タグ:甲州市 ( 54 ) タグの人気記事
月末はクリニックに 2018年11月30日
16日に採血(血液凝固、肝機能、腎機能などの検査)した結果が気になっていた。
ウルソデオキシコール酸錠服用によって、肝機能の改善が見られた。他の数値も問題なし。ホッとした。
γ-GTPがやっとのことで人並みに。この際、もう少し減らしたいのでまだしばらく断酒しようかと。

前回の断酒が62日(7月31日〜9月30日)。今回の断酒が今夜で40日(10月22日〜)、
12月23日で62日を越えるので、さしあたりそこまで断酒を継続してみようかと

d0123571_22264945.jpg
Ochiai(R411, Daibosatsu-Line) Koushu, November 18, 2018


今日も時間を見て7kmジョグ。11月のランニング総距離は108.11km。
ロードサイクリング総距離は541.76km(ルートラボでは539.1km)。

今年秋のロードサイクリング一覧を自分のルートラボの記録(新着順)で見ると、
安上がりな近郊が多く、計画していた水上方面や、榛名赤城は今年も行けずじまい。
昨年暮れに自転車を新調したわりに、新天地・版図拡大がならなかった。
美ヶ原も勇んで出かけたわりに、疲労(肝機能低下?)が出て、楽しめなかったし、反省しきり。
このところ、仕事にかまけて11月もルートに工夫がいまひとつ。

裏ヤビツや有間峠など、例年の定番ルートが長きにわたって通行止めという事情もあるのだが、
今年は、近場でしっかり練習をしたのち満を持して憧れたルートに打って出るという展開にならなかった。

自転車漕ぎは、疲労回復がそれなりにはかれるようになってきているので、冬の間も脚を維持して距離を楽しみたい。
12月は、ランニング距離100km/月の連続40ヶ月達成がかかっているので、
まずこの目標をそれなりの走力を持ってクリアしたい。

それにしても、今年もあっというまに師走か・・・

d0123571_22343314.jpg
納車されてもうすぐ1年になる。ハンドルのバーエンドは仁井田のカエル

by masashiw2 | 2018-11-30 22:39 | ご覧のみなさまへ | Comments(0)
鈴庫山線、しみじみと 2018年11月18日
鈴庫山(すずくらやま)線に入って、坂脇峠への登り返しはそれまでとは一転して穏やか。
ゆるゆると着いた峠は目印があるでなし。
別の林道=小屋敷林道の起点になっていることでやっとわかる程度の切り通し峠。
しかし三富方面と竹森方面をつなぐ古道だったような印象を持った。

さて、あとは降りるだけ。落ち葉だらけの林道を軽トラが上がってくる。
狩のおじさんたちが無線で連絡を取り合って作戦行動中らしい。
そのうち銃声がしてくるだろうから、滑沢方面に降りる。

今回のReliveはこちら。雲の中を行くかのようですね
d0123571_2126511.jpg



d0123571_21273897.jpg
@坂脇峠。小屋敷林道起点のゲート。小屋敷林道の先は行き止まりのような


d0123571_21275615.jpg
@坂脇峠。時刻は11時59分


d0123571_212814100.jpg
ゆるい道を下りながら。これから谷筋に入るので、高い空はこれで終わりか


d0123571_21284193.jpg
ハンターのおじさんに会釈して降りる。猟犬や追われる野ケモノには出逢いたくない


d0123571_2129239.jpg
まっすぐで滑沢方面に降りる。右の道はさらに続く林道、地形図を見ると同じような感じでもう一山越える印象


d0123571_21293222.jpg
少し降りると廃集落。この界隈の勾配がいちばん激しかった。12%以上かと


d0123571_21295441.jpg
山中で不意に暮らしの痕跡を見せられるとザワザワしてしまう。エンジンはどこへ


d0123571_21301648.jpg
人が棲んでいる気配がないでもない。麦畑(?)もある


d0123571_21304052.jpg
朽ちるにまかせて・・・


d0123571_2131589.jpg
道と同じ勾配で滑滝が流れている。というか滑滝の右の岩盤が道


d0123571_21314339.jpg
さらに朽ちるにまかせ・・・。ヒッピー村みたいなキャンプ場を過ぎてようやくとR140へ。
次回、西沢渓谷に行ってみます。つづく

