タグ:catheter-ablation ( 40 ) タグの人気記事
8月に入って

Sekimae, Musashino, August 2, 2018
d0123571_21572719.jpg
荻窪ルミネに相模原からオギノパンがやってきた。都心からの帰り、中央線沿線にも出店とのことでせっかくなので色々買う。
裏ヤビツがしばらく通行止めなので、オギノパンにはこのところご無沙汰。揚げパンじゃないものも美味しいのです。



6月分のランニング記録をまとめていた時分といえば、W杯グループリーグ終了時くらいでなんだか懐かしい。
ずいぶん時が経ってしまったような、経っていないような。その隔たりの間に分厚い大気の塊だけがデンとあるような。

7月分のランニング総距離は115.15km。カテーテルアブレーション術2ヶ月後から100km越え連続35ヶ月。
3ヵ年連続まであと1ヶ月。この1ヶ月を越えたら、次の目標をどうするか。
40ヶ月連続とか、50ヶ月連続って、だからどうなんだというか・・・。

ポンコツゆえ、運動強度を上げていくということには無理がある。運動を怠ると発作になりやすい不安が常にあるが、
運動しすぎても発作を誘発する。月100kmを気張らず走るという設定は無理のない範囲のつもり。

ただ、いつまでたっても走力は向上せず、玉川上水の縁をぐるぐる回っているだけ。
この先、モチベーションをどう維持していくか、実のところ難しい。ま、発作が出ないならそれでいいのだが・・・。

この酷暑、冷房した部屋にこもって仕事まみれでいると、ひどい肩凝りもあって気分も滅入りがち。
状況を見て、十分に給水しながら短い距離でもコツコツ稼ぐようにしている。
朝、暑くなる前に走ることができれば、朝から代謝も上がって好都合だが、これがなかなかできない。
断酒で寝覚めが良くなって朝ラン──できればそうありたいが、まだまだそんな気分にならない。

走力の向上はないのだが、心臓はポンコツなりに安定してきて、
120bpmを中心にペースを上げ下げできるようになってきた。簡単なようだが、ポンコツにはなかなか難しかった。
自転車漕ぎのおかげでできるようになったのかも。涼しくなったら心拍ゾーンを意識するようにして駆けてみたい。

7月のロードサイクリング総距離は、353.01kmと、短め。獲得標高合計も大したことがない。5500mくらいか。
酷暑で距離を漕ぐことができなかった。輪行もお金がかかるし、
もとより低予算・自走派なので、玄関を出るとすぐ暑さでめげてしまったかのよう。
涼しいところまでクルマで行って、冷涼な部分だけ漕いでくるような稼ぎ方ができれば楽しいのだが。

6月の休肝日は16日、そして7月もほぼ隔日で15日。
今回の健康診査(6月27日受診)で採血する直前、6日ほど休肝していたのだが、数値は悪かった。
休肝日でない日に量を飲むようでは、休肝日を多く設けるということはあまり意味がない。
ポンコツレバーがダメージをリカバーするには一週間では足りない。──ということ。

3年前のカテーテルアブレーション術(2015年7月15日~18日)の前後、断酒をしていた。
数えてみると連続33日(7月9日~8月10日)。術前は飲酒は当然ご法度、
術後は微熱続きで体調悪く、抗生物質の世話になって、飲酒どころではなかった。
それ以降8月もかなり節酒(この月の休肝日は21日)をして、翌9月4日に市の健康診査。γ-GTPは40。

断酒の実績は決してないわけではなく、それなりにあるわけで、
当時のエントリにも断酒の効用を記している。
こういうものも掘り起こして、断酒を続けていければ──とぞ思ふ・・・

