タグ:latlonglab ( 60 ) タグの人気記事
(もったいないけど)日帰りで八ヶ岳 2018年9月23日
今月の初めに、山登りのプラン(八ヶ岳1泊2日)などを考えてみたりしたのだが、どうも実行に移しにくかった。
秋雨前線がしつこくて好天が連続しない。週末に好天がめぐってこない。秋山は濡れたくないもので。

で、プランを変更、日帰りにしてチャチャッとすませることにした。一夜を森で過ごすことができずもったいないが、
装備を軽くシンプルにして行動できるのはそれはそれで楽しい。

当初、八ヶ岳を清里側の県界尾根から赤岳に登って、行者小屋で幕営、
翌日は硫黄岳から八ヶ岳南半を縦走する計画だったが、
登るルートは同じ県界尾根、登ったらすぐ真教寺尾根で清里に降りる日帰りプランに変更。

23日(日曜)は好天が見込まれそう──と期待しつつ、初電で大月、甲府、小淵沢と、を普通列車を乗り継いで清里。
遠いなぁ。朝3時50分に起きたのにもう8時過ぎ。天気は曇り、大丈夫だろうか・・・

今回のReliveはこちら
d0123571_15435951.jpg



d0123571_15442742.jpg
県界尾根(タンクの右の尾根)終了点


d0123571_15445770.jpg
@真教寺尾根分岐、やはり有難い富士


d0123571_15464975.jpg
富士を見ながらこのところ定番化した素甘(すあま)をいただく


今回のコース:



マップをクリックでルートラボに飛びます。

初電を乗り継いで清里、サンメドウズ清里スキー場の先、K615車止めまでタクシー~
県界尾根~小天狗~大天狗~岩場~赤岳~真教寺尾根分岐(休憩)~
真教寺尾根下降~岩場~牛首山~賽の河原~羽衣池~美し森~清里駅
距離 14.4km 獲得標高 1254m [ルートラボ]

今回もカメラを持って行きました。少し続きます

by masashiw2 | 2018-09-24 15:55 | 旅の空 | Trackback | Comments(2)
9月は降る降る詐欺で始まって 2018年9月1日
晴れるようなら、ちょっと山登りもやっておきたいような気分もあって、
足慣らしに五日市駅から日の出山~御嶽山あたりを歩いておこうかと思っていたりで。

しかし週末の天気は今年最大の台風の接近によって荒れる傾向とのこと。
遠出はやめて、おとなしく仕事をしながら、雨が小止みのようなら少し駆けておく程度か。

土曜日、朝から晴れ間さえ見える。なんだ、こんなことならどこか出かければよかった。
今年もまた予報見ながら週末どうなるか悩ましい季節となりそう。

で、玉川上水の未舗装部分を選んで走れば10kmダート練いっちょうあがり──でどうだろう。
腐っていてもしようがないので、一仕事終えた後、気分を変えてトレランシューズを履いていつもの道を駆けてみる。

上水の上流に小川水衛所跡というのがあって、そこまでの往路を右岸、復路を左岸にとって13km。
グリーンベルトの中、直射日光からは守られる。トレランの訓練をしているかたもいらして挨拶してくださる。
しかし蒸し暑かった。ランパンの後ろの裾から汗がポタポタ。スネに草で微細な切り傷。
脈はチト多かったのだが、割と気分よく走る。足の裏もとりあえず支障なし


Jindai-Shokubutsuen, Chofu, August 26,2018 ──本文とは関係ないですね
d0123571_2222494.jpg


d0123571_2223582.jpg


d0123571_22231843.jpg


d0123571_22233553.jpg


山登りをちょっとという件、去年のコースからあまり発展はないのだが、
時間とか予算とか装備とか気力の続き具合等々を考えると、やはり八ヶ岳あたり(飽きないねぇ)が妥当かと