by masashiw2 | 2018-11-22 21:36 | 峠道 | Comments(0)
竹森線・いったいどこまで降りるんだ 2018年11月18日
竹森線は、R411大菩薩ラインのいわば裏の道。
柳沢峠から、表の道・R411が緩い勾配で長い距離を高速で降りるのに比べ、
裏の道・竹森線は急勾配をうねうねと曲がりながら降りる。スピード出し過ぎはチト危険かと。
舗装は真新しい部分もあるが、そうで無い部分もままあり、濡れ落ち葉や破損したグレーチングもあったり。
伐採したての林地はけっこう落石が多いように見受けられるから要注意

d0123571_23131360.jpg
柳沢峠から竹森線〜鈴庫山線周辺地図(Strava)。この画像はクリックで拡大します。
右の白く太い線がR411(大菩薩ライン=青梅街道)、裂石から塩山へ。
赤いライン(今回のトレース)、うねうねと左下(南西方向)へ竹森川沿いへ。
そのまま南西に降りれば竹森集落から塩山へ。今回は竹森には降りず、北北西に登り直して三富に抜けました。
下のコースプロフィールの赤い領域が上の地図の区間になります

d0123571_23211930.jpg
降りるにつれ、北の方角、ちょっとした尖峰があったり


d0123571_23213983.jpg
右の路側は露岩のモルタル固め。向こうの山並みが気になる。右1/3あたり、ひょっとして琴川ダムかも


d0123571_2322157.jpg
乾徳山方面。雲がなければいいのだが。奥秩父の山々はただでさえ山座同定しにくい


d0123571_23224185.jpg
うねうねと曲がってこの時点では北東に向いている。伐採したての法面


d0123571_2323451.jpg
今度は西へ。吹き溜まりは要注意


d0123571_23233193.jpg
伐採したての地表は転がりそうな岩だらけで・・・


d0123571_23235455.jpg
竹森線西ゲート。終了点になる鈴庫山線への分岐は少し距離がある。「夜間」って、考えたくありません


d0123571_23242570.jpg
竹森線終了点西側。鈴庫山線に合する。右に行きます


d0123571_23244582.jpg
竹森線終了点東側。この正面から降りてきた


d0123571_2325759.jpg
竹森線終了点から見た塩山・竹森方面。もうひと漕ぎ、次回、鈴庫山線で坂脇峠から廃集落へ。つづく

by masashiw2 | 2018-11-21 23:31 | 峠道 | Comments(0)
柳沢峠から竹森線を下る 2018年11月18日
最近、咳込むことが多く、もうかれこれ10日くらいゲホゲホとすごしている。
常に咳き込むわけではないのだが、何かの拍子で咳き込むと止まらない。腹筋が痛くなってしまう。
治りかけては、またうすら寒くなってぶり返し。平熱も少し高いことがある。
肝機能障害の件もあって、総じて抵抗力、免疫力が減退しているのかも。

季節的にもう早起きが辛くなってきたが、18日(日曜)は目覚ましのセット時刻より早く起きる。
まだ暗い中、カラダの調子を確かめながら漕ぎ出す。さいわい、適度な緊張感があってそれほど調子は悪くない。
真っ暗な新青梅街道をひた走るのだが、咳の影響か、気管支が通りが悪くなっているようで、
思ったほどの進捗ではなかった。心肺が温まってくるまですこし時間がかかるようだ。

