タグ:Latlonglab ( 92 ) タグの人気記事
終日雨の日曜日 2019年7月7日
早朝に目覚めてベランダに出るが、こぬか雨とでもいうのだろうか、音もせず降っている。
傘がいらないというほどでもなく、おんもに出たい意欲を黙らせる必要最小限の雨。

昨日のジョグで、野川沿いの橋ごとの細かいアップダウンや、公園内の未舗装部分など、
慣れない部分での思わぬ疲労の蓄積があり、なんとなく足腰がダルい。結局、二度寝を決め込む。

起き出して、うまくすれば小雨の中でも尾根幹漕ぎでもと思ってはみたが、
路側の濡れた白線をたどり続けるのはどうもいやらしいし、しかも北風がゆるく吹き続き、気温が低い。
帰ってきてからの自転車の拭き掃除もめんどくさい──とかなんとかでやっぱり漕がず。

Apple MusicでKeith Jarrett Trioの『At The Blue Note』(CDだと6枚組)を聴きながら仕事。
途中、2枚目くらいで眠りそうになる。別の作品をかけて仕事再開。
同じKeith Jarrett、マイルスの『The Cellar Door Sessions 1970』、こちらのほうが数倍面白い。仕事も進む。
週が明ければすこし楽になるかも──くらいのアドバンテージができた

d0123571_22354625.jpg
タピオカミルクティーを作っていただきました



仕事も一段落、ルートラボを引いてみる。なくなるとわかって、いまさらながら有り難さがつのる。
来年春のサービス終了までしばし使い倒そうかと。

前回、藤岡から群馬県南牧村をへて田口峠から十石峠と引いてみたのだが、
この南牧村単体を行って帰ってポタするのも面白いかもと思って。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

拝島発JR八高線始発で輪行、群馬藤岡を0635にスタート。
群馬藤岡~R254~下仁田~K93~南牧村〜熊倉往復〜田口峠往復〜馬坂〜線ヶ滝往復〜大仁田ダム往復〜
下仁田〜R254〜群馬藤岡 八高線で輪行
距離147km 獲得標高2015m

南牧村は、過去に周辺の行き帰りで通過しているのだが、主題として旅したことがない。
印象に残った部分をつなげて、未踏の線ヶ滝と大仁田ダムを訪れるなんもくフルコース。
来週末は晴れることを祈って、プランだけはいろいろあるのですが・・・

by masashiw2 | 2019-07-07 22:47 | 拾遺 | Comments(0)
結局降らず自転車でもよかったかも・多磨霊園ジョグ 2019年7月6日
直近の予報では土曜日午前中は小雨マーク、午後からは雨マーク。
この雨マークは日曜の午前まで続いて、日曜午後からは小雨マーク〜曇りマーク。

土曜午前に運動をしておこうと思って、久しぶりに調布飛行場から野川あたりをジョグ。
今回は多磨霊園まで足を延ばしてみた。

帰ってきて片付けやら仕事をして、外を見ると雨など降る気配がない。
予報を見ると、土曜の午後は曇りマークになっていて、
雨マーク御一行さまはそのまま明日の午後までずれ込んでいる。
こんなことなら土曜のうちに自転車漕ぎをしておけばよかった

d0123571_1820368.jpg
Reliveはこちら

d0123571_18213162.jpg
@人見街道アメ車村。新顔は増えていない模様

d0123571_18222499.jpg
@武蔵野の森公園。二週間後には五輪ロードレースのテストイベントがある

d0123571_18225146.jpg
野川をさかのぼって野川公園から武蔵野公園。くじら山にも登頂

d0123571_1824257.jpg
一本道を違えると違う方向にむかってしまう多磨霊園、時々位置を確認しながら進む

d0123571_1824549.jpg
現在、多磨駅は改修中。活かされていない東口のロータリーを使ってのリニューアルかと




マップをクリックでルートラボに飛びます。

武蔵野の森公園〜調布飛行場〜野川〜野川公園〜武蔵野公園〜くじら山〜多磨霊園 距離8.8km(ストラバでは8.6km)
多磨霊園内をもう少し走れば10kmのコースになろうかと。
多磨駅前東の「うさぎ」さんで蒸しパンや惣菜パンを買い込んで午前のうちに帰宅

by masashiw2 | 2019-07-06 18:31 | 拾遺 | Comments(0)
気晴らしにルートラボ(サービス打ち切り!) 2019年7月3日
今日は午後、都心を出歩いていた。降られなかったものの、いつ降ってもおかしくない空模様。
どこにいてもじっとりとまとわりつくような湿気。九州の方では降雨で大変なことになっているようで。