【断酒連続まだ3日】

by masashiw2 | 2018-08-02 22:03 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
いつしか3月に
冬季五輪ロスというか、女子カーリングロスというか、吉田姉妹ロスというか、市川美余ロスというか・・・
閉会式の後、少し呆けていました。しかし、帰国した選手に「そだねー」と言わせようとするマスゴミに辟易し、
いつものようにTVを見なくなる生活に戻っていくのでありました

d0123571_1857830.jpg
Fujimi, Chiyoda, March 26, 2010




d0123571_18574490.jpg
2月のまとめなど──
ランニング総距離は115.12km。100km越え連続30ヶ月。
2015年7月の左心房カテーテルアブレーション手術から、リハビリのつもりで始めたジョギング。
手術の翌々月の9月から月間総距離が100km越え、そのペースを維持して30ヶ月。次の目標は3カ年の36ヶ月か。

昨年暮れから新しい心拍計を使い始め、心拍をチェックしながら運動をしている。
冬場はどうしてもポンコツエンジンのかかりが悪く、調子を上げるのに10分以上かかってしまう。
胃のあたりに膨満感があったり、首や肩のこわばりがあったり、そういう面倒なものをほぐしたりだましながら進む。

この2月は目立った降雪がなかったのがまぁ良かったのだが、
1月から低温傾向が続き、いつまでたってもペースが上がらない状態。頻脈に陥るとペースダウンしないと。
季節が良くなればまた状況も変わって来るだろうと思うのだが。

サイクリング総距離は353.85km。冬場はこんなものか。
雪のあるところは走れず、尾根幹を中心に6回くらい、派生するルートをあちらこちら。
朝早くから出かけることはしないで、昼前から出かけて3時間もしないで帰って来る。
おおむね120bpm・90rpmで漕ぐように心がける。追い込まない漕ぎ方をしているかぎり、頻脈になったりはしない様子。
奥武蔵や奥多摩の道路の現況もチェックしているのだが、今しばらくは多摩丘陵でお茶を濁していようかと。

休肝日は15日。28日中の15日だから多い方か。しかし何度か度を越してしまったこともあったり。
家飲み会が何度かあったりで。飲みに来るお客さんが手土産に缶ビールや千円ワインなどをくださるのだが、
手をつけないので、部屋のすみでホコリをかぶっている。ちょっと昔だとすぐ無くなっていたものだが・・・

by masashiw2 | 2018-03-01 19:06 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
名栗路、また花の季節に 2017年12月10日
この冬はラニーニャ現象とやらで、厳しい寒さになるとの長期予報。まいったなぁ。
血の巡りが悪いので、このところ、寒さが身にしみる。

血圧が低いので、朝はエンジンがなかなかかからない。寝ぼけ気味に起き出して朝食──
キヌアなどの雑穀を軽く煮てヨーグルトに混ぜ、さらにオートミールを混ぜる。
これを時間をかけて咀嚼しているうちにやっとエンジンがかかる──といった日常。

睡眠が十分でないままに、夜が開ける前から漕ぎ出すような運動はそもそもかなり無理がある。
考えるまでもないが心臓にもよくないかと。
冬は気温が上がりだしてから布団から出て、近場をゆるりと運動する程度がよろしかろうと

d0123571_21363650.jpg
@原市場名栗線、桜の名所・コア山。次回は花の時期、和菓子を用意してゆっくりしたい


d0123571_21374870.jpg
紅葉も落ちきって観音様方面も冬景色へ


d0123571_2138744.jpg
@原市場名栗線最高所付近から飯能方面


d0123571_21383425.jpg
@原市場名栗線最高所付近から阿寺〜顔振峠(左)方面


d0123571_21385858.jpg
山桜も気がつかないで通り過ぎてしまいそう


d0123571_21393563.jpg
囲いができる前は良い展望が望めたのだが。いつも補給食を口にするところ


d0123571_2140142.jpg
@田中製材所、ここまでくればサル軍団も来れまいと


d0123571_21403049.jpg
@田中製材所、樹皮剥きマシーン。勝手に「回天」と呼ばせていただいている。
今年は遠乗りはこれでおしまい。師走の名栗路ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら



12月8日(金)夜からの Amazon cyber monday、ぼんやりページを見ていたら、
以前からマークしていた心拍計ウォッチ Garmin vivosmart HR がタイムセールに出ていた。

