タグ:丹波山村 ( 18 ) タグの人気記事
この時期、やはり大弛峠に行っておかないと-4 2018年6月2日
柳沢峠経由で帰宅──お日様が出ている時間が長い今の時期なら、
仮に柳沢峠を午後3時ごろ通過でも、自宅までナイトランにずれこまず帰れるはず。

このコースは昨年今頃に試みたが、尻痛と眠気で頓挫、奥多摩駅から輪行した。
今回は尻痛もなく、眠気もない。痙攣も梅干しで沈黙。ポンコツエンジンもなんとか正常脈。
また、明るさ十分の前照灯(モバイル電源内臓)も用意していて先々安心

d0123571_21453061.jpg
柳沢峠着。裂石まで30℃を越えていたみたいで、ここまでかなり消耗したかも。富士山なし


d0123571_2145524.jpg
さてダウンヒル、こちらも栃の花が満開、エゾハルゼミも少々


d0123571_21461226.jpg
やはり惹かれるイーグル号(左)。頭隠して尻出している白いコも。倉庫の中も廃車ザクザク?


d0123571_21465366.jpg
せっかく作ったかたなばトンネル、放置されたまま


d0123571_21473267.jpg
@丹波山、お祭り(という地名)手前。ポツンと高所の集落。後で調べると、鴨沢から七ツ石に向かう道から派生している


d0123571_21501968.jpg
@お祭りバス停。ここまでくれば、登り返しはあと2箇所、
城山トンネル抜けて将門あたり、軍畑から多摩書房へのダラ坂くらい。
さしあたり城山トンネルを抜けるまであまり漕がずとも下れてしまう。

新車にして、おおよそ半年ちょっと、それなりのメリットは多々。
巡航速度の向上、距離150kmを越えてからの快適性向上、疲れていても漕ぎ出しがいい・・・などなど。
しっかりこしらえてもらったので、納車当時からポジションは1mmもいじっていない。
所詮理論値だから実際はどうか──とも思ったが、上手くハマっているかと。

「大弛峠に行っておかないと」、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-06-06 21:55 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
春の奥多摩漕ぎ・眩しい新緑を里へ 2018年4月21日
この季節、紫外線が多いのか、夏とも違った漂白したような眩しさがあるような。
そんな中、新緑の鮮やかさが際立って滲みてくる。
思い出したように山桜などもあったりで、他の季節では味わえないような風情がある

d0123571_1223693.jpg



d0123571_1225571.jpg



d0123571_1232811.jpg



d0123571_1234846.jpg
バイクの排気音が去っていくと、鳥の声のみ、うんと高いところから落ちてくる


d0123571_124692.jpg
背景に溶け込みそうな藤尾橋


d0123571_1243545.jpg
おいらん渕のワッフルにもパヤパヤと新緑


d0123571_1245834.jpg
鴨沢集落も柔らかい雰囲気。県境の橋を工事中


d0123571_1253263.jpg
@二俣尾。いくつものトンネルをすっ飛んで古里セブンで一服、軍畑から二俣尾のダラ坂をこなせばもう登りはない


d0123571_126446.jpg
@宮ノ平。こちらも定点観測物件、青梅市街はもうすぐ

春の奥多摩漕ぎ、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-04-26 12:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
春の奥多摩漕ぎ・悲報「仲よし」閉店 2018年4月21日
R411を、どこらあたりから「大菩薩ライン」と呼ぶのだろうか。
県境を越えて丹波山村に入ってから、そういう表示が道脇に出てくるような。
この表示を見ると山深さが倍加する印象がある。
丹波山のはずれの怪しいきのこ売店を過ぎるといよいよ人家がなくなり、
甲州市に入ってすぐおいらん淵、このあたりが山深さの絶頂かと。
その後、さらに標高を上げ、不思議と明るく拓けた落合集落。そして柳沢峠へ

d0123571_1344348.jpg
悲報:丹波山のメーンストリートの御食事処「仲よし」が閉店。2階の窓の手すりが素敵


d0123571_13443716.jpg
かたなばトンネルは内部舗装中(~5月末日)らしい。この日は休工


d0123571_13445964.jpg
@おいらん淵ヘアピン、甲州市に入るとブヨ多し


d0123571_13453176.jpg
お馴染み・藤尾橋も新緑に彩られて


d0123571_13455545.jpg
お馴染み・イーグル号、「あと25分!」と、声援をもらうようで。ここまでくると峠も近い


d0123571_134771.jpg
@柳沢峠、アリバイ富士。冠雪の具合は今が一番いい塩梅かと


d0123571_13484647.jpg
つねに富士を見ながらの塩山側ダウンヒル、裂石まで15分かからない


d0123571_13495033.jpg
@裂石・大菩薩峠登山口バス停前。反対側にある茶屋はまだ営業時間前だった(泣)。
飯場の格安自販機ドリンクで一服。さて、降りてきた道を柳沢峠へ登り返します。つづく

by masashiw2 | 2018-04-25 13:53 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
春の奥多摩漕ぎ・東京都最西、鏡面加工 2018年4月21日
赤い橋=峰谷橋のあたりは水面が近い。この周辺でことのほか美しい景観を見ることができた。
時間は午前7時50分くらいか、自転車から降りて橋の上からあれこれ撮り歩く