天気予報、最近はスマホの一時間ごとの予報をよく利用している。
晴れマークにはずいぶんとご無沙汰な気がする。一年で最も日が長い時期なのになんとも・・・かと。
気晴らしにルートラボを引いてみる。引いてみたところでなかなか実現できないのだが。

安上がりに佐久に出るような自転車漕ぎをしてみたい。
(佐久平まで)北陸新幹線を使ったりすることはハナから考えていないし、
できれば小海線も使わないで安上がりに済ませることはできないか。
下仁田鉄道を利用したりすると高崎経由で時間もかかるし安上がりではない。

いつもは単体で考える十石峠とぶどう峠を一日で巡るというのはどうか。
上野村から佐久にタッチして(小海~海瀬)上野村に戻ってくる。
R141を使わず、K2(長野県道2号川上佐久線)をたどるというのもお題にしたい。

秩父まで輪行(ひばりヶ丘~横瀬)するのが安上がりなのだが、志賀坂峠を越えねばならない。
志賀坂を経ないでぶどうと十石を周回してくることはできないか。

八高線を使ってみるのはどうか。往路、拝島まで自走、始発0501に乗れば、0622児玉着。
上野村・川の駅着は秩父発志賀坂峠越えより15分から30分くらい早くなる勘定。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

児玉~R462~神流湖~上野村・川の駅~ぶどう峠~小海~K2~海瀬~R299~
十石峠~上野村・川の駅~R462~神流湖~児玉 JR八高線・児玉駅から輪行
距離182.8km、獲得標高3178m

上野村から神流湖方面は下り基調で楽なはずだが、これに拝島までの20kmも加わるし、長すぎるか。
輪行ロングライドは長くて150kmくらい、かなりしんどい……。

少し短めのプランを考えてみる。
児玉の少し先の群馬藤岡スタートで、田口峠から佐久に出て、十石峠で帰ってくるのはどうか。



マップをクリックでルートラボに飛びます。

拝島発JR八高線輪行は同じで、児玉の2つ先の群馬藤岡を0635にスタート。ゴールは同じ児玉駅。
群馬藤岡~R254~下仁田〜K93〜南牧村〜田口峠~佐久・臼田~K2~海瀬~R299~
十石峠~上野村・川の駅~R462~神流湖~児玉 JR八高線・児玉駅から輪行
距離161.7km、獲得標高2370m

距離も獲得標高もかなり減ったし、これならなんとか行けそうな気がする。
南牧村(群馬県なんもく村)も久しぶりで、下仁田から遡っていくのはたぶん初めてで面白そう。

とかなんとか、ルートラボでルートを引いてみて、あれこれシュミレートして楽しんできたのだが、
このサービスが2020年3月末で終了してしまうという悲しいお知らせが……(泣)。

長きにわたって楽しんできたので非常に残念。
このブログに貼ってあるルートラボのリンクも皆お釈迦になります。どうかご容赦ください。

とりあえず自分のこしらえたデータのダウンロードはできるみたいで、
今後は何を用いてシュミレートしていくか。はてさて・・・

by masashiw2 | 2019-07-03 23:59 | ご覧のみなさまへ | Comments(0)
奥武蔵GL(グリーンライン)を通しで〜定峰峠まで 2019年6月16日
帰路輪行キャンペーン(?)で、あまり無理しないプランを漕ぐ。先週行こうとしていたルート。
自走なら寄居から先は考えないが、輪行でならすぐエスケープできる。
小海線みたいなディーゼル車に乗ってのんびり帰ってこようかと。