従来型の乳バンドタイプの心拍センサーは、ズレたり蒸れたりで、なんともうっとおしかった。
特に冬場、一旦ズレると厚着の上から位置を調整するのがナンギで、電極も接触不良。
このところ、この乳バンドは疎んぜられて心拍データをとらずに運動していた。

リスト装着タイプの心拍センサーなら、どうやらこういったうっとおしさが軽減される模様。
このタイプの心拍計のプライスが落ちていくのを待っていたので早速発注。
これを機にキチンと心拍データをチェックしながら運動しようかと。

9日(土)に即、納品してもらったので、その日のうちに井之頭ジョグで試用。
今回のサイクリングでも、無事、快適にデータがとれた。モンダイは私の脈。

やっぱり良くない。おしなべて頻拍。運動がキツくなると脈が飛んでるみたいでかえって脈が減る。
これって、センサーで捉えきれない細動が出ているのかと。ま、乳バンド式でもそんなデータでしたが。
心拍数を気にしすぎると、運動がつまらなくなるのだが、ある程度意識しないといかんなぁと。
脈が上がり過ぎたら下がるまで休むなどして、無理のない範囲で運動を進めていきたい

by masashiw2 | 2017-12-15 22:07 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
材木座海岸にて 2017年10月26日
帰路、鎌倉で下車、材木座海岸まで散歩。台風が近づいているわりに雲もなく、ひとときの好天を楽しむ

d0123571_23572578.jpg
d0123571_23574378.jpg




d0123571_23581231.jpg



d0123571_23582781.jpg



d0123571_23585054.jpg

10月は仕事が混んでいて、週末も雨がちで今ふたつの印象。
休肝日15日、ほぼ隔日。日本酒のみ、max250cc/日。とは言いつつ、あまり酒量をセーブできていない。

ランニング総距離は112.48km。これで100km越えは連続26ヶ月。
ただ、ランニング適期になっても、LSDペースを脱することができず、すっきりしない。もっと気持ちよく飛ばしたい。

サイクリング総距離462.59km、インドアの75kmを足してやっとこの数値。
週末が悪天でどうしようもない。ヤビツ漕ぎ、尾根幹漕ぎで溜飲を下げている。

武蔵野日赤循環器科から逆紹介された件、その後、先月末から地元のクリニックにご厄介になっている。
月1回、採血してPT-INRをチェック、血液凝固剤のみの治療を継続。
不整脈がひどくなるようなことがあれば、日赤に戻されてしまうということで、そのようにならないよう、
適度な運動を継続しながら、規則正しい生活を維持せねば・・・

by masashiw2 | 2017-11-01 23:59 | 旅の空 | Trackback | Comments(0)
9月に入って【更新滞り、スミマセン】
8月24日にジャズ・ギタリストのジョン・アバークロンビー氏死去の知らせがもたらされた。
未明に何気にツイッターを眺めていて(ジャック・デジョネットのツイートから)の不意の知らせ。
22日、ニューヨークにて心不全で病死とのこと。享年72歳。

青年期から永く聴き続け、自分の音楽観の根幹にあったミュージシャンの逝去。72歳、早すぎる。

こういった知らせはボディーブローのように効いてくるのだろうなと思いつつ、
日々忙しさにかまけてついつい時間が経っていった。

仕事中はもっぱらアバークロンビーのCDをかけ、でなければYouTubeで彼の教則の動画などを
エンドレスでかけていた。このところ仕事が忙しいのが幸いしてか、気分が紛れている。

昨夜丑三つ時、なぜかバチッと目が覚めてしまい、寝つかれず何気にツイッターを眺め見ていると、
スティーリー・ダンのウォルター・ベッカー氏の訃報を目にしてしまった。享年67歳。さらに巨星墜つ。

しばらく喪に服す日々かと・・・





8月のまとめ
休肝日=15日、ほぼ隔日。ペース変わらず、夏なのにビールも飲まず日本酒だけ。
しかし、酒量を維持するのにかなり意志力がいるようになっているかも。注意が必要。