[登山計画]赤岳(県界尾根)~南半全トレース~三ツ頭



マップをクリックでルートラボに飛びます。

初電乗り継いで小海線清里で下車。未踏の県界尾根で赤岳、行者小屋付近でツェルトで幕営。
翌日は八ヶ岳南半を通しで三ツ頭(未踏)を踏んで下山。帰路は観音平~小淵沢方面もアリかと。
天気次第では去年のように中退ももちろんありますが。


【断酒連続33日目】
前回の断酒(3年前の心臓手術時)は連続33日。タイですが、特に感慨があるというわけでもなく。
明日で更新だが、あまり苦になっていないので、もう1ヶ月頑張ってみようかと・・・

by masashiw2 | 2018-09-01 22:39 | 拾遺 | Trackback | Comments(2)
三国峠を日帰りで 2018年8月19日
8月19日(日曜)は、いわゆるお盆休み最終日のようで。
移動性高気圧が関東甲信越をおおっており、山の天気がよさそう。
台風の季節となってから、あの時出かけておけば──なんて言いたくないので、出かけてきた。

未踏の峠・三国峠(埼玉[秩父]・長野[川上]境界、標高1740m)へ、日帰りで。
長いダートをこなさなければならない秩父側からは、技量も機材もなくとても行けず、
だからと言って、舗装された信州側を小海線信濃川上駅からアクセスしては簡単にすぎてなんだか申し訳ない。

名にし負う人気峠(三国峠=雑誌 CYCLO TOURIST vol.10 総力特集日本の峠200選 No.1峠)としてリスペクト、
大弛峠を越えて目指せば旅程としても充実しそう。大弛峠から川上村へはダート。
多少ともダートを経過してから三国峠を踏めば、それなりに達成感があるのではなかろうかと。

写真は上から、@山梨県道38号恵林寺、@川上村道川上牧丘線(大弛峠線)、@川上村道192号線(梓山林道)、
三国峠の川上村側から埼玉への切り通し、大型トラクター@川上村梓山集落

d0123571_2054225.jpg


d0123571_20542446.jpg


d0123571_20545066.jpg


d0123571_20551212.jpg


d0123571_20553813.jpg


ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

初電乗り継ぎ塩山まで輪行~K38~R140~K219~牧丘~琴川ダム~柳平~大弛峠~
川端下~K68~梓山~村道192号~三国峠~梓山~川上村中心部~ナナーズ~野辺山~R141~K28~
清里トンネル~黄色い橋(八ヶ岳高原橋)~石堂~八ヶ岳広域農道(レインボーライン)~
小淵沢から輪行(普通で甲府、あずさに乗り換え)
[ルートラボ]距離113.9km 獲得標高2968m(Stravaでは3224m、盛りすぎ)

天気が良いと思われたのでカメラを持って。少し続きます。


【断酒連続22日目】
わりと苦を感じること少なく断酒を続けています。
このところ、冷房をかけずに済む比較的過ごしやすい夜。寝つきも寝覚めもよく、肩こりも楽になりました。
飲酒によるむくみ感などがないので、頭がなんとなく澱んでいるような気分もありません。
今週末には断酒を25日を越えるのでぼちぼち採血をしてもらおうかと──

by masashiw2 | 2018-08-21 21:00 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日
7月15日に茅野からあずさで帰ってきたとき(十石峠〜麦草峠ライド)のこと、
えらい混雑のなか、輪行袋を抱えて自由席の通路に押し込まれたままだった・・・。
お盆もUターンが始まるタイミングで、輪行は避けたいと。自走は気が楽といえば気が楽です。
標高があって、木陰が多そうなところを選んでみたつもりでした

d0123571_1453418.jpg
今回は心拍計をつけている。記録は図のようなカタチ。午前4時過ぎに開始、午後3時40分くらいに終了。
青がだいたい120(bpm)、黄緑が130、柿色が140、朱赤が160。
この日の安静時心拍数は69、マックスは166。

