タグ:甲州市 ( 50 ) タグの人気記事
奥多摩周遊はガスのなか 2018年11月4日
少しずつ日照が弱くなっている気がして、先に進みます。空気もひんやりとしている。
しかし、小河内ダム方面にすなおに下ってしまうのも、なんとなくもったいない。
せっかくだから、奥多摩周遊に入ります

d0123571_1815163.jpg
一の瀬高原入口、ヘアピンの反対側は落ち葉の吹き溜まり


d0123571_18151963.jpg
おいらんワッフルと錦秋


d0123571_1816247.jpg
永遠に工事中のかたなばトンネルも紅葉の只中


d0123571_18162266.jpg
かたなばトンネル付近、名もない(私が知らないだけか)山


d0123571_18164462.jpg
@丹波バス停。「お食事処仲よし」さん、この状態で台風シーズンを無事に越したのですね


d0123571_1817471.jpg
@丹波バス停。気ままな旅人としてバス旅をしてみたくなるバス停(土日祝日は奥多摩行き5本)


d0123571_18172645.jpg
これはお祭りバス停あたりの名もなき山


d0123571_18175792.jpg
@鴨沢。街灯の上にタバスキー発見


d0123571_18181844.jpg
@奥多摩周遊、月夜見第一駐車場。桜の木にヤドリギがあることに今ごろ気がついた


d0123571_18183818.jpg
月夜見第一駐車場から小河内ダム


d0123571_18185773.jpg
風張峠着。風張林道門扉前


d0123571_18194897.jpg
何も見えず、あとはただ下るだけ。路面ウェットで用心しながら。
柳沢峠〜竹森線〜風張峠、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-11-11 18:24 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
丹波山へダウンヒル 2018年11月4日
柳沢峠にもどって、ウインブレ着込んでダウンヒル。
なぜか知らねど、巨大な蛾が路側にいたりでびっくりする。
曇天気味は相変わらずで、遠くの山は見えず。定点観測物をチェックして丹波山へ

d0123571_23564475.jpg
山繭蛾ですかね。どうしたいのか


d0123571_2357257.jpg
笠取山は雲の中


d0123571_2357226.jpg
いつもの廃車くんも紅葉の只中


d0123571_23574869.jpg
おいらん渕手前・黒川通り(廃道)の藤尾橋も定点チェック。見つけられず少し通り過ぎたが、もどって発見


d0123571_2358870.jpg
廃吊り橋、下からうすら寒い風が吹き抜けます


d0123571_23582816.jpg
細いがかなり急な流れ


d0123571_23585371.jpg
橋を渡った廃道の先はなぜか、ほの明るく見えました


d0123571_00196.jpg
此岸=大菩薩ラインに帰還します


d0123571_003965.jpg
錦秋の大菩薩ライン、おいらん渕から丹波山へ。つづく

by masashiw2 | 2018-11-09 23:59 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
林道竹森線から俯瞰する 2018年11月4日
竹森線のゲートを越えて、峠のトイレの上に出て、さらに少し高度を稼ぐとほぼ水平道。
で、いきなり大菩薩嶺。晴れていれば富士山はどのように見えるか気になるところ。
ずんずん奥をたどってみる。野ケモノと遭わないように・・・

d0123571_23233245.jpg
チョロチョロと小滝から清水が流れていたり


d0123571_23235690.jpg
さしあたり、眺めが良さそうで、行けるところまで


d0123571_23334822.jpg
甲州市市街を望む。天香具、畝傍、耳成……ってな雰囲気かも。この写真はクリックで拡大します


d0123571_2325339.jpg
先へ行きたい気持ちを抑えて、柳沢峠へ引き返しつつ撮っていきます


d0123571_23255364.jpg
今度は足下。昨日のエントリの柳沢第二トンネル手前、増設中のループ橋工事現場。
トンネルを抜けて右のカーブに出て左へ斜上します

d0123571_23262218.jpg
上の写真からつづき。このトンネルは工事中、右のカーブにスルーしてつづらを上がって、左に少しで柳沢峠


d0123571_23264528.jpg
見上げるとワッフル法面もありました


d0123571_2327575.jpg
路側・足元はカサコソ・・・、車やバイクは来そうにない。もちろん自転車も


d0123571_23274171.jpg
竹森線を塩山まで全トレースしたいという欲求をなんとか抑え、柳沢峠に戻る。
全トレースは富士山の見える時に。ゲートが開いているのは僥倖だったかもしれないが・・・。つづく

by masashiw2 | 2018-11-08 23:34 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ちょっと気になる林道竹森線 2018年11月4日
去年は11月12日に来ているのだが、もう葉はかなり落ちていた。
今年はまさに今が盛りの紅葉。曇天だけど、こんなに美しいとは。
晴れていて紫外線が多い状態より、曇天の方が赤から黄色の発色はいいかもしれない。