ランニング総距離は121.29km、24ヶ月連続で100km越え。ちょうど手術(一昨年の7月)後の9月から越え続けている。
何かご褒美があるというわけでもないが、仕事だと思って続けている。夏は無理せず、LSDジョグを続けた。

サイクリングは4回で402.26km、後半の天候不順で伸びず。獲得標高合計は5000mくらいで大したことはない。
後半2週は脚が鈍らないようにいつもの尾根幹コース、いつになくタイムがいい。
おそらくは暑い中でのLSDジョグが奏効したものかと。意外と心拍機能が向上している。

仕事でこもりがちなこともあって、体重の減少傾向が今ひとつ。9月は頑張って燃やしたいところ。





8月28日(月)には武蔵野赤十字病院循環器科の検診。
以前にも述べたが、このたびめでたく(?)日赤卒業とあいなる。
日赤はいわゆる「逆紹介」キャンペーンみたいで、
私のような病状の比較的安定した患者は地域のかかりつけ医に託される。
逆紹介先の先生は当方の希望していた地域のクリニックの先生で、健康診査などでもお世話になっているかた。
「(お宛名)御侍史(おんじし)」なる逆紹介状(この中身も入試用の推薦状みたいで気になるのだが)も
用意してもらい、2ヶ月後からそちらでご厄介に。
抗不整脈剤は服用せず、血液抗凝固剤のみの服用(安上がりで助かる)でしばらくいきます

by masashiw2 | 2017-09-04 23:00 | ご覧のみなさまへ | Trackback | Comments(0)
暑さ慣らし仕上げ・有間峠からGLへ――蒸し蒸し林道逆川線 2017年7月15日
ゲートオープンってなんか久しぶりな感じで、何の遠慮もなく森の奥にいざなわれる。
路側の砕石は綺麗に除かれている。落ち葉もなし。快適そのもの。
昨年秋には濡れ落ち葉の上をトルクがかけられず、不用意に立ち漕ぎできないいやらしさがあったものだが。
グレーチングの切れ目にも黄色いペンキ印がついていたり、いらぬ心配なしに高度を稼ぐ。
とはいうものの、逆川線の核心部はゲートから大名栗林道分岐まで距離4.6km、平均勾配10.5%。
この急な勾配が緩むわけではない。風はなく、だんだん蒸し暑くなってきた。

実は不整脈の手術からちょうど2年経つ。
痛い思いの割には不整脈は完治せず。道すがら、手術のことを思い出したり、色々な思いが去来する。
ま、こうして真夏に自転車漕ぎなんぞ出来ているから、よしとしなければ――。抗不整脈剤要らずだし。
病があったからこそ、自らを見つめなおし、生活改善出来たんだろうし・・・

d0123571_22172475.jpg
深い森から夏空、蒸し暑くなりそうだ


d0123571_221866.jpg
ゲートオープン、ウェルカム・モード。登坂開始


d0123571_22184786.jpg
大名栗林道は、5月にオートバイ単独の死亡事故があったみたいで、ちょっとピリピリなんだろうか。バイク少なし


d0123571_2220596.jpg
緩傾斜ゾーンへ。1000m近辺からハルゼミが鳴き出した


d0123571_22202528.jpg
有間峠には9時前に到着。いかんせん、遠くの景色が湿気で見えにくい。名栗湖もぼんやり




d0123571_222049100.jpg
d0123571_22265844.jpg
うろこ雲が出て妙な感じだが、やっぱり好きな峠ですね。つづく

by masashiw2 | 2017-07-18 22:22 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
大弛峠~柳沢峠へ再トライ 2017年6月10日
抗不整脈剤をやめてから(血液抗凝固剤のみ服用)、運動の際、若干調子がいい気がする。
心電図をとると波形のひとつひとつがおそらくは良くないのかもしれないが、とりたてて具合の悪さは感じない。
抗不整脈剤を服用していた時と比べると、アクセルがすぐ効き、疲労回復も早い印象。
以前は調子が悪くなると、レスポンス・回復が鈍くなって、底が抜けたようになってしまったものだが。

