タグ:奥多摩町 ( 66 ) タグの人気記事
奥多摩工業からスタート 2016年8月21日
今週も奥多摩に出かけてみた。漕ぎじゃなくて歩き、飽きもせず。
実は台風が来そうで、お山のほうの予報が良くない。五輪サッカー決勝戦を見ながら様子見をしていた。
陽のあるうちはそんなに悪い天気にならない感じか。出かけないと後悔しそうな気分になって、結局7時前に出かけた。

青梅線に乗り換えても青空が広がり続け、風も穏やか。奥多摩駅着、バスを使わないで済む本仁田山に向かう。
奥多摩工業の施設と、渋めの街とを交互に見ながら奥の林道をたどっていく

d0123571_1417217.jpg
天気はもってくれそうかも


d0123571_1419447.jpg
日曜日はダンプもなし


d0123571_14182910.jpg
日原川。前日はそんなに降らなかったのか、川の流れも穏やか


d0123571_14244958.jpg
青梅街道の橋にはまだ提灯が。お祭りが続いているのか


d0123571_14252339.jpg



d0123571_14254889.jpg



d0123571_1426789.jpg



d0123571_14262777.jpg



d0123571_14264630.jpg
奥多摩駅~安寺沢~本仁田山〜瘤高山~大ダワ~鋸尾根~川苔山~赤杭尾根~赤杭山~登山道終了~古里駅
距離16.24km、累積標高1378m(上り) 少し続きます

by masashiw2 | 2016-08-22 14:31 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
大岳山、ガスでもよし 2016年8月14日
大岳山に近づいても天候は回復のきざしなく、雨が降りそうで降らない感じ。
道は乾いていて歩きやすいが、路傍の草をはらうと露で濡れてしまう。
天気が悪いなりの楽しみもあって、ガスの中にかき消えてしまう樹々のおぼろなさまも面白く。
湿気があると音の伝わりかたが違うせいか、空間の広がりかたも晴れている時のそれとは違う

d0123571_142605.jpg



d0123571_14261630.jpg
うちから見える山々の中で とても分かりやすいピークだけに、展望を期待しないわけではなかった


d0123571_14274682.jpg



d0123571_142865.jpg
@大岳神社


d0123571_14283194.jpg
このあたりでは オオカミが狛犬がわり だったり。それにしてもこれもオオカミ?


d0123571_14292222.jpg
@大岳山荘


d0123571_14294622.jpg
ロックガーデンには行かず御岳へ


d0123571_1430696.jpg
御嶽神社が近づいてきた

by masashiw2 | 2016-08-16 14:31 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
奥多摩、自転車漕ぎじゃなくて 2016年8月14日
今週も登山の真似事。今回は空身でどれくらい稼げるか。少し鎖場のある奥多摩の鋸尾根。
奥多摩駅に7時過ぎ着。自転車だと愛宕トンネルでスルーしてしまうので奥多摩駅は久しぶり。お祭りをやっているみたいで。
駅から多摩川を渡ってすぐに登りが始まる鋸尾根。電車で爆睡していたのでキツイ。
ガスが晴れず、小雨も降りそう。暑くないのではかどるが、景色は何も見えない。祭囃子がなんとなく聞こえる

d0123571_16532214.jpg
@奥多摩駅前。縁日で屋台。昼は河原でBBQ、夜は縁日って楽しかろう


d0123571_16542749.jpg
祭りの余韻覚めやらず


d0123571_16545880.jpg
@登計(とけ)園地。悦楽の鋸尾根へ


d0123571_16563027.jpg



d0123571_1656542.jpg



d0123571_16571796.jpg
いい雰囲気になってきた


d0123571_16581553.jpg
祭囃子が聞こえなくなってアオバトが鳴くように


d0123571_16584569.jpg
今回は鎖を使わないことをルールにしている


d0123571_16595912.jpg
低木の枝葉に作られた小さな蜘蛛の巣が面白い味わいに


d0123571_1702360.jpg



d0123571_1703724.jpg
鋸山、視界なし。大ダワが近いが、自転車の靴で登れそうな感じではない


今回はGarminとらなかったので、「くにゃマップ」にトレースを図示してみます
d0123571_1713178.jpg
奥多摩着午前7時18分 登計園地~愛宕神社~鋸山~大岳山~大岳神社~御岳神社~参道売店~
日の出山~つるつる温泉方面~日の出山登山口バス停 武蔵五日市行きバス14時ちょうど
ヤマレコで同じコースの記事から類推して、距離19.9km 累積標高1350mくらいかと。少し続きます