土曜の夜、FMで大友良英の番組を聴きながら日付を越えたころ、まだ雨がシトシト降っていて、今回もビミョーだったのだが、
空が白み始めた頃には晴天の兆しも見え、走っておかないと後で後悔しそうなので、5時には漕ぎ始める。

キャンペーンに合わせて、輪行の装備もシンプルなものにしている。エンド金具を使わない横置きタイプで、
もはや新車でもないので養生器具を省いて輪行袋に収める時間/組み立てる時間を短縮。
余計なものを持たないようにしてかなりスッキリ

d0123571_223624.jpg
入間川を渡る農水橋で家から1時間、まずまず。川上に奥武蔵がずらり

d0123571_22365991.jpg
@宿谷公会堂前

d0123571_22371810.jpg
@宿谷線から清流線を見上げる

d0123571_22374533.jpg
@一本杉峠。まだまだ道はウェット、グレーチングに注意

d0123571_2251248.jpg
@顔振峠。先週冠雪した富士もよく見えた

d0123571_22522738.jpg
@高山不動分岐

d0123571_22525089.jpg
@刈場坂峠

d0123571_22533032.jpg
@定峰峠。この界隈は久しぶり




マップをクリックでルートラボに飛びます。
田無〜所沢街道〜R463〜農水橋〜高麗川〜R30バイパス〜宿谷線〜GL〜定峰峠〜
秩父高原線〜粥新田峠〜二本木峠〜塞神峠〜波久礼〜円良田湖〜八高線・児玉駅から輪行 高麗川行1428に乗車
距離99.4km、獲得標高1910m 少し続きます

by masashiw2 | 2019-06-17 22:59 | 峠道 | Comments(2)
行ったきり帰路輪行でいくつかルートラボを引いてみる 2019年6月12日
今週末は雨模様らしい。先週も漕げなかったのでがっかり。どうか金曜日以降に予報がくつがえりますよう。

もともと、輪行せず自走で行って帰ってくることをよしとしてきたようなところがあって、
輪行にはなんとなく邪魔くさいという印象を抱いている。

しかし最近では、炎天下疲労困憊しながら青梅街道などを漕ぎ帰ってくるのもどうかと思うようになってきた。
自転車の分際で大きなことは言えないのだが、コワい運転の車も無くは無し、
交通量の多い道を漕ぐ機会をなるべく減らす意味でも輪行を活用しなければと思ったりする。

自走の帰路のために、往路を体力セーブしながら走るのもなんだかつまらないような。
で、行ったきりで帰路輪行というのが気楽でよさそう。いくつか考えてみる。
いずれも計画は長め、都合で中退ももちろんアリ・・・



雛鶴峠から笹子峠、甲斐大和に出て上日川峠まで



マップをクリックでルートラボに飛びます。
R20〜大垂水峠〜雛鶴峠〜都留〜初狩〜笹子峠〜甲斐大和〜上日川峠〜塩山から輪行
距離146.1km、獲得標高2983m(甲斐大和までだと距離110km、獲得標高はマイナス1000m)
フルバージョンはチトきついかも。逆コースもおもしろそう。



裏ヤビツから丹沢をウロウロ、新松田まで



マップをクリックでルートラボに飛びます。
尾根幹〜町田街道〜長竹〜裏ヤビツ〜表丹沢〜大倉〜ミロク山荘〜新松田から輪行、狛江で降りて自走
距離100.9km、獲得標高1666m
帰路オギノパンに行けないのは残念だが、その昔、沢登りで歩いたあたりを思い出しながら漕ぎたい。



有間峠から大血川林道で三峯神社へ、仕上げに雷電廿六木(らいでんとどろき)橋も見たい



マップをクリックでルートラボに飛びます。
青梅街道〜岩蔵街道〜山王峠〜名栗〜有間峠〜浦山〜R140〜大血川林道〜三峯神社〜
二瀬ダム〜滝沢ダム下〜雷電廿六木橋下〜R140〜西武秩父から輪行、花小金井で降りて自走
距離145.1km、獲得標高2771m