最初、調子が上がるまでは、心拍数も多いみたいで。その後はキツい坂があると心拍数が上がる感じ。
トンネル街道を抜け出て古里711以降=午後1時からあとは炎暑の青梅街道漕ぎとなっても
心臓のペースは変わらず、運動を続けることができている。

とはいえ、酷暑はいよいよ厳しく。一体いつまでこのような暑さが続くのか。
檜原街道、戸倉711で氷結したペットボトルを買う。ジャージのポケットに入れて出発。
少しづつ氷を溶かして飲んだり、ボトルを頚動脈に当てて楽しもうと思っていたが、
あっという間に溶けてヌルくなってしまった。悲しい。
都民の森で三頭団子を楽しみにしていたが時間が早過ぎて食せず。悲しい。
補給かなわず、それまでいいペースだったのが、次第にバテ気味


d0123571_1454197.jpg
風張峠は気温23℃


d0123571_1572796.jpg
@月夜見第一駐車場。満々と水をたたえた奥多摩湖


d0123571_14544896.jpg
東京都から離脱します。小菅村へ


d0123571_1455713.jpg
@松姫峠、大月側に少し降りたところ。今回は来た道を戻りました


d0123571_1583096.jpg
松姫峠小菅側第2ヘアピンでは26℃


d0123571_1584569.jpg
@道の駅こすげ


d0123571_145638100.jpg
d0123571_14565336.jpg
小菅名物チャーちゃんまんじゅう3つをお土産に。左上のしゃくしなまんじゅうがとりわけ美味しかった



ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜檜原街道〜戸倉711〜都民の森〜風張峠〜三頭橋〜小菅・小永田〜松姫峠往復〜道の駅こすげ〜
奥多摩湖〜愛宕・城山トンネル〜古里711〜新青梅街道〜東京街道〜小金井街道〜鈴木街道〜五日市街道
[ルートラボ]距離168.4km 獲得標高2384m(Stravaでは3926m、かなり盛りすぎ)

今回もミニマルな装備でした。写真もiPhone、記事もこれっきりで。




【断酒連続16日目】
お盆は結局2回のラン(11日に10km、12日に11km)と、14日の自転車漕ぎで終了。
運動しない日は仕事などしてカラダはひたすら休養。
大きなアクティビティの後、酒を飲まないということは臓器に大きなダメージを与えていないはず。

しかし、暑さのせいもあろうかと思うが、寝覚めは良くなったとは思えない。寝つきも良いとはいえず、
果たして肝心の沈黙の臓器はどれほど改善しているか見当がつかない。

運動して脱水気味になるので、水分を取りすぎるせいか、
体全体がむくんで心臓に負担をかけているかもしれないと思ったり。
しかしながら脈は調子が良いようで、まずこれが第一の条件だから、よしとしなければ。

例年、お盆だと、あれやこれや人の出入りもあったりで、お酒の機会もそれなりにあるものだが、
今年はひっそりとしたお盆であった。夏野菜ばかりひたすらアオムシのように食べていたお盆だった

by masashiw2 | 2018-08-15 15:10 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ガマン大会・奥武蔵GL 2018年8月5日
近いうちの遠出は未定だが、脚は維持しておきたい。少し長めに漕いでおこうと、奥武蔵GL(グリーンライン)へ。
奥武蔵方面は6月末の有間峠以来か。盛夏でも奥武蔵GLは木陰が多く涼しい印象があるのだが、今年はどうか。

今回のReliveはこちら
d0123571_1763930.jpg

いつもの道程に変化をつけたく、アプローチをもろもろ検討したく──
田無から東大和に繋がる東京街道(江戸街道)を使ってみる。なぜ東京(江戸)なのか、由来は不明だが、
小平霊園以西は今は昔、多摩湖通いに使ったこともあるので知らないわけではない。
田無・小平部分も所沢街道より広く、交通量も少なく走りやすい。今後は新青梅へのアクセスに使ってみたい。