奥多摩湖は霧もなく、穏やかで普段通り。その先も特に支障なく、丹波山の先へ急ぐ。
柳沢峠着10時過ぎ。富士山見えず(泣)。晴れてきて期待していたのだが。
ウインブレは家を出てから着っぱなしだったが、気温が上がってきたのでやっと脱ぐ。
竹森線に入るのに高速ダウンヒルでもないし。

二週間ぶり、前回は紅葉の大パノラマだった竹森線、今回は全部トレースしたい。
急勾配で谷底へ落ちて行く中でどんな景観が待っているか・・・

d0123571_23202598.jpg
峠トイレ横のゲートはオープン、それでは参ります


d0123571_23212375.jpg
R411塩山側。前回と同じアングル・その1。やはり樹々が渋くなっています


d0123571_23214767.jpg
ちょっとアップにすると・・・。走り抜けてく真っ赤なクルマとか


d0123571_23225338.jpg
大菩薩嶺もあとは白くなるだけ


d0123571_23231719.jpg
R411塩山側。前回と同じアングル・その2。左二本の橋脚がパーツが積み上がって少し高くなりました


d0123571_23234514.jpg
前回到達した最高地点。一番見晴らしのいい地点からの空


d0123571_2324843.jpg
尖った山が高芝山かと。下界は霞んでよくわかりません


d0123571_23244247.jpg
未踏の領域へ。おもしろいワッフル法面


d0123571_23251472.jpg
小刻みで勾配のあるコーナーをいくつも降ります。木賊峠を瑞牆山に降りて行く感じに似ています


d0123571_23263789.jpg
来し方を仰ぐ。逆コースは辛かろう。まだまだ降ります。つづく

by masashiw2 | 2018-11-20 23:30 | 峠道 | Comments(0)
奥多摩周遊はガスのなか 2018年11月4日
少しずつ日照が弱くなっている気がして、先に進みます。空気もひんやりとしている。
しかし、小河内ダム方面にすなおに下ってしまうのも、なんとなくもったいない。
せっかくだから、奥多摩周遊に入ります

d0123571_1815163.jpg
一の瀬高原入口、ヘアピンの反対側は落ち葉の吹き溜まり


d0123571_18151963.jpg
おいらんワッフルと錦秋


d0123571_1816247.jpg
永遠に工事中のかたなばトンネルも紅葉の只中


d0123571_18162266.jpg
かたなばトンネル付近、名もない(私が知らないだけか)山


d0123571_18164462.jpg
@丹波バス停。「お食事処仲よし」さん、この状態で台風シーズンを無事に越したのですね


d0123571_1817471.jpg
@丹波バス停。気ままな旅人としてバス旅をしてみたくなるバス停(土日祝日は奥多摩行き5本)


d0123571_18172645.jpg
これはお祭りバス停あたりの名もなき山


d0123571_18175792.jpg
@鴨沢。街灯の上にタバスキー発見


d0123571_18181844.jpg
@奥多摩周遊、月夜見第一駐車場。桜の木にヤドリギがあることに今ごろ気がついた


d0123571_18183818.jpg
月夜見第一駐車場から小河内ダム


d0123571_18185773.jpg
風張峠着。風張林道門扉前


d0123571_18194897.jpg
何も見えず、あとはただ下るだけ。路面ウェットで用心しながら。
柳沢峠〜竹森線〜風張峠、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら

by masashiw2 | 2018-11-11 18:24 | 峠道 | Comments(0)
丹波山へダウンヒル 2018年11月4日
柳沢峠にもどって、ウインブレ着込んでダウンヒル。
なぜか知らねど、巨大な蛾が路側にいたりでびっくりする。
曇天気味は相変わらずで、遠くの山は見えず。定点観測物をチェックして丹波山へ

