本郷6丁目 2006年9月
幾本もある横丁で本郷通りに出たり入ったりするのも楽しかった。
本郷館、どうなっているのでしょうか、今年4月に「取り壊しか」という報道を目にしましたが……
d0123571_0183959.jpg
d0123571_0185218.jpg
d0123571_0192231.jpg
d0123571_0193865.jpg
d0123571_0194867.jpg

# by masashiw2 | 2007-09-28 00:21 | ラビリントス | Trackback | Comments(0)
本郷・菊坂周辺 2006年9月
金魚屋さんが喫茶店もやっていて和める。一葉とゆかりある質屋の屋根に背高あわだち草
d0123571_072297.jpg
d0123571_075843.jpg
d0123571_081363.jpg
d0123571_082231.jpg
電線の配置がけっこう好みですね。これくらいのものになると地下に埋めるのはもったいない
# by masashiw2 | 2007-09-27 00:19 | ラビリントス | Trackback | Comments(2)
本郷・東大界隈 2006年9月
二十歳を過ぎてから殆ど東京で暮らしているけれど、とんと縁がないのが本郷界隈。
普段漁っている類いの古本もあまり見当たらない
d0123571_024822.jpg
d0123571_025821.jpg
d0123571_031197.jpg
d0123571_032033.jpg
d0123571_0328100.jpg
それにしても「東京帝国大学・暗渠」というのは気になります。なにげにあったマンホールのふたでしたが、
この下には大戦時の大本営の遺構とか、何かありそう

# by masashiw2 | 2007-09-26 00:17 | ラビリントス | Trackback | Comments(2)
奥蓼科温泉 神々しいまでのレモン泉 2002年9月
奥蓼科の冷泉をもう一つ。辰野館の先の渋御殿。向かって左が足下源泉湧出、ガスもかなり出ている。
パウダー状の湯之華が薄くつもった浴槽は、まるでうっすら光を発しているよう……神々しいまでのレモン泉
d0123571_0105028.jpg
d0123571_0113968.jpg
d0123571_0114974.jpg
d0123571_0115780.jpg
さらにその先にある「渋の湯ホテル」、この先は岳人の世界。この建物、「ホテル」と言うものの、
風雪に磨かれた篤志家の宿。今もあるのかしら……

# by masashiw2 | 2007-09-25 00:23 | 湯之華 | Trackback | Comments(4)
築地、銀座 和光のウインドウは毎日見ておけ 2005年9月
月島からとぼとぼ歩き、勝鬨橋の接合部を見届け、銀座へ。
「和光のウインドウは毎日見ておけ」と修業時代に教わった——なんて懐かしい話
d0123571_0364465.jpg
d0123571_037151.jpg
d0123571_0373349.jpg
d0123571_037522.jpg
d0123571_0381515.jpg
鈴木理策展を見にいってきました。暗い参道(産道?)からあまりに明る過ぎる部屋へ。
「宇宙服の息づかいだけが聞こえる……2001年……最後の部屋……」(同行したわたくしの師匠の言葉)

# by masashiw2 | 2007-09-24 01:08 | ラビリントス | Trackback | Comments(4)
佃、月島 2005年9月
昨日に続いて2年前の月島界隈。路地花が美しい。
整った花壇の花を撮るのは、年老いてからの楽しみにとっておいて、
今は路地花や山野草を、そこはかとなく美しく撮れるようになりたいと思う
d0123571_033680.jpg
d0123571_04845.jpg
d0123571_04244.jpg
d0123571_043617.jpg
d0123571_045985.jpg
住吉神社にもお参りしたし、佃煮も買った

# by masashiw2 | 2007-09-23 00:14 | ラビリントス | Trackback | Comments(0)
月島 2005年9月
大阪出身なので「粉もん」は5〜6食続いてもOK。昼食はもんじゃ、夕食ももちろんもんじゃでありました
d0123571_051757.jpg
d0123571_053758.jpg
d0123571_055567.jpg
d0123571_063021.jpg
d0123571_064358.jpg

# by masashiw2 | 2007-09-22 00:12 | ラビリントス | Trackback | Comments(0)