峠まではループ橋や屈曲トンネルだらけのコース。沢の両岸を蛇行・へつりながら高度を稼ぐタイプの道。
ドローンで撮ったらどんなにか面白いだろうなんて思いつつ漕いでいる。
少し重めのギアで勾配をがっしり受け止めながら、塩山駅から2時間足らずで峠着。

峠のすぐ手前で、西を見ると、峠よりもさらに高いところを強引にトラバースしている林道がある。
以前から気になっている林道竹森線。窪地である柳沢峠よりも俯瞰がしやすく景観が得やすいのではなかろうか

d0123571_23194932.jpg
高芝ループ橋からズームアップ、この日は高みを見ても心折れず


d0123571_23203548.jpg
ループ橋絶賛増設中。柳沢第二トンネル手前。カーブの標識はまるで真珠泉ロゴ


d0123571_2320552.jpg
柳沢第二トンネル出口、この屈曲トンネルを抜けると大きく景色が広がる


d0123571_23211785.jpg
上の方は勾配が緩んできて気分も楽し


d0123571_23213944.jpg
峠直下、林道竹森線を仰ぎ見る。この林道を写真の左端あたりまで行ってみることに。右端が柳沢峠につながっている


d0123571_23222548.jpg
柳沢峠、今年3回目。富士は見えず。峠はシャコタンのブリキ細工風クラシックカーのオフ会、早々に退散


d0123571_2322506.jpg
公衆トイレの左の竹森線のゲート、オープンでした


d0123571_23232337.jpg
いきなり大菩薩嶺、大景観が待っていたのでした──! 写真右上の道をさらにたどります。つづく

by masashiw2 | 2018-11-07 23:30 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
R411・大菩薩ラインで紅葉狩り 2018年11月4日
日の出は午前6時すぎくらいだから、笹子トンネルを抜けて勝沼に着く頃はまだ少し薄暗い。
当初のプランを諦めたのは高尾の手前だったが、一応まだ望みは持っていて、
最終的には甲府盆地の状況で決めようと思っていた。
どんよりと曇った先に遠くのお山は見えない。代替え案で決定。やはり次の塩山で降りる。

塩山で降りてR411で柳沢峠、その後どうするか。天気がよくないなら、そのまま青梅街道でウチまで下る。
天気が回復するようなら、今川峠〜松姫峠か。微妙なら周遊で五日市へ──といったところだろうか。
帰りの電車を気にしなくていいので気楽に漕ぎ出す

d0123571_2215154.jpg
勝沼ぶどう郷、ワインしばらく飲んでいないなぁ──なんてことも考えなくなってしまった


d0123571_22154699.jpg
塩山の街もいつかゆっくり歩いてみたい


d0123571_2216464.jpg
果樹の花の里、緩まない勾配をひたすら。晴れ間はやがてなくなった


d0123571_22162166.jpg
道中安全祈願物件。この界隈、10%くらいあるかも


d0123571_2216467.jpg
さらに登って。この日はちょっと楽に感じる。いつもより2枚重めのギア、もうすぐ裂石


d0123571_2217559.jpg
@中里介山記念館前の公園。いつもはダラダラ休むところ。この日はスッパイマンを口に入れてすぐ出発


d0123571_22172461.jpg
さて、いい調子に進んで高芝ループ橋。曇天ながら紅葉狩り適期。つづく

by masashiw2 | 2018-11-06 22:23 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
気を取り直して紅葉狩り 2018年11月4日
11月も、はや5日。肝機能に支障ありとのことでウルソを服用して一週間。断酒も、はや15日目。
1日、2日とランニングの調子が上向きで気分良く走れている。
このところ停滞・疲労気味の自転車漕ぎも上手くいくかもしれないという予感があった。

先週末、日曜日まで天気良さそうだということで、土曜日までにもろもろ片付け、日曜日に輪行支度で出かける。
韮崎まで輪行、瑞牆、八ヶ岳を眺めておこうかと。調子良ければ木賊峠もピストンする。

しかし、初電には乗ったものの、天気予報をスマホでチェックしみるとどうもよろしくない。
韮崎まで出かけて、景色を見ることもできずに雨に遭って震え上がるのはごめんだ。
で、塩山まで切符を買っているので、柳沢峠を越えて帰ってくるコースに急遽変更。
午前中なんとか降らないでくれれば助かるなぁ。それなりに紅葉も楽しめるはず

d0123571_23254643.jpg
柳沢峠から西に続く林道竹森線は以前から気になっていた。ゲートが開いていたので景色のいいところまで入ってみる。
予想以上に展望が良く大満足。この写真はクリックで拡大します