by masashiw2 | 2016-08-15 17:06 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
あずまいのあばらやにたたずむ 2016年6月19日
小雨に追われるかのように奥多摩湖に降りてきた。湖岸を走るうち、幸いにも晴れ間が見え、雨がやんできた。
雨のなか、トンネル通過(10カ所以上)はしたくなかったのでホッと一息。
奥多摩駅から輪行するならもう終わったようなもの。ま、輪行しませんでしたが。

奥多摩湖畔に、以前から何度も通過しながら、改まって撮ったことのなかった廃屋があった。このさい撮っておく。
廃屋の前のバス停の名前が「あずまい」という平仮名四文字。湖底に沈んでしまったなんらかに由来するのだろうか。
一軒家なので、バス停はこの人家のためのものだろうか。
ちなみに近くのトンネルは「あづまいトンネル」。表記にユレがある。

この家はダムが出来る前から建っていたのだろうか。後ろはすぐ山、前はすぐ湖という切迫感。
二階からの奥多摩湖の展望は素晴らしいと思われる。御前山までズドンと見える。
霧でも立ち込めて国道の往来がなければどんなにか幻想的だろうかと・・・

d0123571_21582977.jpg
トンネル扁額も「あづまいトンネル」



d0123571_21592536.jpg




d0123571_2201979.jpg




d0123571_2204099.jpg




d0123571_2211832.jpg




d0123571_2214853.jpg
奥多摩湖も貯水量が少なくなってきている模様

今回もブヨに噛まれたり、ポジションを動かしてサドルがあたって擦れたりで。
先週も飲み屋で猫にかまっているうち、あちこち傷だらけになり、これも治りが悪い。免疫力が落ちているのかも。
奥多摩漕ぎ、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-06-22 22:09 | ラビリントス | Trackback | Comments(0)
松姫峠のハルゼミも聴いておきたく 2016年6月19日
檜原街道を登ってきた調子と比べると、ちょっと腹が渋い感じで小菅村に入る。
小菅村小永田、松姫トンネルに行くR139を分けて、旧道に入る。腹具合を忘れて調子が出るのにしばらくかかる。
高度が上がるにつれ、ハルゼミの合唱が半端ない。先週の有間峠以上。
アオバトも鳴いている、おぅ~わ〜ぉ・わ〜ぉ。だんだん調子が出てきた。立ち漕ぎの頻度が多くなって、いつもより早めに峠着。
大月側のゲートは相変わらず閉まっていて、錠前の入る穴に枝がぞんざいにぶっ刺さっているのも相変わらず

d0123571_2310359.jpg




d0123571_23101813.jpg




d0123571_23103939.jpg
とりあえず大月側の様子を見ようと思って、南面直下のワッフルヘアピンまで降りてみた



d0123571_23111077.jpg
大月側の足下、これを見ないとおさまらない(毎度スミマセン)



d0123571_23113847.jpg
一番下の道が、松姫トンネルから出たすぐの道。他の道は旧道で、下の道に合する
(向こうに降りて2つの曲がったトンネルで手前に降りてくる)。いかに切れ落ちているか


d0123571_2312899.jpg
地形の凹凸に律儀な造形@松姫南壁



d0123571_23123371.jpg
このまま大月側に降りたい誘惑に駆られるが、コーナーにはゴミがかなり吹き溜まっている印象もあるので引き返す。
峠に戻ると小雨、いやにひんやりとした風も吹いてきた。西から天気が変わってきたので、東に逃げるか。
来た道を戻って、エスケープしやすい奥多摩湖に降りることにする

d0123571_23143656.jpg
奥多摩湖に降りてきた。峰谷橋でトイレ休憩。橋のたもとから鶴の湯温泉・馬頭館。
またの機会に奥多摩湖畔泊の旅もいいかも、タンクのお湯にも入ってみるべし。つづく