d0123571_2062367.jpg
湖畔に降りて佇んでいる人たち。眼前の水面はさらに美しいのかも・・・


d0123571_2065126.jpg



d0123571_207655.jpg



d0123571_2014526.jpg
赤い橋=峰谷橋


d0123571_208911.jpg
@小留浦(ことづら)から、深山(みやま)橋を振り返る


d0123571_2091187.jpg
@小留浦。ここはまだ東京都(西多摩郡奥多摩町)


d0123571_2093319.jpg
@留浦(とづら)、こちらもまだ東京都


d0123571_2095840.jpg
@お祭りバス停(丹波山村)、山笑う。無数の鳥がさえずっている。次回、やっと柳沢峠へ、つづく

by masashiw2 | 2018-04-23 20:15 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
丹波山か小菅か・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日
少しは気温が上がってきたみたいで、調子づいて降りていくうち、いつもの藤尾橋をスルーしてしまった。
気づけばもう花魁淵。引き返すにはそれなりに登り返しが必要。で、そのまま降りていく

d0123571_23463933.jpg
気がつけば花魁淵。すっ飛んで降りてきたが、帰ってきてログを確認すると思ったほどスピードは出ていなかった


d0123571_2347089.jpg
もうすぐ紅葉も花魁淵に落ちきってしまうだろう


d0123571_2347482.jpg
「かたなばトンネル」は完成間近な状態でほったらかしなのだろうか


d0123571_23481075.jpg
@丹波バス停。食堂「仲よし」で「こーひー」をすする余裕が欲しいところ


d0123571_23483237.jpg
今川峠を越えて、小菅村に転戦。小菅側の電光ヘアピン。こんな表和田っぽいのがいくつか・・・


d0123571_2349966.jpg
丹波山か小菅か、どちらが好みかと問われると、むつかしい。でも、チャーちゃんまんじゅうで小菅に一票かなぁ


d0123571_23494362.jpg
@小永田。墓参にいい日和だったかと。R139旧道に入って松姫峠へ。つづく

by masashiw2 | 2017-11-16 23:50 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日
2年前の秋にほとんど同じコースを漕いでいる。10月中旬のサイクリング適期。
ちょうど心臓の手術から3ヶ月ほど経って、発作の心配がなかった頃。
その時とタイムを比較してみると、今回の方がやや速い。暑さで調子が出ないとはいいながら、
今回のほうがパフォーマンスがいいわけで、やはり体重が軽くなったことが大きいかと

d0123571_23201046.jpg
今回のシンメトリックなコースプロフィール。ときどきトゲみたいに出てるのがトンネル通過部分。
ちょうど帰路の一之瀬高橋トンネルを示している(地図上の丸と、プロフィールの縦ケイ)。
トゲの部分は、トンネルの上の山越えとして誤測して高度が跳ね上がっている。その分、獲得標高が少なくなるはず



d0123571_23211636.jpg
花魁淵分岐から一之瀬高橋トンネルへ。ワッフルもやはり撮っておく


d0123571_2321379.jpg
d0123571_23215117.jpg
丹波山村に入って、かたなばトンネルも開通間近。かなりの部分が旧道・廃道化することだなあ


d0123571_2322271.jpg
奥多摩町に入って、峰谷橋の手前、箒目モルタル激坂をちょっと寄り道


d0123571_23234256.jpg
馬頭館という温泉旅館がありまして。いつの日かゆっくりお邪魔してみたい


d0123571_2324794.jpg
小高くなっているあたりから峰谷橋。右に行けば小河内ダム、左に行けば峰と奥


青梅市街でとうとう土砂降りに捕まる。実は今回のカメラはケータイ。
ポケットの中で水没しては困るのでチャック付きのビニール袋にしまいこんで雨の様子は撮影せず。
雨雲は真北に進むようなので、雨の中を我慢して東進、小作あたりからまったくのドライ。
シャワーの中を漕いで、トンネルの中で汚れていたフレームもキレイになっていた。
帰宅して体重計測、BMIは21.8843。かろうじて肥満度マイナス。

柳沢峠に溜飲を下げにいく──ご高覧有り難うございました。
今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-08-09 23:33 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ-4 2017年6月10日
日射もそれほどでなく、路面もドライ、申し分ない。あとはひたすら下るだけなのだが・・・。
坐骨が痛くなってきて、爽快であるはずのダウンヒルが楽しくなくなってきた。
この日はまだ100km越えていないのに尻をかじられたみたいに痛む。

問題はどうもサドル(いわゆる前開き、坐骨の接触面が少ない?)。今までもこういう傾向があったのだが、
今回どういうわけか症状が出るのがいやに早い。半年ばかり我慢して使ってきたが、もはや潮時(最近なんでも潮時にする)。
下りはまだいいのだが、ちょっとした登り返しが苦しい。

