タグ:relive ( 12 ) タグの人気記事
梅雨入りで漕がず 2019年6月9日
土曜は仕事や片づけなど、日曜は自転車漕ぎをと思い、支度をして床についた。
梅雨入りし、好天にも望めないであろうから、近場で行きっぱなし帰路輪行で計画。


[計画]奥武蔵グリーンラインを通しで



マップをクリックでルートラボに飛びます。

宿谷権現堂線〜顔振峠〜刈場坂峠〜粥新田峠〜塞神峠〜円良田湖〜児玉から輪行
距離99.2km、獲得標高1910m
児玉(八高線)から輪行というのは、八高線での帰路輪行のリハーサルをやっておきたいから。
八ヶ岳や佐久から群馬の峠(内山、田口、十石、ぶどうなど)を越えて八高線方面に帰路を求める場合、
消耗した状況でもスムースに輪行したいので。

──とかなんとか考えて床についたが、雨がシトシト。
4時ごろ、ベランダに立って様子を見てみたが、小雨は変わらず。路面はオールウェット。
しっとりした雨季の匂いが上水伝いに満ちている。とても晴れ間が出るとは望めないようで朝寝と決めた。

昼近くなると路面も乾き、雨雲も離れたようなので、ストレッチ・筋トレなどしてジョグに出かける。
土曜日は小金井公園に7kmジョグしたので、日曜は井の頭方面に10km。
この土日、スマホを操作しながら歩く年配の方々がやたら眼についた。皆さん一心不乱にスマホをたたいていた……


Reliveはこちら
d0123571_21424897.jpg
井の頭池は藻が繁殖して、水面の反射具合が「モネ」化しているという。今月これでラン総距離はやくも44.05km

by masashiw2 | 2019-06-09 21:52 | 拾遺 | Comments(0)
調布飛行場(脇)を走る 2019年4月20日
趣向を変えていつもの小金井公園とは違うコースをジョグ。
是政線多磨駅前のパン屋さん「うさぎ」のパンを買いに行きたいというのがきっかけではある。

武蔵境からのんびり是政線乗車。
多磨駅で下車、人見街道を東進、武蔵野の森公園・東京都五輪ロードレーススタート地点あたりから
調布飛行場を一周、人見街道を越えて野川公園。東八道路を越えて戻ってを公園を一周、
再び人見街道を越えて武蔵野の森公園に戻ってスタート地点へ。
これで7kmちょっと、いつもと同じ距離。高低差はこのコースのほうがあるかも。

走り終えて、「うさぎ」さん開店10時を少し回ったあたりに入店、調理パンなどもろもろ購入、
是政線に乗って帰宅。調理パンを持って、小金井公園の八重桜や駿河台匂の観桜、平成最後の花見終了

Reliveはこちら
d0123571_2292741.jpg



d0123571_2294990.jpg
人見街道のアメ車置き場、気になりまして・・・


d0123571_2210558.jpg



d0123571_2212184.jpg
帰りも気になるアメ車置き場


d0123571_22124540.jpg
小金井公園に転身、たてもの園そいの駿河台匂(するがだいにおい)もなんとか咲きました


d0123571_22132610.jpg
しかし、かなり痛んでおり、来年はどうだろうか。元気になってほしい。往時の駿河台匂はこちら


d0123571_22142726.jpg
これは駿河台匂近くの薄墨桜。今年も桜に感謝

by masashiw2 | 2019-04-20 22:24 | 拾遺 | Comments(0)
土日で英気を養って
かかりきっていた案件が片付き、この土日はPCの制作環境の片付けと整備。
土曜日午前は休養。起き出して、ストレッチなどわりと入念に。午後からいつもより少し軽い靴を履いて好タイムを狙う。
気温高く穏やかな晴天。コースはいつもの小金井公園の7km。まず玉川上水を西進。

序盤、思ったよりもタイムが伸びず、脈をとってみたら少し不揃い。そのうち良くなるよう深呼吸して続行。
中盤、小金井街道から小金井公園へ。5分台/kmを出さねばと思うのだが、思うようにいかない。
梅まつりが始まっていてかなりの人出。東京都酒造組合の売店では「屋守(おくのかみ:豊島屋酒造)」を
今年から売るようになった──、雑念が多いなぁ。タイム伸びず、終盤の上水脇のダートに入って稼ごうかと。

