タグ:奥多摩町 ( 77 ) タグの人気記事
今週も奥多摩湖スタート 2018年11月18日
二週間前に塩山から登った柳沢峠起点の林道竹森線(一部)。12月10日から冬季閉鎖とのこと、
今のうちにトレースしておかないと──と、得意の安上がり企画。
柳沢峠まで自走、竹森線の後は鈴庫山線につなげて未踏の林道2本トレース、
しかるのちに広瀬湖から西沢渓谷入口まで足を伸ばす。雁坂峠周辺は登山をやっていた頃に何度か足跡がある。

一週間前の奥多摩湖は霧の中。今回は霧が晴れて落葉も進んだ。曇り気味だが、安定したホワイトバランスで撮れる。
それなりに紅葉も楽しめて。そんな様子を駆け足で・・・

d0123571_23393410.jpg
@青梅・二俣尾、午前6時ちょっと前


d0123571_23403944.jpg
@奥多摩湖、小河内ダムから


d0123571_23411613.jpg
@奥多摩湖


d0123571_23413646.jpg
小河内ダムから水根の集落

d0123571_23425468.jpg
@峰谷橋


d0123571_23432326.jpg
峰谷橋から


d0123571_23435210.jpg
峰谷橋から


d0123571_23441482.jpg
@川野


d0123571_23453360.jpg
@藤尾橋。丹波山も過ぎて甲州市


d0123571_23472982.jpg
お馴染み廃車くん


d0123571_23481115.jpg
もうすぐ柳沢峠


d0123571_23484659.jpg
@柳沢峠

今回のルートは以下の通り。左右に長いですが、縦に5分の1にした一番左が肝になります。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜東大和〜新青梅街道〜R411~愛宕トンネル〜奥多摩湖~柳沢峠~
林道竹森線~林道鈴庫山線~坂脇峠~滑沢~R140~広瀬ダム~西沢渓谷ネトリ大橋~
R140~K213~塩山高校~塩山 輪行、1559高尾行き普通乗車、四方津でビューやまなしに乗換
距離138.9km 獲得標高2731m [ルートラボ]
奥多摩というよりは、雁坂峠に近い山域だから奥秩父ですかね。次回から竹森線本編。つづく

by masashiw2 | 2018-11-19 23:54 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
11月16日(金曜)に、クリニックへ
いつもは月一回、月末に診ていただいている近所のクリニック。
先月27日(土曜)の検診の際、肝機能改善が見られず、ウルソデオキシコール酸錠を服用することに。
新しい薬を服用したため、早め・半月ほどのインターバルで様子を診てもらう。

10月27日(金曜)時の採血では、γ-GTPに若干改善が見られた。
これは肝機能改善のための薬を服用する前の数値。
10月といえば、休肝日は27日。飲酒日は4日。それぞれ一週間ほどの間隔で150ccほど日本酒を楽しんだ。
度を越えない飲酒なら、ほんの少しだが肝機能も回復・改善していたみたい
(飲まなかったらもっと改善していたかもしれないが)。
ちなみに断酒は継続中で、10月21日(日曜)を最後に11月17日(土曜)で27日目。

16日には、ウルソ錠を服用してから最初の採血をした。
服用後の数値は次回、月末に来院する際に。断酒のみならず、穏やかな食生活を心がけてきたつもり。
これで通常の値まで肝機能が改善していなかったら、はて、どうしたらよかろうか・・・

d0123571_21493533.jpg
Oku〜Misawa Okutama, November 22, 2014


ウルソ錠を服用する前、ロングライドで回復力の無さや慢性的な疲労感を感じたことが多々あった。
たとえば、10月8日(月曜)の富士山スカイライン、10月21日(日曜)の美ヶ原。
ちょっとした勾配に気分が負けそうになって、時間が経つほど疲労が蓄積してしまうようなことがあった。
航続距離や獲得標高がどうも伸び悩んだこの秋。やはり肝機能の減退と無関係ではあるまい。