by masashiw2 | 2016-06-21 23:21 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
飽きもせず奥多摩漕ぎ 2016年6月19日
梅雨の晴れ間は貴重だが、土曜日は酷暑になりそうとのこと、おとなしく仕事をしておいて、日曜に漕ぐ。
この日は少し多めに漕ぎたいと思って早めに家を出る。すっきりと晴れないのでジリジリ焼かれず助かる。
ウチを出てちょうど3時間半で都民の森。比較的調子よく漕いでくることができた。
売店で定番の「みとうだんご」を食べようと思ったが、まだ焼けておらず、カレーパンを食べる。これがとてもサクサクで美味。
具も申し分ない。吉祥寺なら行列ができそう。しかし、胸焼けが・・・。
やっぱりだんごが腹持ちがよくてもっともな選択ということか。
風張峠を経てダウンヒル、腹が冷えて、膨満感でチト苦しい。深山荘前で大休止

d0123571_1941493.jpg
ハルゼミ鳴く都民の森。とちの実売店、夏限定の冷やし田楽(コンニャク)も気になる



d0123571_1943834.jpg
風張峠から御前山、大岳山方面



d0123571_195014.jpg
月夜見第一駐車場から小河内ダム



d0123571_1952433.jpg
月夜見第一駐車場から峰谷入口、麦山橋(左)、真ん中の集落は旅館・馬頭館あたり



d0123571_1954883.jpg
腹具合が悪かったが、この先、自販機も少なかろうと、スポドリなど購入



d0123571_196234.jpg
定点観測(前回5月5日)。このあいだ来たところだし、変化なし



d0123571_196485.jpg
五日市街道〜拝島〜武蔵五日市〜桧原街道〜都民の森〜風張峠〜
原始村〜松姫峠ピストン〜原始村〜深山橋〜小河内ダム〜愛宕トンネル〜城山トンネル〜古里〜
青梅〜瑞穂〜村山〜東大和〜小平〜鈴木街道  距離167.21km、高度上昇量2196m
少し続きます

by masashiw2 | 2016-06-20 19:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
風張峠から藤倉、大ダワへ-4 2016年5月15日
大ダワ、楽ってことは全然なかったですね。沢伝いにモルタル箒目区間もあってキツイことは記憶にあったけれど、
沢を離れてからも勾配がこんな緩まなかったかしらん。かなりしごかれました。
枝払いをした林地のなかを大汗をかいて大ダワ到着。冷凍今川焼きをほおばる

d0123571_2257574.jpg
神戸(かのと)岩、紅葉の名所だったことを憶い出した。いまは新緑真っ盛り



d0123571_22583822.jpg
真っ暗なトンネルに吸い込まれて、登坂開始



d0123571_225936.jpg
神戸岩のゴルジュの上の紅葉も新緑色の天蓋



d0123571_22594287.jpg
陽が差さずひんやりとしてはかどってきたが、昼近くになって蒸してきた。大ダワ直下、檜原側



d0123571_230176.jpg
本日はこれにて登坂終了



d0123571_2303150.jpg
奥多摩側も同様に山深い



d0123571_2311612.jpg
かなり下ったヘアピンから奥多摩工業が見える。心なしか地鳴りも聞こえるようで(そんなことないか)



d0123571_2315739.jpg
久しぶりに多摩川。愛宕トンネル入り口手前、意外と美しい淵。次回は青梅の街など

by masashiw2 | 2016-05-19 23:04 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
鶴峠から柳沢峠-3 2016年5月5日
今回からニューカメラ。写りが違うはずなので、過去に撮った景観も撮り直していく。
帰ってきてデータを見ると、たしかにレタッチ耐性・レンジのあるデータを得ることができ、気をよくしている

d0123571_22342356.jpg
@落合。まだ桜咲いていたり



d0123571_22344734.jpg
@落合。標高1000mのお家(売家?)



d0123571_22365248.jpg
お馴染み・藤尾橋も新緑に埋もれている



d0123571_22374352.jpg
@おいらん淵付近




d0123571_22384323.jpg
お馴染み・おいらん淵ワッフルもニューカメラで押さえる



d0123571_2239118.jpg
さらに新しいトンネルをこしらえている



d0123571_2239328.jpg
@鴨沢



d0123571_22395333.jpg
@鴨沢。清酒「双鴨(そうかも=酒井酒造店・昭和40年代廃業)」の仕込み水だったとのこと



d0123571_22402613.jpg
@小河内ダム。この日は自販機ドリンクを千円以上買ったろうか。ドデカミン×2、リアルゴールド×3、アクエリアス×2・・・