加えて、眠い。前夜、前々夜と、この日を余暇とするためにちょっと無理をした。
木陰でちょっと居眠りをしようかとも思ったが、以前、犬を放しているのを見たことがあったのでやめておく。
睡魔と戦うことはたまにあるが、尻をかじられながら戦うことはあまりなかった

d0123571_2341010.jpg
お尻だけ出している廃車くん発見


d0123571_2342852.jpg
頭だけ出している廃車くんはおなじみ。おかわりないようで何より




d0123571_2345046.jpg

d0123571_2351218.jpg
おなじみ藤尾橋も定点観測物件




d0123571_2355573.jpg
そして、おいらん淵ヘアピンを落ちていく


d0123571_2361528.jpg
おいらん淵旧道入口、16時ちょうど。このあたり夜になったら漆黒だろうかと


d0123571_237178.jpg
新しいトンネルを掘っていた。「かたなばトンネル」ってどんな名前か!


d0123571_238041.jpg
[中略]で氷川。寝ちゃいそうになりながら降りてきた。奥多摩駅久しぶり

このまま輪行せず漕いで行けば、おそらくは青梅市街前後で日没となろう。
青梅まで渋滞になって車の横をすり抜けていくのも嫌だし、夜間はもともとほとんど漕がないのでやっぱりやめておこうかと。
で、奥多摩駅から輪行。タイミングよく青梅行きが来た。先週、軍畑から乗った電車の次の便。二週続けて青梅線の旅か。
尻が痛いので、車中、椅子にも座らず、つり革にぶら下がって居眠り、膝をガクッと折って我に帰ること何度か。

今回は好んで苦行に行くような自転車漕ぎであったことだなぁ。
ガッツリ漕ぐなら漕ぐで、もうちょっと快適な工夫をしないことには。
大弛峠~柳沢峠、ご高覧有り難うございました(今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2017-06-14 23:13 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
鶴峠から柳沢峠-3 2016年5月5日
今回からニューカメラ。写りが違うはずなので、過去に撮った景観も撮り直していく。
帰ってきてデータを見ると、たしかにレタッチ耐性・レンジのあるデータを得ることができ、気をよくしている

d0123571_22342356.jpg
@落合。まだ桜咲いていたり



d0123571_22344734.jpg
@落合。標高1000mのお家(売家?)



d0123571_22365248.jpg
お馴染み・藤尾橋も新緑に埋もれている



d0123571_22374352.jpg
@おいらん淵付近




d0123571_22384323.jpg
お馴染み・おいらん淵ワッフルもニューカメラで押さえる



d0123571_2239118.jpg
さらに新しいトンネルをこしらえている



d0123571_2239328.jpg
@鴨沢



d0123571_22395333.jpg
@鴨沢。清酒「双鴨(そうかも=酒井酒造店・昭和40年代廃業)」の仕込み水だったとのこと



d0123571_22402613.jpg
@小河内ダム。この日は自販機ドリンクを千円以上買ったろうか。ドデカミン×2、リアルゴールド×3、アクエリアス×2・・・

奥多摩町に入ってすぐ、留浦でトイレ・ドリンク休憩。あとはさほど漕がずとも、家まで帰れる。
愛宕トンネルと城山トンネル(昨年開通)で、奥多摩駅手前から古里(こり)まで一気に降りる。
御嶽あたりちょっと渋滞、多少のすり抜けをしているうちに、足も回復してきた。青梅まで出れば、1時間圏内も近い。
うちまで帰ってきたら199kmだったので余分に走っておく。鶴峠〜柳沢峠、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-05-10 22:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
奥多摩の桜はどうなっているか──丹波山村へ 2015年4月12日
丹波山村に入る。ソメイヨシノが満開。必ずしもまとまって咲いているわけではないが、
かえってその分布の少なさゆえに、咲いている部分が際立って美しい。
山あいの土地はツツジも同時咲きでさらに楽しい──よき村、丹波山!

d0123571_23295797.jpg
いつかは仲よし食堂でゆっくりご飯をいただかなくてはね・・・



d0123571_23302267.jpg




d0123571_23303689.jpg




d0123571_23305158.jpg




d0123571_23311247.jpg




d0123571_23313484.jpg




d0123571_23314878.jpg




d0123571_23321913.jpg




d0123571_2332615.jpg
次回は東京都へ・・・

by masashiw2 | 2015-04-15 23:32 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
奥多摩湖美し、錦秋の湖畔を行く 2014年11月15日

d0123571_21351243.jpg
@お祭り



d0123571_21353485.jpg
「山荘おまつり」なのか「お祭り荘」なのか@お祭り



d0123571_21355059.jpg
県境の鴨沢橋、橋からむこうは丹波山村



d0123571_21361464.jpg
深山橋(手前)と三頭橋、山の向こうは小菅村



d0123571_2136328.jpg
峰谷橋から東



d0123571_21365338.jpg
奥多摩湖の赤い橋=峰谷橋



d0123571_21372937.jpg
小河内ダムからの奥多摩湖
奥多摩湖は今週末もまだまだ錦秋を楽しめそう。峰谷の奥の高層集落に行っておきたいと思って、下調べをしているところ。
天気がよさそうだし、また行ってきます

by masashiw2 | 2014-11-21 21:48 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)