ウルソ錠を飲んでからわりと調子が良くなった気がする。
11月に入って、奥多摩を漕いでいるが、もう一本いけるかも──という、
以前のような意欲が出てくるようになった。心臓の調子は断酒のおかげで安定している。
薬に頼るようなことにはならないよう、薬も減らしつつ、肝機能も少しずつリカバーできればと考えている

by masashiw2 | 2018-11-17 21:55 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(0)
松姫峠へ、今年3回目 2018年11月10日
おなじみ松姫峠。今年はこれで3回目。GWに通行止になっている大月側を降りることができたのだが、今回はどうか。
さしあたりゲートをくぐって、最後のヘアピンまで行ってみる。
今年の台風、大量の枝葉を落としていった。最後のヘアピンまで大した距離はないのだが、
スポークを傷めたくないので押し歩きを何度か。こんなことは今までになかったことだ

d0123571_22514349.jpg
深山橋渡ったところの蕎麦屋。入ってみたいと思いつつ・・・


d0123571_2252813.jpg
県境にて。東京都離脱


d0123571_22523173.jpg
小菅に入ってすぐ、玉川キャンプ村あたり


d0123571_22532397.jpg
小永田から36×23あたりで回して峠着。時間あるのでゆっくりします


d0123571_22542457.jpg
ゲートを越えて、この秋の状況


d0123571_22552518.jpg
松姫富士


d0123571_22555576.jpg
松姫富士から引き気味に


d0123571_22561855.jpg
右に振って


d0123571_22563958.jpg
左下に振ってズームアップ。松姫トンネル出口


d0123571_22565799.jpg
さらに足下に振る。風もなく無音、今日はたまにヘリの音。つづく

by masashiw2 | 2018-11-14 23:03 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
引き続き、霧にむせんでいたい湖畔 2018年11月10日
奥多摩湖、湖畔を遡っていく。すぐ上は雲も薄く次第に好天になる雰囲気。
もうすぐ晴れそうな霧でもあるのが儚げで少しいじらしい気もする。
峰谷橋界隈の紅葉と水面に見とれたあと、深山橋に向かうと、さっと霧が晴れてきた。
それまでのややまったりした気分が退いて、登高欲が湧いてきた

d0123571_22581976.jpg
@熱海


d0123571_2352769.jpg
@あず(づ)まい


d0123571_22591156.jpg
@峰谷橋


d0123571_22593372.jpg
@峰谷橋


d0123571_2301123.jpg
@峰谷橋と馬頭館


d0123571_2305596.jpg
@峰谷橋


d0123571_2312051.jpg
@峰谷橋


d0123571_231361.jpg
@麦山の浮橋


d0123571_2315829.jpg
@深山橋から三頭橋。あと少しで東京都西多摩郡奥多摩町を抜けて山梨県小菅村です。つづく

by masashiw2 | 2018-11-12 23:09 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きもせず奥多摩へ〜霧にむせぶ湖畔 2018年11月10日
この週末も飽きもせず奥多摩へ。あれこれ忙しかったりで、おなじみの近場で定点観測的に眼を和ませたい。
紅葉も盛りを過ぎそうなので土曜か日曜かと言われれば、土曜・早いうちに見ておきたい。
金曜日はしっかり雨、夜にはやんだが、土曜日早朝はオールウェット。
4時に起きて暗いうちにスタート、五日市街道から小平、東大和から新青梅でR411をまっすぐ。

もう重ね着のシーズン。半袖ジャージ2枚重ねで6ポケットシステム、skinsのうえにビブ重ねばき。
先週指の股が崩壊してご臨終の手袋に代わって、フリース手袋を新調した。
親指あきアームウォーマーを手首に重ねると風が入らず、ウインブレなしでも新青梅は寒くなかった。