今回のルートはこちら──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

塩山〜R411〜柳沢峠〜林道竹森線(景色の良さそうなところまでピストン)〜
道の駅たばやま〜深山橋〜月夜見第一駐車場〜風張峠〜都民の森〜檜原街道〜睦橋通り〜五日市街道
124.1km 獲得標高2417m [ルートラボ]
紅葉ただなか、少し風が吹くとハラハラと落葉が。来週はもう落ちきっているかも。
今のうちに紹介したく。少しつづきます

by masashiw2 | 2018-11-05 23:30 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
まずは大弛峠へ 2018年8月19日
途中コンビニがないコースなので素甘や月餅など携行。余計なものを持つ余裕なく電車に乗る。
暑くなるのか、寒くなるのか。雨に降られると困りそうだが、防寒具なし。

塩山を予定通り出発。牧丘の果樹園台地はぶどうもいよいよ大きくなって収穫間近。
心配していた高温の果樹園台地の登高もさほどではなくクリスタルラインに入る。
タイムは目安ギリギリで多少疲れが残っているのかも

d0123571_22343592.jpg
前の晩、アド街は相模湖特集。街の芸術作品で紹介された山中のラブレター


d0123571_22351015.jpg
勝沼からは南アルプス見えず。車中の冷房が効きすぎて・・・


d0123571_22353230.jpg
ペンキ塗り直したか、恵林寺の神田正輝。道中安全祈願して通過。涼しいなか快調


d0123571_22355079.jpg
例によって「こ」(と・か・わ・ダ・ム)から一歩づつ


d0123571_22361981.jpg
五丈岩もこのあと隠れてしまった


d0123571_22364054.jpg
@峠まであと2kmの眺めのよいはずの地点。雲そのものは薄く、陽の暖かさを感じることができるのだが


d0123571_22371441.jpg
峠着。展望もなく、標高を書いた看板もないので、アリバイ撮影なし。さて、とっとと降りるか


d0123571_22374818.jpg
県境を越えていよいよダート区間へ。タイヤは痛んでもいい25c古タイヤ。コックピットはいたってシンプル。
ラップタイムやケイデンスを気にしないライドなのでサイコンは無し(スマホのGPSのみ)。つづく


【断酒連続23日目】
高校野球がやっとの事で終わった。TVをつけて野球が映るとすぐさまチャンネルを変えるのだが、
なんとか今年も眼をつぶっているうちに終わった。今年は福山雅治の歌も暑苦しかった。
東京五輪もこんな感じでその狂騒を見ないうちに早く終わってもらいたい──と、今から願っている。

今回の断酒では、さしあたり前回の連続33日を越える、新しい記録を作って(9月2日で連続34日)おきたい。
それにしても一ヶ月以上も酒を飲まなかったのは、酒を飲む以前・中学生以来ではなかろうか。
アルコールに寛容な家だったので、なんのお咎めもなく、高校生の時からビールなどを楽しんでいた。
なんと40ウン年ぶりというか、myレバーもずいぶんと張りとツヤを取り戻したかも? エコーも取ってみるか。

今日は夕方から7kmジョグ。高校野球が終わったのに酷暑が戻ってきた。しばらくまた我慢か。
今月のランニング、これで総距離87.08km、ロードサイクリング総距離は439.9km

by masashiw2 | 2018-08-22 22:48 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
三国峠を日帰りで 2018年8月19日
8月19日(日曜)は、いわゆるお盆休み最終日のようで。
移動性高気圧が関東甲信越をおおっており、山の天気がよさそう。
台風の季節となってから、あの時出かけておけば──なんて言いたくないので、出かけてきた。

未踏の峠・三国峠(埼玉[秩父]・長野[川上]境界、標高1740m)へ、日帰りで。
長いダートをこなさなければならない秩父側からは、技量も機材もなくとても行けず、
だからと言って、舗装された信州側を小海線信濃川上駅からアクセスしては簡単にすぎてなんだか申し訳ない。

名にし負う人気峠(三国峠=雑誌 CYCLO TOURIST vol.10 総力特集日本の峠200選 No.1峠)としてリスペクト、
大弛峠を越えて目指せば旅程としても充実しそう。大弛峠から川上村へはダート。
多少ともダートを経過してから三国峠を踏めば、それなりに達成感があるのではなかろうかと。