引いたルートラボはスマホで読む。mapの左下の(i)マークをクリックしてGPXファイルをGeographicaで開く。
現場ではこのGeographicaに読み込んだGPXを参考に漕いでいる

by masashiw2 | 2019-06-13 00:24 | 峠道 | Comments(0)
雨降りだからルートラボでも引こう & 大友良英etc. 2019年6月10日
空梅雨かもという予報もあったりしたが、しっかり雨模様。自転車漕ぎできず。梅雨時は悶々として好天を待つしかない。
思いついた道程をメモしながらルートラボでも引いてみるか。天候の変化によっていくつかの代案も用意しておきたく。

スッキリ晴れれば八ヶ岳あたりを漕いでみたい。
昨年なら、5月のぶどう峠から平沢峠、7月の十石峠から麦草峠、天候も体調もよかった。
このようなライドにいつでも行けるよう準備しておきたい──


手始めに茅野から群馬方向、茅野まで輪行。逆コースより楽。麦草峠から田口峠でどうか



マップをクリックでルートラボに飛びます。
麦草峠〜田口峠〜下仁田〜寄居 距離154.7km(児玉まで143km)獲得標高1974m



獲得標高をプラスするなら麦草峠からぶどう峠、神流湖経由で



マップをクリックでルートラボに飛びます。
麦草峠〜小海〜ぶどう峠〜神流湖〜寄居 距離152.5km(児玉まで140km)獲得標高2599m



大友良英がパーソナリテイをやっているNHK FMのジャズ番組があるというので聴いてみた。
「ジャズ・トゥナイト」、土曜日の夜11時から2時間。時間帯がいいですね。
高校生時代の週末の夜更かしを思い出し、なんだか懐かしい。
大阪だったので周波数は85.1MHz、午前零時から、ブラバス臭い「渡辺貞夫マイディアライフ」とか。
渡辺貞夫の良きリスナーではなかったので、むしろ小林克也の美声にうっとりし、
そのあとの「SONYビッグスペシャル」を聴いて3時まで(中波なんて聴かずに)過ごしていた。

で、「ジャズ・トゥナイト」。8日(土)の特集は「クセ球スタンダード」、一味違ったスタンダードを紹介。
Ornette Coleman 「Embraceable You」、Fred Hersch & Bill Frisell「Someday My Prince Will Come」、
Jaco Pastorius「Donna Lee」とか。
真面目に語ってるなぁ。この人に静かに「聴いてみてください!」っていわれると素直に聴き入ってしまう。
そもそもFM聴くなんて平成以降なかったかも。「ジャズ・トゥナイト」恐るべし。

大友良英といえば「いだてん」の音楽。ドラマともども音楽にもハマっている。
どうもCharlie Haden「Liberation Music Orchestra」を想起してしまって、けっこうグッときてしまう。
「あまちゃん」のテーマもGil EvansのJimi Hendrix=「Stone Free」みたいでしょう。
次回は関東大震災を描く回なので、音楽がどんな役割を担うか興味津々。ノイズなのかフルオーケストラなのか・・・

by masashiw2 | 2019-06-10 17:26 | 拾遺 | Comments(0)
梅雨入りで漕がず 2019年6月9日
土曜は仕事や片づけなど、日曜は自転車漕ぎをと思い、支度をして床についた。
梅雨入りし、好天にも望めないであろうから、近場で行きっぱなし帰路輪行で計画。


[計画]奥武蔵グリーンラインを通しで



マップをクリックでルートラボに飛びます。

宿谷権現堂線〜顔振峠〜刈場坂峠〜粥新田峠〜塞神峠〜円良田湖〜児玉から輪行
距離99.2km、獲得標高1910m
児玉(八高線)から輪行というのは、八高線での帰路輪行のリハーサルをやっておきたいから。
八ヶ岳や佐久から群馬の峠(内山、田口、十石、ぶどうなど)を越えて八高線方面に帰路を求める場合、
消耗した状況でもスムースに輪行したいので。