飲んでいたクスリには、正常脈に戻す本来の作用の他に、脈が出過ぎないように何かしら抑制をするような作用も
あったのかもしれない。そういったものから自由になっている──と思うと、気分的にも楽になる。

カラダも軽くなっているので、本格的に梅雨になる前(梅雨入りはしてしまったが)に、
大きなルートを漕いでおきたい。昨年の晩秋、大弛峠から家まで漕ぐことを果たせなかった。
力試しにリベンジ、ハルゼミの大合唱を聞きながら標高2365mから自宅を目指す

d0123571_2120940.jpg
まずは2365mまで登らねば。@クリスタルライン入口。ここに来るまでの牧丘の果樹園台地が夏は意外と核心部だったりする


d0123571_212401.jpg
おなじみ「こ」の看板。ここから琴川ダムまで8km。〜と・か・わ・ダ・ム、一文字ずつ数えていきます


d0123571_21252425.jpg
眼前の登るべき林道。左の岬状突端が「ム」のポイント、そこからは緩くなる。標高1400m手前、ハルゼミはすでに賑やか


d0123571_21262293.jpg
初夏の琴川ダム


d0123571_21265814.jpg
@柳平、分校だった場所。ハルゼミの大合唱がしみ入る


d0123571_2127343.jpg
[中略]という感じで、大弛峠まであと3kmポイント。残りは2km、1.5km、1km、0.5kmという親切な刻みになっていいる


d0123571_21284621.jpg
湿気が多いのか、遠くの山々はみな霞んでいた。寒いくらいの高原の空気





マップをクリックでルートラボに飛びます。

中央線普通・初電を乗り継いで、塩山(0621着)まで輪行
塩山~国道140号~牧丘トンネル~牧丘線~柳平~大弛峠~
往路を中牧神社まで、フルーツラインで国道411号へ~裂石~柳沢峠~
はまやらわ[わらび餅購入]~丹波山~奥多摩湖~
奥多摩駅~輪行(1810青梅行)って、うちまでの自走は時間切れで諦めたのでした・・・
距離120.1km、獲得標高3625m(下り3699m)
大弛峠~柳沢峠、少しつづきます

by masashiw2 | 2017-06-11 21:39 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
武蔵野日赤よ さようなら
当方、武蔵野赤十字病院 循環器科外来にて持病の不整脈の治療をしてもらっています[あらましはこちら]。
5月15日(月)から16日(火)に、ホルター心電図(24時間)をとってもらいました。
その検査結果を受けて、22日(月)に診察を受けました。

残念ながら診断結果はよくなく、24時間慢性的に細動が出ているとのことでした。
期外収縮があるような感じが多少あるものの、細動の自覚はなかっただけに結果にがっかりしました。
抗不整脈剤も効果が上がっていないようです。クスリが効いていない状態。

2015年7月に3度目のカテーテル・アブレーション手術をして、
若干の薬剤を用いながら、大きな発作は出ないような状態を維持してきたのですが・・・。

で、今後どうするか。4回目の手術は、うまく行く可能性があまりないので考えず、
効いていない抗不整脈剤の服用をやめて、抗血液凝固薬のみの治療にしてみるとのこと。
大きな発作はないのでさしあたり大丈夫なのかどうか不安はありますね。頓服的なものがあるといいのかも。

抗血液凝固剤のコントロールはかかりつけの医院にても可能、
居住地に近いかかりつけ医を紹介するのでそちらに転院して治療を続けて欲しいとのこと。

武蔵野日赤循環器科外来を放免ということになる──ということです。
今回の検査で治療の伸びシロがないことがはっきりしたのかもしれないし、
そもそも武蔵野日赤病院は、急性期入院医療に特化している病院なので
急性期でない患者にはかかりつけ医への転院を勧めるということは了解しなくてはいけません。

しかし、15年間もお世話になったわりにはあっけないというか、
テイよく放り出されるような感じもして、なんだかなぁと。
今までに何度か状態が好転している際に転院の提案がなかったのも、なんだか不思議。

さて、かかりつけ医の選択をしなければならないのですが、
紹介係のかたに提案されたのは都の検索HP「ひまわり」を利用したもの。

d0123571_22512774.jpg
紹介係で渡されたプリントアウト。自分とこも選択肢に入っているテキトーぶりで・・・。さてどこで治療を続けようか?


