d0123571_22105479.jpg
道標見落とさぬよう進む。山岳レース、夜走るのか???


d0123571_22111395.jpg



d0123571_22113074.jpg
ここから右が登山道。と言ってもモルタル道


d0123571_22115331.jpg
給餌台があちこちに置かれて野鳥観察園地のようになっているもよう


d0123571_22123467.jpg
琴平神社。道中の安全を祈願する


d0123571_22125382.jpg
金比羅山の頂上は気がつかずに通過してしまった


d0123571_22132198.jpg
陽がなくて涼しいが、晴れて欲しい気もする。鳥も鳴かない静かな植林地を進む。つづく

# by masashiw2 | 2018-09-11 22:19 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
御嶽あたり足馴らし 2018年9月9日
このところ、秋雨前線がへばりついて、日本海側はかなりの雨。
前線が下がってこないので東京近辺はかろうじて雨雲が少ない。山路はウェットだろうけれど少し歩いておこうかと。
もはやケーブルカーさえ使わない格安プランで東京のマチュピチュ

d0123571_2221572.jpg
@御嶽神社参道


d0123571_22224192.jpg
@御嶽神社


d0123571_22231010.jpg
@御嶽神社


今回のコース、金比羅尾根~日ノ出山〜御嶽神社~大楢峠



マップをクリックでルートラボに飛びます。

武蔵五日市駅(ホリデー快速あきがわで乗り換えナシ)~金比羅山・金比羅尾根~麻生山~日ノ出山~
御嶽神社(御眷属さまの根付購入)~大楢峠~城山~越沢林道〜鳩ノ巣駅(1610発)
昼前から晴れ間が出て陽がさして、それなりにコマが進みました。少し続きます。



このルートに関する登山道情報(御岳ビジターセンターより)
————————————————————
★金比羅尾根から白岩の滝の間
桟橋が崩れているため、一部麻生山山頂方面に、迂回が必要です。
日の出山から武蔵五日市駅までの金比羅尾根ルートは問題ありません──とのこと。
d0123571_22265379.jpg
写真は麻生山頂上のすぐ北・白岩滝分岐にあったお知らせ。クリックで拡大します。


————————————————————
★鳩ノ巣駅~越沢~大楢峠
平成30年9月6日から平成31年3月11日までの間、鳩ノ巣駅~越沢~大楢峠間は林道工事のため通行止めとなり、
登山道迂回の措置がとられています。越沢を経由する登山道が通行止めとなり、城山経由での通行となります──とのこと。
d0123571_22274735.jpg
写真は大楢峠にあったお知らせ。地図には城山を越えて越沢林道に降りる迂回路を示しています。クリックで拡大します。


d0123571_2228206.jpg
こちらの写真は、その迂回路で越沢林道に降りてきたところにあった林道通行止のお知らせ

# by masashiw2 | 2018-09-10 22:34 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)