──とかなんとか考えて床についたが、雨がシトシト。
4時ごろ、ベランダに立って様子を見てみたが、小雨は変わらず。路面はオールウェット。
しっとりした雨季の匂いが上水伝いに満ちている。とても晴れ間が出るとは望めないようで朝寝と決めた。

昼近くなると路面も乾き、雨雲も離れたようなので、ストレッチ・筋トレなどしてジョグに出かける。
土曜日は小金井公園に7kmジョグしたので、日曜は井の頭方面に10km。
この土日、スマホを操作しながら歩く年配の方々がやたら眼についた。皆さん一心不乱にスマホをたたいていた……


Reliveはこちら
d0123571_21424897.jpg
井の頭池は藻が繁殖して、水面の反射具合が「モネ」化しているという。今月これでラン総距離はやくも44.05km

by masashiw2 | 2019-06-09 21:52 | 拾遺 | Comments(0)
高度と距離を稼ぎに柳沢峠 2019年6月2日
週末は曇りがちという予報で、日照がない分ジリジリ焼かれずに済むのではと、高度と距離を稼ぐプラン。
去年4月の柳沢峠・裂石往復、これがちょうど200km。柳沢峠から甲州側をR411を降りずに竹森線を降りてみると
ちょうどトライしやすい対象(距離210km獲得標高3000m越え)かと。

青梅市街からR411に這い上がるのになんとなく気持ちが乗らず吉野街道をいく。古里セブンで補給、
この天気で自転車少なし(?)。天気を確認するが雨は大丈夫そう。もし降ってきたら周遊で檜原に降りればいいか

Reliveはこちら
d0123571_15451323.jpg


d0123571_15454359.jpg
@小河内ダム。曇ってきてかなり冷涼

d0123571_1546451.jpg
@峰谷橋

d0123571_15462291.jpg
ハルゼミの合唱を聴きながらどんどんすすんで柳沢峠。竹森線ゲート、オープンです

d0123571_15464346.jpg
竹森線最高点手前からR411上萩原バイパス工事区間

d0123571_1547787.jpg
@竹森線最高点。曇りで景色が見えないのでさっさと降る

d0123571_15475025.jpg
竹森線終了点。この手前の路上にウリ坊のむくろがあり、近くの茂みで何か大きな影が動き、びっくりして降りてきた

d0123571_15481377.jpg
だんだん里が近くなって一安心。竹森の集落に降りる





マップをクリックでルートラボに飛びます。
五日市街道〜小平〜東大和〜青梅街道〜吉野街道〜R411〜柳沢峠〜竹森線下降〜竹森〜
R411〜裂石〜柳沢峠〜道の駅たばやま〜奥多摩から輪行(ホリデー快速奥多摩1654発(国分寺1802着))
距離159.9km 獲得標高3335m もう少し写真があります

by masashiw2 | 2019-06-03 15:56 | 峠道 | Comments(2)
やっとこさ有間峠解禁 2019年5月25日
解禁が遅れた広河原逆川線・有間峠、暑くなる前にと思ったが、解禁日はすでに気温30℃の予報。
日曜は予定があるので土曜早いうちに済まそうかと。コースは広河原逆川線で有間峠裏表。

珍しく臨時バスが有間ダムまで。ハイキングシーズンは、棒ノ峰に行く人をダムまで乗せてくれるのかと思いきや、
イベント「飯能新緑ツーデーマーチ」とのこと。名栗湖右岸封鎖、堤体にも入れず、清水も給水できず。

ことしはウエイトを絞りきれておらず、どこにいくにしろ今一つなのだが、心肺はなんとなく不調に陥ることがない。
タイムは決して良くないが、息が切れず脚が滞ることなく、気がつけば目標箇所を過ぎていたというこたがしばしば。
気温は高いはずだが、まぁまんざらではない感じで高度を稼いでいく