奥多摩まではちぎれ雲が少し残っているような、これから晴れていく様相だったが、
奥多摩湖まで上がってみると、小河内ダムで霧がせき止められて、景色は一変していた

d0123571_2336028.jpg
@軍畑駅入口。御嶽の山上集落が見える。最初の休憩はこの先の古里セブン


d0123571_23361918.jpg
@奥多摩湖。小河内ダムがかろうじて見える。音がこもったような静けさで不思議な雰囲気


d0123571_2337255.jpg
@熱海。いつもと同じものもあるけれど


d0123571_23374451.jpg
@熱海


d0123571_2338535.jpg
@熱海。なかなか幻想的だった


先週、上から眺めた小河内ダムから入って、松姫峠往復してから鶴峠で上野原へ。ちょっと長めに走ることができました。




マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜東大和〜新青梅街道〜R411〜古里セブン〜愛宕トンネル〜奥多摩湖〜峰谷橋〜深山橋〜R139
小菅白沢〜小永田〜松姫峠(大月側ワッフルヘアピンまで)往復〜小永田〜K18〜鶴峠〜
西原〜腰掛林道〜上野原〜R20〜大垂水峠〜日野バイパス〜府中〜小金井街道
距離167.6km 獲得標高2359m [ルートラボ]
引き続き奥多摩の紅葉。盛りを過ぎてきているかもですが、少しつづきます

by masashiw2 | 2018-11-11 23:45 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
奥多摩周遊はガスのなか 2018年11月4日
少しずつ日照が弱くなっている気がして、先に進みます。空気もひんやりとしている。
しかし、小河内ダム方面にすなおに下ってしまうのも、なんとなくもったいない。
せっかくだから、奥多摩周遊に入ります

d0123571_1815163.jpg
一の瀬高原入口、ヘアピンの反対側は落ち葉の吹き溜まり


d0123571_18151963.jpg
おいらんワッフルと錦秋


d0123571_1816247.jpg
永遠に工事中のかたなばトンネルも紅葉の只中


d0123571_18162266.jpg
かたなばトンネル付近、名もない(私が知らないだけか)山


d0123571_18164462.jpg
@丹波バス停。「お食事処仲よし」さん、この状態で台風シーズンを無事に越したのですね


d0123571_1817471.jpg
@丹波バス停。気ままな旅人としてバス旅をしてみたくなるバス停(土日祝日は奥多摩行き5本)


d0123571_18172645.jpg
これはお祭りバス停あたりの名もなき山


d0123571_18175792.jpg
@鴨沢。街灯の上にタバスキー発見


d0123571_18181844.jpg
@奥多摩周遊、月夜見第一駐車場。桜の木にヤドリギがあることに今ごろ気がついた


d0123571_18183818.jpg
月夜見第一駐車場から小河内ダム


d0123571_18185773.jpg
風張峠着。風張林道門扉前


d0123571_18194897.jpg
何も見えず、あとはただ下るだけ。路面ウェットで用心しながら。
柳沢峠〜竹森線〜風張峠、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-11-11 18:24 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
隠れ里を辞するには 2018年9月9日
五日市から徒歩でひっそりと御嶽集落を目指せば、さながら隠れ里にたどり着くような印象がある。
何にしろ、青梅線御嶽駅からバス〜ケーブルカーを乗り継いで賑々しくやってくると
どうも終始観光地的な印象で終わってしまってよろしくない。
御嶽集落を辞する時もまた同様にか細い道を辿りながら、ひっそりと里に降りるのがよりふさわしいのではなかろうかと。

ケーブルカー駅の手前で西に折れれば、そんな道に入れそうだった。古めかしい石組みが残って古道の雰囲気。
大楢峠は寂しいところで、ここから林道(ダート)もあるのでそちらをダラダラ辿ってもいいのだが、
昔登った越沢の岩壁を見てみようかという思いつきもあったりで、越沢林道を目指す。

ところが、このシリーズ最初の回で申し上げた通り、通行止と迂回措置。登るつもりのなかった城山を越え、
行ってみたかった越沢の岸壁は見ること叶わず・・・。しかし最後にカモシカくんと遭遇──!