写真は上から、@山梨県道38号恵林寺、@川上村道川上牧丘線(大弛峠線)、@川上村道192号線(梓山林道)、
三国峠の川上村側から埼玉への切り通し、大型トラクター@川上村梓山集落

d0123571_2054225.jpg


d0123571_20542446.jpg


d0123571_20545066.jpg


d0123571_20551212.jpg


d0123571_20553813.jpg


ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

初電乗り継ぎ塩山まで輪行~K38~R140~K219~牧丘~琴川ダム~柳平~大弛峠~
川端下~K68~梓山~村道192号~三国峠~梓山~川上村中心部~ナナーズ~野辺山~R141~K28~
清里トンネル~黄色い橋(八ヶ岳高原橋)~石堂~八ヶ岳広域農道(レインボーライン)~
小淵沢から輪行(普通で甲府、あずさに乗り換え)
[ルートラボ]距離113.9km 獲得標高2968m(Stravaでは3224m、盛りすぎ)

天気が良いと思われたのでカメラを持って。少し続きます。


【断酒連続22日目】
わりと苦を感じること少なく断酒を続けています。
このところ、冷房をかけずに済む比較的過ごしやすい夜。寝つきも寝覚めもよく、肩こりも楽になりました。
飲酒によるむくみ感などがないので、頭がなんとなく澱んでいるような気分もありません。
今週末には断酒を25日を越えるのでぼちぼち採血をしてもらおうかと──

by masashiw2 | 2018-08-21 21:00 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
この時期、やはり大弛峠に行っておかないと-4 2018年6月2日
柳沢峠経由で帰宅──お日様が出ている時間が長い今の時期なら、
仮に柳沢峠を午後3時ごろ通過でも、自宅までナイトランにずれこまず帰れるはず。

このコースは昨年今頃に試みたが、尻痛と眠気で頓挫、奥多摩駅から輪行した。
今回は尻痛もなく、眠気もない。痙攣も梅干しで沈黙。ポンコツエンジンもなんとか正常脈。
また、明るさ十分の前照灯(モバイル電源内臓)も用意していて先々安心

d0123571_21453061.jpg
柳沢峠着。裂石まで30℃を越えていたみたいで、ここまでかなり消耗したかも。富士山なし


d0123571_2145524.jpg
さてダウンヒル、こちらも栃の花が満開、エゾハルゼミも少々


d0123571_21461226.jpg
やはり惹かれるイーグル号(左)。頭隠して尻出している白いコも。倉庫の中も廃車ザクザク?


d0123571_21465366.jpg
せっかく作ったかたなばトンネル、放置されたまま


d0123571_21473267.jpg
@丹波山、お祭り(という地名)手前。ポツンと高所の集落。後で調べると、鴨沢から七ツ石に向かう道から派生している


d0123571_21501968.jpg
@お祭りバス停。ここまでくれば、登り返しはあと2箇所、
城山トンネル抜けて将門あたり、軍畑から多摩書房へのダラ坂くらい。
さしあたり城山トンネルを抜けるまであまり漕がずとも下れてしまう。

新車にして、おおよそ半年ちょっと、それなりのメリットは多々。
巡航速度の向上、距離150kmを越えてからの快適性向上、疲れていても漕ぎ出しがいい・・・などなど。
しっかりこしらえてもらったので、納車当時からポジションは1mmもいじっていない。
所詮理論値だから実際はどうか──とも思ったが、上手くハマっているかと。

「大弛峠に行っておかないと」、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-06-06 21:55 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
春の奥多摩漕ぎ・眩しい新緑を里へ 2018年4月21日
この季節、紫外線が多いのか、夏とも違った漂白したような眩しさがあるような。
そんな中、新緑の鮮やかさが際立って滲みてくる。
思い出したように山桜などもあったりで、他の季節では味わえないような風情がある

d0123571_1223693.jpg



d0123571_1225571.jpg



d0123571_1232811.jpg



d0123571_1234846.jpg
バイクの排気音が去っていくと、鳥の声のみ、うんと高いところから落ちてくる


d0123571_124692.jpg
背景に溶け込みそうな藤尾橋


d0123571_1243545.jpg
おいらん渕のワッフルにもパヤパヤと新緑


d0123571_1245834.jpg
鴨沢集落も柔らかい雰囲気。県境の橋を工事中


d0123571_1253263.jpg
@二俣尾。いくつものトンネルをすっ飛んで古里セブンで一服、軍畑から二俣尾のダラ坂をこなせばもう登りはない


d0123571_126446.jpg
@宮ノ平。こちらも定点観測物件、青梅市街はもうすぐ

春の奥多摩漕ぎ、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-04-26 12:08 | 峠道 | Trackback | Comments(0)