岩蔵街道の代わりに、八高線沿いの都道218号線(二本木飯能線)はどうか。
茶畑のなかを行くと思いきや、工業団地。金子(入間なんですね)を過ぎて、八高線に沿って山中をダウンヒル。
往路飯能行きには使えるが、逆コース(帰路)はありえない長い坂。

飯能からは入間川に沿う県道70号対岸をたどってみる。気分転換にいいルートかと。
矢颪(やおろし)という難読地名もあって面白い。おろしとは高いところから吹く風のことらしい。
名栗からの帰路、飯能に近づいて混み始めたらこの対岸に移って(岩根橋)飯能市街をスルーできる。
岩蔵に抜ける手もあるが、山越えが少しあって脚が削られた後の帰路には向かない。

d0123571_17311128.jpg

で、大汗かいてGLへ。お山はいつも通りのコース。
エゾゼミというのだろうか、ラジオの雑音みたいに鳴くセミがとにかく耳障りで。とにかくどこでも鳴いている。
標高がそれほどでもないので思ったほど涼しくない。しかし木陰は多いので一息できる箇所には事欠かない。
無理するようなことはせず、若いかたにはどんどん抜いてもらって、刈場坂峠から堂平。
刈場坂峠に戻ってきて、顔振峠、阿寺、一本杉峠、天文岩から登り返して北向地蔵。
下降路は初見参の宿谷(しゅくや)権現堂線。途中に美しい滝があったみたいで惜しいことをした。
早く降りて一刻も早くコンビニに飛び込みたかったものだから。

d0123571_1732190.jpg



d0123571_17322537.jpg



d0123571_1732454.jpg

今年の夏の暑さはやはり質が違う。先般40℃を越えた青梅はこの日37℃だったとか。
帰路は無難に飯能から輪行してもよかったのだが、怖いもの見たさで青梅の岩蔵温泉から瑞穂、新青梅街道を走ってみる。
熱風が吹き付けて角膜が痛いって、路面の1.5m上でも40℃は軽く越えているんだろうなぁ。
口を開けていると喉を焼かれるよう。信号待ちが辛い。ストレッチで気をまぎらわす。
青信号でダッシュ、赤信号でクールダウン。サウナでローラー台とストレッチをしているようなもので、
朝方には苦しかった首や肩甲骨がかなりほぐれて楽になった。

今回の給水(もっぱら自販機)休憩地点は──
飯能赤工(あかだくみ)711~刈場坂線高麗川水源~白石峠移動売車~堂平事務所~平九郎茶屋~
ministop日高南平沢店~飯能駅南口~瑞穂役場近辺~東大和東京街道近辺。
家からのVAAM溶液に加えて、チチヤスソーダ、伊藤園梅ドリンク、モンスターエナジー、強炭酸、力水などなど。
ミネラルウォーターを含めて、軽く5リッターは飲んだかと。補給食はコンビニでサンドウィッチやシュークリームなど。
適宜梅干しを摂り、痙攣なし。帰ってきて体重を測るとかなり減っていた。

途中からは水筒にはジュースを入れず(すぐに温まってしまうので)、ミネラルウォーターを入れ、適宜、首の後ろにかけていた。
ジャージポケットのスマホはチンチンになって(名古屋弁)いた一日だった。
今回からGPSのログをスマホで取るようにした。10時間以内のライドなら途中給電しなくても大丈夫そう。
この暑いのによく正常に動作するものと感心した。

ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

東京街道~瑞穂~金子~県道70号対岸(矢颪)~名栗~山伏峠~刈場坂峠~堂平~刈場坂峠~
顔振峠~林道宿谷権現堂線~ministop日高南平沢店コンビニ休憩~美杉台~岩蔵街道~瑞穂~新青梅街道~東京街道
[ルートラボ]距離157.6km、獲得標高2201m(Stravaでは3072m、かなり盛りすぎ)