d0123571_0124036.jpg
痛んでいた茅葺き屋根が新しく葺き変わっていたり。この先はもう深い森


d0123571_0132430.jpg
御嶽の喧騒を離れて、鳩ノ巣まで誰とも会うことはなかった


d0123571_0134338.jpg
@大楢峠。ここから左に林道が伸びていた。通行止の表示はこの先で初めて出会う


d0123571_014474.jpg
城山の頂上。この道標以外に何もない樹林の頂上。眺望もなし。真下の城山トンネルをいつも利用している


d0123571_014457.jpg
きつい勾配の林地をトラバースしたのち、尾根上に出てしばらくで終了


d0123571_0154012.jpg
・・・っと、黒い影が身をひるがえして崖上に。動かないでこちらを見つめている。君は少し黒過ぎやしないかい?


d0123571_0161350.jpg
鳩ノ巣の集落。里に出てきました


d0123571_0163495.jpg
見覚えが・・・。山岳会で酒盛りをして、一夜明けてバットレスに挑んだが全然登れなかった


d0123571_0173527.jpg
えらい急流なんですわ


d0123571_0185162.jpg
バスも利用しない山行、またいずれ


d0123571_0182748.jpg
鳩ノ巣駅も懐かしい。御嶽あたり足馴らし、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-09-16 00:25 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日
7月15日に茅野からあずさで帰ってきたとき(十石峠〜麦草峠ライド)のこと、
えらい混雑のなか、輪行袋を抱えて自由席の通路に押し込まれたままだった・・・。
お盆もUターンが始まるタイミングで、輪行は避けたいと。自走は気が楽といえば気が楽です。
標高があって、木陰が多そうなところを選んでみたつもりでした

d0123571_1453418.jpg
今回は心拍計をつけている。記録は図のようなカタチ。午前4時過ぎに開始、午後3時40分くらいに終了。
青がだいたい120(bpm)、黄緑が130、柿色が140、朱赤が160。
この日の安静時心拍数は69、マックスは166。

最初、調子が上がるまでは、心拍数も多いみたいで。その後はキツい坂があると心拍数が上がる感じ。
トンネル街道を抜け出て古里711以降=午後1時からあとは炎暑の青梅街道漕ぎとなっても
心臓のペースは変わらず、運動を続けることができている。

とはいえ、酷暑はいよいよ厳しく。一体いつまでこのような暑さが続くのか。
檜原街道、戸倉711で氷結したペットボトルを買う。ジャージのポケットに入れて出発。
少しづつ氷を溶かして飲んだり、ボトルを頚動脈に当てて楽しもうと思っていたが、
あっという間に溶けてヌルくなってしまった。悲しい。
都民の森で三頭団子を楽しみにしていたが時間が早過ぎて食せず。悲しい。
補給かなわず、それまでいいペースだったのが、次第にバテ気味


d0123571_1454197.jpg
風張峠は気温23℃


d0123571_1572796.jpg
@月夜見第一駐車場。満々と水をたたえた奥多摩湖


d0123571_14544896.jpg
東京都から離脱します。小菅村へ


d0123571_1455713.jpg
@松姫峠、大月側に少し降りたところ。今回は来た道を戻りました


d0123571_1583096.jpg
松姫峠小菅側第2ヘアピンでは26℃


d0123571_1584569.jpg
@道の駅こすげ


d0123571_145638100.jpg
d0123571_14565336.jpg
小菅名物チャーちゃんまんじゅう3つをお土産に。左上のしゃくしなまんじゅうがとりわけ美味しかった



ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜檜原街道〜戸倉711〜都民の森〜風張峠〜三頭橋〜小菅・小永田〜松姫峠往復〜道の駅こすげ〜
奥多摩湖〜愛宕・城山トンネル〜古里711〜新青梅街道〜東京街道〜小金井街道〜鈴木街道〜五日市街道
[ルートラボ]距離168.4km 獲得標高2384m(Stravaでは3926m、かなり盛りすぎ)