新しい医療機関で診てもらえるのは、展望が変わっていいことかもしれないと気分を変えねば。
クスリ飲まないで済むなら、もとよりそれを望んでいたわけだし。

──とまぁ、そのような状況でして。ジョギングも相変わらず続けています。
クスリは飲んでも飲まなくても調子は変わらない。効いていなかったのか(それなりに高価だったのに)・・・

by masashiw2 | 2017-05-26 23:03 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
最近のもろもろ

d0123571_23321181.jpg
Mukodai, Nishi-Tokyo, February 13, 2017



d0123571_23323517.jpg
Mukodai, Nishi-Tokyo, February 13, 2017



d0123571_23325286.jpg
Fujimi, Chiyoda, February 16, 2017



d0123571_23331694.jpg
Fujimi, Chiyoda, February 16, 2017


冬場は不整脈になりやすいと思っていたのだが、調べてみると、昨年は調子が良くてそんな心配はしなかった。
今年も1月下旬までは調子が良く、ちょっと薬を飲まずに運動したりで。
2月に入って、ランニングのペースを上げてみたら、タイムが良く、調子づいてしまった。
どうも負荷をかけすぎたみたいで、安静時に心臓の出力にムラが出るような感覚がたまに出てきた。
結局は調子に乗って油断したということ、病人らしく緊張感を持たなくてはということか

2月も、はや、下旬に。久しぶりにローラー台、1時間漕いでみたが、ダメダメ。
驚いたことに、筋肉痛すら出ない。どこが痛むかでどのように鈍っているのかが分かるはずなのだが、それすらわからないとは……

最近多くなった宅配業者(大手ではない)の軽ワゴン、運転が荒い。住宅地内の細い道を飛ばしてくる。辻は要注意。
上水沿いに駐車してエンジンかけっぱなし、居眠り・スマホでゲームしてるのもこの手のクルマ。
車内をうかがってみると、ドライバーはけっこう年配な人が多い。スマホを指でつついているのは、なんとなく哀れを誘う

「リサイクルショップを開店したのですが、まだまだ品物が少なくて」という電話がかかってきた。
眠っている宝石などを得たいがための、新手の詐欺めいた商法らしい。
体格のいい方々が上がり込んでくるそうで、不用品の回収なんかでもお気軽にご相談しないほうがいいらしい

正男さんの件、他人事には思えなくて。思えば、かの国の人らしくない親しみやすい風貌。
成田から(日本政府がなぜか慌てて)送還される時のマタギ風のスタイルが忘れられない。
気の毒なことになってしまった。息子さんも心配である。しかし、「謎」が多いというが、果たしてそうなのか。
覆い隠したい案件が別にあるので、都合のいい「謎」で間をもたせている気がしましてね……

by masashiw2 | 2017-02-21 23:36 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
心電図良くなく、凹む 2017年2月13日
このところ、更新が滞りがちでスミマセン。
ちょっと仕事が立て込んでいて、なかなか余裕がありませんでした

d0123571_2322182.jpg
2月13日は武蔵野日赤循環器科外来にて、不整脈治療の定期的な検査。
いつもの検査だが、心電図に心房細動が出ているとのこと。
ここ1年は安定した状態で、大きな発作もなく過ごしてきた。
この日は自覚症状がなかったので、なおさら凹む。運動はコンスタントにしているのですけどね。
抗不整脈剤も最小単位・朝1回の服用だったが、夕方も服用せよとのこと。薬代もかかるじゃないか。

確かに食事や飲酒に若干油断があったのかもしれない。
体重は減っていないし、酒量も減らせない。ちょっと気合いを入れ直さねばなるまい。
5月にホルター心電計による検査も予約させられる。
せっかくなので、ホルター計測中にランニングとローラー台もこなしてやろうか。もちろんビシッと正常脈で・・・

by masashiw2 | 2017-02-14 23:33 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)