d0123571_17114371.jpg
往路、堤体からは写真撮れず、左岸を少し進んでから

d0123571_17122848.jpg
待望のゲートオープン

d0123571_17125043.jpg
問題の工事箇所は大名栗林道分岐からさらに上、法面には丁寧にネットがかけられていた

d0123571_17132040.jpg
峠からの名栗湖、デジタルズームで恐縮ですが。年々樹々が成長して見えづらくなって・・・

d0123571_17134964.jpg
エゾハルゼミの合唱を期待したが、峠近辺で若干聞き取れたほどで少し残念。爽やかな林間を下る

d0123571_17142478.jpg
浦山大橋手前から秩父さくら湖左岸周回道に入ってみた。湖面にあぶくがたっているのだがなんだろうか?
写真の上に見える道が通常のK73(さくら湖右岸)で、寄国土(ゆすくど)トンネルから出たあたり

d0123571_17144647.jpg
左岸道は行き止まり。「土砂流出のため」とあり

d0123571_17152736.jpg
浦山ダム食堂にて。ダムカレーはカツが胸やけしそうで普通のカレーを注文。でもご飯は堤体状

d0123571_17154772.jpg
ダムにあるオブジェ「鯉の後生車」。気がつかなかったが他にも色々(安山石や打ち出の小槌など)あるみたい

d0123571_1716977.jpg
お約束の寄国土トンネルでふたたび有間峠へ

d0123571_17163198.jpg
有間峠、このような看板は前からあったようななかったような・・・

d0123571_17165371.jpg
有間渓谷観光つり場のバーベキュー場。これからお客さんを迎え、土曜の夜は楽しくふけていきそうな・・・




マップをクリックでルートラボに飛びます。
小平~東大和~青梅街道~岩倉街道~山王峠~名栗湖~広河原逆川線~有間峠~浦山~
秩父さくら湖左岸(行き止まり)~右岸で浦山ダム(食事)~有間峠~
名栗湖~おやすみ処やませみ~飯能市~瑞穂~青梅旧街道~芋窪街道~青梅街道~東京街道~鈴木街道
距離161.1km 獲得標高2472m この自転車漕ぎはこの記事にて了

by masashiw2 | 2019-05-26 17:24 | 峠道 | Comments(0)
5月の裏ヤビツ 2019年5月19日
5月9日で、アルコールを摂らなくなって200日。
アルコールを摂るとじんわりと確実に体調が悪くなり、走りや漕ぎに影響が出てしまう。
それなりの意志や工夫で調子を維持しているので、飲酒によってその調子を崩してしまうのが忌々しい。
そういう思いがブレーキをかけてここまで来た感じ。最近は苦にならず、さほど意思も必要としなくなった。
景気も悪いのでべつだん酒を飲みたいとも思わないし。20日で211日。

先々週は奥多摩、先週は道志。今週は新緑の裏ヤビツへ。
地図も見ないで、頭に刻んだ区間々々の目印を追いながら、心を虚しくして渓谷伝いの細い道を漕ぐ。
写真は折り返し地点・菜の花台から帰路で撮ったもの

d0123571_2152165.jpg
@菜の花台展望台から、大山(富士山も)は見えず

d0123571_21523434.jpg
@菜の花台展望台から

d0123571_21525550.jpg
@菜の花台展望台から

d0123571_21531625.jpg
@常世橋。すっかり緑になってミツマタも遠目で判別できず

d0123571_2153358.jpg
@札掛橋。ここから2km下流にキャンプ場があったらしい。廃キャンプ場、一度行ってみるか

d0123571_2154468.jpg
@塩水橋より若干下流。藤の花が映えて見えたのだが、写真には捉えきれず

d0123571_21543012.jpg
@大門橋から上流

d0123571_21544885.jpg
@大門橋から下流

d0123571_21551054.jpg
@青山トンネル東口から宮ヶ瀬ダム。たしかにだいぶ水位が減ってきているか




マップをクリックでルートラボに飛びます。
尾根幹〜町田街道〜新小倉橋〜鳥屋〜宮ヶ瀬〜K70〜ヤビツ〜菜の花台を往復
帰路はオギノパン経由でほぼ往路をたどる
距離140.6km 獲得標高1843m
4月13日とほぼ同じコース、この記事はこれっきり

by masashiw2 | 2019-05-20 21:59 | 峠道 | Comments(0)