今回もミニマルな装備でした。写真もiPhone、記事もこれっきりで。




【断酒連続16日目】
お盆は結局2回のラン(11日に10km、12日に11km)と、14日の自転車漕ぎで終了。
運動しない日は仕事などしてカラダはひたすら休養。
大きなアクティビティの後、酒を飲まないということは臓器に大きなダメージを与えていないはず。

しかし、暑さのせいもあろうかと思うが、寝覚めは良くなったとは思えない。寝つきも良いとはいえず、
果たして肝心の沈黙の臓器はどれほど改善しているか見当がつかない。

運動して脱水気味になるので、水分を取りすぎるせいか、
体全体がむくんで心臓に負担をかけているかもしれないと思ったり。
しかしながら脈は調子が良いようで、まずこれが第一の条件だから、よしとしなければ。

例年、お盆だと、あれやこれや人の出入りもあったりで、お酒の機会もそれなりにあるものだが、
今年はひっそりとしたお盆であった。夏野菜ばかりひたすらアオムシのように食べていたお盆だった

by masashiw2 | 2018-08-15 15:10 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
奥多摩第二弾・いわゆる民森から周遊 2018年5月4日
五日市街道から檜原街道、シンプルに西進。肌寒い。アームウォーマ・ウインブレで正解。
途中、路側でコウガイビルを轢いてしまった。ゲロゲロ、リアブレーキ周辺にバラバラになってそれぞれが蠢いている。
簡単に掃除して礫々を除去する。それぞれが再生して生きていくのかも???
それにしても、しばらくは生キクラゲ炒めが食えそうにない。

都民の森の三頭団子、休日なので早くから焼いていて、ありつくことができた。有難し。
しかし、この団子、井の頭池のボートハウスで売っているものとよく似ているなぁ(言わなきゃよかったか)・・・

d0123571_23351873.jpg
人里(へんぼり)枝垂れ、当たり前だが葉桜


d0123571_23353586.jpg
三頭団子パワーで風張林道入り口へ。温度9℃


d0123571_23355614.jpg
@月夜見第一駐車場、この日はどうしたわけか鷹撮りバズーカ砲列なし


d0123571_23362914.jpg
小河内ダムと熱海集落


d0123571_233763.jpg
大寺山(おおでらやま?)仏塔が顕著。右後ろのナイフリッジっぽい山は黒川鶏冠山かと


d0123571_23372964.jpg
こちらは定点観測物件。健在です


d0123571_23381496.jpg
こちらも準定点観測物件かも。すでに小菅村、待ってろ、チャーちゃん饅頭。つづく

by masashiw2 | 2018-05-06 23:40 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
春の奥多摩漕ぎ・東京都最西、鏡面加工 2018年4月21日
赤い橋=峰谷橋のあたりは水面が近い。この周辺でことのほか美しい景観を見ることができた。
時間は午前7時50分くらいか、自転車から降りて橋の上からあれこれ撮り歩く

d0123571_2062367.jpg
湖畔に降りて佇んでいる人たち。眼前の水面はさらに美しいのかも・・・


d0123571_2065126.jpg



d0123571_207655.jpg



d0123571_2014526.jpg
赤い橋=峰谷橋


d0123571_208911.jpg
@小留浦(ことづら)から、深山(みやま)橋を振り返る


d0123571_2091187.jpg
@小留浦。ここはまだ東京都(西多摩郡奥多摩町)


d0123571_2093319.jpg
@留浦(とづら)、こちらもまだ東京都


d0123571_2095840.jpg
@お祭りバス停(丹波山村)、山笑う。無数の鳥がさえずっている。次回、やっと柳沢峠へ、つづく

by masashiw2 | 2018-04-23 20:15 | 峠道 | Trackback | Comments(0)