奥多摩町に入ってすぐ、留浦でトイレ・ドリンク休憩。あとはさほど漕がずとも、家まで帰れる。
愛宕トンネルと城山トンネル(昨年開通)で、奥多摩駅手前から古里(こり)まで一気に降りる。
御嶽あたりちょっと渋滞、多少のすり抜けをしているうちに、足も回復してきた。青梅まで出れば、1時間圏内も近い。
うちまで帰ってきたら199kmだったので余分に走っておく。鶴峠〜柳沢峠、ご高覧有り難うございました

by masashiw2 | 2016-05-10 22:44 | 峠道 | Trackback | Comments(2)
鶴峠から柳沢峠-2 2016年5月5日
鶴峠でしごかれた。この先、平均勾配11%・max17%の今川峠に挑む気力がなくなってしまった。
今川峠で冷凍今川焼きを食べてツイートしてみようと密かに思っていたが、
この楽しみはまたの機会にとっておくことにする。

勾配の緩いルート(白沢~原始村~[国道139号]~深山橋~[国道411号]~鴨沢)で丹波山に向かう。
空身のロードバイク(おそらくは奥多摩湖駐車場に車をデポ)にヒュンヒュン抜かれていく。
こちらはフレッシュな足ではない(加えて念のための輪行装備一式込み)ので仕方がないが、悔しいのでもう少し頑張ってみる。
後ろに何度か着かれるが引き離したりして、退屈な長い坂を進んでいく。

登り勾配のトンネルをいくつも抜け、標高1000mを超えると、ハルゼミの声が聞こえ出した。いいなぁ!
1200mより上がとても長い。ひたすら我慢。高原は紫外線が強そうで、お肌が大丈夫か心配

d0123571_1854427.jpg
@白沢入口の名もないお山。人工林と新緑の雑木林が混じり合って目に優しい



d0123571_18542419.jpg
飽きもせず定点観測。ここから東京都をちょっとかすめる



d0123571_18554133.jpg
アリバイ富士@柳沢峠。柳沢峠道中の写真撮影は帰路にと思い、休まずここまでやってきた



d0123571_18562550.jpg
来た道を戻ります。ペダルを回して乳酸を出さねばと思うが、回らない



d0123571_18572112.jpg
道がいいので、一瞬70km/hを超えたようでチト恐ろしくなる



d0123571_18575960.jpg
「はまやらわ」で、わらび餅を2つ(220g×2)買ってジャージのポケットに入れる。で、すぐ下の廃バス君である



d0123571_18582892.jpg
イーグル号、方向指示器が古式ゆかしいバタッと出てくるやつ。窓の庇といい、愛嬌あり過ぎ。次回、奥多摩湖まで・・・

by masashiw2 | 2016-05-08 19:02 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
小菅から松姫峠へ、鯉のぼりとかね 2016日4月23日
廃駅から降りてきたせいか、頭の中がなにかリセットされたようになって、五感のダイナミック・レンジがひろくなったよう。
三頭橋のたもとで補給食を摂りながらストレッチ。しかるのち、国道139号を伝って小菅方面松姫峠へ。
このコース、いつもは小菅はパスして原始村経由だが、春は鯉のぼり見たさに小菅経由をチョイス

d0123571_239718.jpg




d0123571_2395362.jpg
ここは定点観測



d0123571_23102412.jpg




d0123571_23104147.jpg
これが見たかった



d0123571_2311799.jpg




d0123571_23114136.jpg
松姫峠から大菩薩へ通じる小径



d0123571_23115791.jpg
峠まではちょっと時間がかかってしまった。途中、ほとんど誰にも会わずじまい。
峠手前で降りてきたローディ3人組、たしか檜原街道・上川乗手前で高速で抜いていった人たちかと。
いつも誰彼が足を休めている松姫峠には珍しく誰もいなかった。ゲートの前後は舗装されたばかり。いい道じゃないか!

by masashiw2 | 2016-04-27 23:18 | 峠道 | Trackback | Comments(0)