d0123571_23564475.jpg
山繭蛾ですかね。どうしたいのか


d0123571_2357257.jpg
笠取山は雲の中


d0123571_2357226.jpg
いつもの廃車くんも紅葉の只中


d0123571_23574869.jpg
おいらん渕手前・黒川通り(廃道)の藤尾橋も定点チェック。見つけられず少し通り過ぎたが、もどって発見


d0123571_2358870.jpg
廃吊り橋、下からうすら寒い風が吹き抜けます


d0123571_23582816.jpg
細いがかなり急な流れ


d0123571_23585371.jpg
橋を渡った廃道の先はなぜか、ほの明るく見えました


d0123571_00196.jpg
此岸=大菩薩ラインに帰還します


d0123571_003965.jpg
錦秋の大菩薩ライン、おいらん渕から丹波山へ。つづく

by masashiw2 | 2018-11-09 23:59 | 峠道 | Comments(0)
林道竹森線から俯瞰する 2018年11月4日
竹森線のゲートを越えて、峠のトイレの上に出て、さらに少し高度を稼ぐとほぼ水平道。
で、いきなり大菩薩嶺。晴れていれば富士山はどのように見えるか気になるところ。
ずんずん奥をたどってみる。野ケモノと遭わないように・・・

d0123571_23233245.jpg
チョロチョロと小滝から清水が流れていたり


d0123571_23235690.jpg
さしあたり、眺めが良さそうで、行けるところまで


d0123571_23334822.jpg
甲州市市街を望む。天香具、畝傍、耳成……ってな雰囲気かも。この写真はクリックで拡大します


d0123571_2325339.jpg
先へ行きたい気持ちを抑えて、柳沢峠へ引き返しつつ撮っていきます


d0123571_23255364.jpg
今度は足下。昨日のエントリの柳沢第二トンネル手前、増設中のループ橋工事現場。
トンネルを抜けて右のカーブに出て左へ斜上します

d0123571_23262218.jpg
上の写真からつづき。このトンネルは工事中、右のカーブにスルーしてつづらを上がって、左に少しで柳沢峠


d0123571_23264528.jpg
見上げるとワッフル法面もありました


d0123571_2327575.jpg
路側・足元はカサコソ・・・、車やバイクは来そうにない。もちろん自転車も


d0123571_23274171.jpg
竹森線を塩山まで全トレースしたいという欲求をなんとか抑え、柳沢峠に戻る。
全トレースは富士山の見える時に。ゲートが開いているのは僥倖だったかもしれないが・・・。つづく

by masashiw2 | 2018-11-08 23:34 | 峠道 | Comments(0)
ちょっと気になる林道竹森線 2018年11月4日
去年は11月12日に来ているのだが、もう葉はかなり落ちていた。
今年はまさに今が盛りの紅葉。曇天だけど、こんなに美しいとは。
晴れていて紫外線が多い状態より、曇天の方が赤から黄色の発色はいいかもしれない。

峠まではループ橋や屈曲トンネルだらけのコース。沢の両岸を蛇行・へつりながら高度を稼ぐタイプの道。
ドローンで撮ったらどんなにか面白いだろうなんて思いつつ漕いでいる。
少し重めのギアで勾配をがっしり受け止めながら、塩山駅から2時間足らずで峠着。

峠のすぐ手前で、西を見ると、峠よりもさらに高いところを強引にトラバースしている林道がある。
以前から気になっている林道竹森線。窪地である柳沢峠よりも俯瞰がしやすく景観が得やすいのではなかろうか