今回はミニマルな装備でした。写真もメモ的、記事はこれっきりで。


【断酒連続8日目】
ここまでわりと順調。サンガリア炭酸水を愛飲中。ビール党ではないので発泡喉越しにアルコールはいらない。
今のところ、不思議と日本酒の誘惑にかられない。暑さもあって、内臓が低調なせいもあるかと。
台風13号が近づいて、さらに調子が下がってくるだろう。肩凝りバキバキとか。注意したい。
今月のランニング総距離28.03km、サイクリング総距離157.6km

by masashiw2 | 2018-08-07 17:36 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
My (petit)Attack! 299-1 2018年7月15日
国道299号をひた走り、秩父から志賀坂峠を経て上野村、十石峠を経て佐久へ、
麦草峠で八ヶ岳を越えて茅野まで通しでつなげてみたいと以前から思っていた。

Attack! 299 というサイクリングイベントがありまして、
名にし負う山岳国道(酷道)299号を飯能から麦草峠まで174km走るそうな。
このコースも最初をちょっと(飯能~芦ヶ久保)端折れば、私も走破できるんじゃなかろうかと考えた。
英仏濫用で恐縮ですが、My (petit)の所以です。

何度も通った道だが、通しで行こうとなるとちょっと逡巡、ジクジク考えているうちに7月も半ば。
行くなら、陽の長いうち・台風の来ない間に行っておきたい。

この連休、酷暑なのはわかっているつもりだった。7月ともなれば、多少暑くても仕方がないと。
秩父が暑いのは仕方がないとしても、志賀坂峠を越えれば少しずつ冷涼になるのではなかろうかと。

上野村に入ってもじりじりと焼かれるのは変わらなかった。長めのトンネルが3つほど続く(父母・乙父・楢原トンネル)のだが、
トンネルから出たくないと欲したことは過去あまりない・・・

d0123571_1118335.jpg
@十石峠


d0123571_11185897.jpg
@十石峠、標高1351mなんだが・・・


d0123571_11193338.jpg
@麦草峠、雨で生き返る


十石峠の温度表示は34℃、麦草峠は夕立で冷涼、かろうじて這い上がる。
ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

ひばりヶ丘から輪行(西武池袋線)〜横瀬駅〜R299〜秩父市街〜小鹿野〜志賀坂峠〜
上野村〜R299迂回路矢弓沢林道〜十国峠〜海瀬〜(R141)〜八千穂〜麦草峠〜茅野駅
[ルートラボ]距離142.3km、獲得標高3296m

今回はちゃんとした輪行装備。カメラも持って行きました。つづく

by masashiw2 | 2018-07-17 11:31 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
7月に入って
このところ、仕事も混んでいて、そうしたなかW杯も日本戦のみならず
注目カードはあらかたチェックしているせいか、もろもろ余裕なく過ごしている。

サッカー観戦で肝臓もだいぶお疲れでしょうと、知り合いに心配されたのだが、
どうも当方が飲酒しながら観戦しているとお考えのようで、
実を申しますとサッカー観戦時はシラフです──と強く念を押したのでした。
間違ってもサッカーを観ながらビールなど飲みません。


6月の締めくくりはこの7月からメンテでしばらく閉鎖されてしまう有間峠・逆川広河原線の漕ぎ納め。
名栗湖から浦山ダムを往復して有間峠をオモテ/ウラ2度踏みました。ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

五日市街道〜小平〜東大和〜新青梅〜岩蔵街道〜山王峠〜名栗湖(右岸・給水)〜有間峠〜
浦山〜秩父さくら湖・浦山ダム〜浦山〜有間峠〜名栗湖(左岸)〜
お休み処やませみ(名栗まんじゅう)〜飯能〜入間〜R463〜所沢〜所沢街道〜田無
[ルートラボ]距離155.9km 獲得標高2273m

写真も若干あるので、またご紹介したく・・・


6月のラン総距離は125.63km。カテーテルアブレーション術2ヶ月後から100km越え連続34ヶ月。
3ヵ年連続まであと2ヶ月。このところ運動強度自体は緩めなので、ポンコツの調子も悪くない。
自転車に乗っても、脈は悪くならず、今月のロードサイクリング総距離は614.99kmと、かなり伸びた。
獲得標高は尾根幹トレ3回分(3×550m)を加えて合計9781m。よく漕いでも8000mくらいなのでかなりイケた部類かと。

6月27日に武蔵野市の健康診査(年に一度の健康診断)を受けた。
それに先立ってプチ断酒(連続6日)などやってみたが、結果はいかに? 6月の休肝日はこれで16日。


W杯日本代表の健闘、ひょっとしての展開にただただ驚き、
時間稼ぎの件も含めて、その戦術のリアリズムをたくましいと感じている。
次戦も期待、何かしら今後の財産になるような試合をしてほしいと願っている。

梅雨明けで一気に酷暑となりましたが、皆様もどうかご自愛くださいませ

by masashiw2 | 2018-07-01 15:30 | 拾遺 | Trackback | Comments(0)
裏ヤビツ、変化をつけて浅間山林道 2018年6月17日
日曜日は天気がすぐれないので、近場で安上がりライド・裏ヤビツ漕ぎ。
多少は晴れ間も見えるかと思ったが、梅雨寒・時々小雨の土曜日の延長線上。

いつもの裏ヤビツ漕ぎに変化をつけたいので行ったことのない大山方面へ。
蓑毛まで降りて、名古木には行かず浅間山林道に入る。

大山参道に出て、コマ参道まで散輪。お土産にミニ独楽の根付など買って、お次は七沢温泉へ。
山をやっていた頃によく通った広沢寺の岩場に四半世紀ぶりにご対面。
少し樹木に隠れてしまったかも、しかし懐かしかった

d0123571_23351411.jpg
@蓑毛。何か悲しげな出来事があったのかと思いきや、少年キャンプ連盟発祥の地とのこと


d0123571_23354612.jpg
@広沢寺弁天岩。雨上がりで染み出し多いコンディション、取り付いているのは1パーティのみ



裏ヤビツから浅間山林道、ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

尾根幹〜新小倉橋〜長竹〜鳥谷〜宮ヶ瀬〜ヤビツ峠〜蓑毛バス停〜
浅間山林道〜R611〜コマ参道〜R64〜七沢〜広沢寺温泉〜弁天岩〜R60〜R63〜
R52〜R508〜R129〜R508(上溝)〜町田街道〜尾根幹
[ルートラボ]距離157.8km 獲得標高2231m

天気いまふたつでしたが、それなりに撮ってまいりました。少し続きます

by masashiw2 | 2018-06-18 23:40 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
この時期、やはり大弛峠に行っておかないと 2018年6月2日
何かしら義務感もあるのだが、この時期、やはり大弛(おおだるみ)峠に行っておかないと。
標高2360m、山梨県山梨市と長野県川上村にまたがる、
車で越えられる峠としては日本一標高の高い峠(峠の名称のあるうちでの最高地点)。
暑くなってからだと、林道に入る手前の、果樹園の登りで敗退してしまう可能性があるから。

それにエゾハルゼミの合唱も聞いておきたい。最近訪れた有間峠や松姫峠ではまだ時期が早すぎ、
八ヶ岳では標高が高すぎて、今シーズンはまだ十分味わえていない。

例によって初電乗り継ぎ、塩山まで輪行・・・



エゾハルゼミ@川上牧丘線琴川ダム手前の大合唱のYouTubeはこちら
d0123571_17493945.jpg


今回のreliveはこちら
d0123571_17385074.jpg


大弛峠から柳沢峠へ、ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

塩山駅まで輪行~R38~R140~牧丘トンネル~川上牧丘線~柳平~大弛峠~
往路~塩山体育館~R411~裂石~柳沢峠~おいらん淵~丹波山~留浦(トイレ休憩)~奥多摩湖~
愛宕・城山トンネル~青梅~新青梅街道~東大和~小平
距離173km 獲得標高3677m[ルートラボ]