d0123571_23194932.jpg
高芝ループ橋からズームアップ、この日は高みを見ても心折れず


d0123571_23203548.jpg
ループ橋絶賛増設中。柳沢第二トンネル手前。カーブの標識はまるで真珠泉ロゴ


d0123571_2320552.jpg
柳沢第二トンネル出口、この屈曲トンネルを抜けると大きく景色が広がる


d0123571_23211785.jpg
上の方は勾配が緩んできて気分も楽し


d0123571_23213944.jpg
峠直下、林道竹森線を仰ぎ見る。この林道を写真の左端あたりまで行ってみることに。右端が柳沢峠につながっている


d0123571_23222548.jpg
柳沢峠、今年3回目。富士は見えず。峠はシャコタンのブリキ細工風クラシックカーのオフ会、早々に退散


d0123571_2322506.jpg
公衆トイレの左の竹森線のゲート、オープンでした


d0123571_23232337.jpg
いきなり大菩薩嶺、大景観が待っていたのでした──! 写真右上の道をさらにたどります。つづく

by masashiw2 | 2018-11-07 23:30 | 峠道 | Comments(0)
R411・大菩薩ラインで紅葉狩り 2018年11月4日
日の出は午前6時すぎくらいだから、笹子トンネルを抜けて勝沼に着く頃はまだ少し薄暗い。
当初のプランを諦めたのは高尾の手前だったが、一応まだ望みは持っていて、
最終的には甲府盆地の状況で決めようと思っていた。
どんよりと曇った先に遠くのお山は見えない。代替え案で決定。やはり次の塩山で降りる。

塩山で降りてR411で柳沢峠、その後どうするか。天気がよくないなら、そのまま青梅街道でウチまで下る。
天気が回復するようなら、今川峠〜松姫峠か。微妙なら周遊で五日市へ──といったところだろうか。
帰りの電車を気にしなくていいので気楽に漕ぎ出す

d0123571_2215154.jpg
勝沼ぶどう郷、ワインしばらく飲んでいないなぁ──なんてことも考えなくなってしまった


d0123571_22154699.jpg
塩山の街もいつかゆっくり歩いてみたい


d0123571_2216464.jpg
果樹の花の里、緩まない勾配をひたすら。晴れ間はやがてなくなった


d0123571_22162166.jpg
道中安全祈願物件。この界隈、10%くらいあるかも


d0123571_2216467.jpg
さらに登って。この日はちょっと楽に感じる。いつもより2枚重めのギア、もうすぐ裂石


d0123571_2217559.jpg
@中里介山記念館前の公園。いつもはダラダラ休むところ。この日はスッパイマンを口に入れてすぐ出発


d0123571_22172461.jpg
さて、いい調子に進んで高芝ループ橋。曇天ながら紅葉狩り適期。つづく

by masashiw2 | 2018-11-06 22:23 | 峠道 | Comments(0)
気を取り直して紅葉狩り 2018年11月4日
11月も、はや5日。肝機能に支障ありとのことでウルソを服用して一週間。断酒も、はや15日目。
1日、2日とランニングの調子が上向きで気分良く走れている。
このところ停滞・疲労気味の自転車漕ぎも上手くいくかもしれないという予感があった。

先週末、日曜日まで天気良さそうだということで、土曜日までにもろもろ片付け、日曜日に輪行支度で出かける。
韮崎まで輪行、瑞牆、八ヶ岳を眺めておこうかと。調子良ければ木賊峠もピストンする。

しかし、初電には乗ったものの、天気予報をスマホでチェックしみるとどうもよろしくない。
韮崎まで出かけて、景色を見ることもできずに雨に遭って震え上がるのはごめんだ。
で、塩山まで切符を買っているので、柳沢峠を越えて帰ってくるコースに急遽変更。
午前中なんとか降らないでくれれば助かるなぁ。それなりに紅葉も楽しめるはず

d0123571_23254643.jpg
柳沢峠から西に続く林道竹森線は以前から気になっていた。ゲートが開いていたので景色のいいところまで入ってみる。
予想以上に展望が良く大満足。この写真はクリックで拡大します

今回のルートはこちら──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

塩山〜R411〜柳沢峠〜林道竹森線(景色の良さそうなところまでピストン)〜
道の駅たばやま〜深山橋〜月夜見第一駐車場〜風張峠〜都民の森〜檜原街道〜睦橋通り〜五日市街道
124.1km 獲得標高2417m [ルートラボ]
紅葉ただなか、少し風が吹くとハラハラと落葉が。来週はもう落ちきっているかも。
今のうちに紹介したく。少しつづきます

by masashiw2 | 2018-11-05 23:30 | 峠道 | Comments(0)