好天を期待してカメラも持って行きましたので、ご紹介したいと思います

by masashiw2 | 2018-06-03 17:56 | 峠道 | Trackback | Comments(0)
ぶどう峠から野辺山へ・まずは上野村までノンストップ 2018年5月20日
先週末も好天。2週続いての輪行旅。
3月、4月とわりに充実した漕ぎを続けてきたので、集大成的にここらでちょっとまとまったライドにしたい。
八ヶ岳方面に出ると、距離は短いが獲得標高が稼げるので、3000mを越えていきたいところ。
安価な秩父スタート、佐久に抜けて、八ヶ岳を眺めながら小淵沢に降りる──線でどうか。

さて、どの峠を越えるか。R299・十石峠は佐久からも上野村からも両方登っている。
ぶどう峠は2014年の晩秋に相木村から越えているが、上野村側からはなし。
登りごたえがありそうな断崖峠なので残しておいたというか、なんとなく敬遠していたというか。
気分の循環がいい時でないと登っておけないような感じなので、今回はぶどう峠を行きます。

西武秩父線を利用しての輪行、ひばりヶ丘乗車は変わらない。
西武秩父より一つ手前の横瀬で下車した方が、駅の上り下りが少なく、楽──と
アドバイスしてくださった方がいらして、従ってみる。
なるほど! R299に出やすく、しかも下りばかりで秩父中心部に素早くアクセス。出だし快調です

d0123571_18514324.jpg
横瀬駅初見参。ちなみに最前部に座るのが一番楽。ピンク電車、気になる(芝桜仕様?)


d0123571_18521064.jpg
小鹿野・三山の赤い橋。最初の1時間は25kphで快調


d0123571_18523435.jpg
志賀坂峠すぐ手前、武甲山が小さくなった


d0123571_18525679.jpg
先週降りてきた八倉(ようくら)への入り口。左、すぐ上野村境(ここは神流町)


d0123571_18532816.jpg
アオバトと自転車の宿「すりばち荘」、泊まってみたい


d0123571_18534787.jpg
よき村、上野村。乙父(おっち)あたり


d0123571_1854824.jpg
R299十石峠の迂回路・矢弓沢林道入り口を見送る


d0123571_18544832.jpg
三岐トンネル。上野ダム、御巣鷹方面への入り口を見送る


d0123571_18551062.jpg
さて、ぶどう峠へ。もう後戻りはできません


d0123571_1855335.jpg
オートバイがそれなりに通行しますが、自転車には会わず・・・ さらに奥へ


d0123571_18555560.jpg
先週の御荷鉾スーパー林道と比べると、ほんとうに山深く


ぶどう峠から野辺山へ、ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

ひばりヶ丘〜横瀬まで輪行〜R299〜志賀坂峠〜上野村川の駅〜R124・上野小海線〜ぶどう峠〜
北相木村〜大鰭(おおひれ)トンネル〜南相木村〜小沢志なの入トンネル〜海ノ口大橋〜
R141〜市馬坂裏道(一部R68)〜野辺山〜平沢峠〜美し森交差点〜R11・八ヶ岳高原ライン(赤い橋)〜
小淵沢駅〜買い物(元気甲斐2個¥3200税込など)〜甲府行き普通1734〜甲府からあずさ〜立川1947
[ルートラボ]距離134.9km 獲得標高3120m

ぶどう峠から野辺山へ、少しつづきます

by masashiw2 | 2018-05-21 18:58 | 峠道 | Trackback | Comments(0)