脚腰がこなれてきてからのダート走りが最後のお楽しみ、脈もよくなってきたので頑張る。
最後、関前の菜園と植木畑の中をスパートしてみたが結局凡庸なタイム。また出直します。夜、しもやけをマッサージ。

翌日曜は6時に目覚ましをセット。冬のライド、早朝出発はほんとうにツラい。
どこが凍結していないか。先月下旬に行って問題なかった裏ヤビツ、行けるところまで行ってみようかと。
モンベラー厳冬仕様で7時出発。尾根幹もこの時間、空いている。グループライドが何パーティか。

追いついてくるかと思ったが、そんなふうでもなく、町田街道を過ぎ、長竹を過ぎ、宮ヶ瀬園地を過ぎ・・・。
K70に入ってそれなりに快調。しかし日陰の渓谷道、気温が低い。
札掛橋の温度計は3℃。ここから勾配が増して、ヤビツ峠ではもう少し低いはず。

秦野に入っても勾配を強く感じず、インナーは使わずじまい。湘南側は曇っていそうだったので菜の花台へは下りず、
峠にタッチしてオギノパンへ急行。昭和の小倉バターなど食す。お土産に丹沢あんぱん3つ(ゆず、ショコラ、玉露)。
帰路も尾根幹、往路でユルく漕がなかったので少ししんどい。稲城あたりから逆風緩むことなく、角膜が乾く。

土日でそれなりの疲労感。英気を養って新しい一週間へ。これで2月のラン総距離は72.16km、サイクリング総距離は251.70km。
断酒ももちろん継続中。日曜日で118日目

d0123571_22425820.jpg
K70脇の宮ヶ瀬湖畔


d0123571_22431799.jpg
ボスコキャンプ場の入口のミツマタ

Reliveはこちら

ルートラボはこちら

by masashiw2 | 2019-02-18 22:49 | 拾遺 | Comments(0)
世は(と言ってしまう)3連休── 2019年2月11日
ブログを更新するようなネタもなく、いつの間にか2月も中盤。
世は3連休だが、仕事が立て込んでいたので、遠出もせず黙々と眼前の課題をこなしていた。

この3連休、とても寒かった。南岸に低気圧があり、かなり雪が積もるという予報だった。
積雪による停電なども気にして、オロオロしながらモバイル電源をフル充電したり、UPSをチェックしたり。

なによりも足元が悪くなることが嫌。しばらく自転車に乗れなくなるし、ジョグも行動範囲が制限される。
降る前にコツコツ稼いでおかなくては。さしあたり土曜日早朝から尾根幹漕ぎ50km。
降雪の中、凍えながら尾根幹往復、帰ってきて仕事をしだすと、雪は止んでしまった。

なんだ、降雪は取り越し苦労だったのか。日曜日は昼から小金井公園ジョグ7km。
月曜日も昼から井の頭池〜西園ジョグ9km。

集約して自転車漕ぎやジョグをするために、仕事も集約、たいへんはかどった3連休となった。
連休明け火曜日は、納品ラッシュもあるので、運動はお休み

d0123571_0273745.jpg
2017年の暮れに自転車を新調、フロントギアを50Tから52Tにしてみたが、力が足りずいつも痙攣気味。
支障なく漕ぐことができるようになるまで時間がかかった。土曜日は濡れた路側を漕いでBB付近に氷柱が・・・。
尾根幹漕ぎのReliveはこちら


d0123571_028452.jpg
井の頭ジョグ、弁天様にもちょっと寄り、宇賀神さまにご挨拶


d0123571_029519.jpg
蜂の子は¥2300、いなご甘露煮は¥900。@七井橋のたもとの自販機。撮ってからリスタートの際、GPS押し忘れ


d0123571_0292684.jpg
井の頭から三鷹へ。井の頭ジョグのReliveはこちら。おかげさまで断酒も112日目となりました

by masashiw2 | 2019-02-12 00:33 | 拾遺 | Comments(0)
厳冬期・裏ヤビツ 2019年1月26日
昨年の7月に路肩崩壊で通行止だった裏ヤビツ、昨年暮れに開通していた。
やっと気がついて、雪が降る前に行っておく。厳冬期仕様の出で立ち。
K70号唐沢キャンプ場の先、最狭部のちょっと先が路肩崩壊していたのだが、きれいに治っていた。
塩水橋の手前、法面工事が完成間近で片側通行。そのほかは特に支障なく裏ヤビツへ。
夏は涼しい渓谷沿い、冬は井戸底。立ち止まると凍えるので立ち漕ぎを交えてしっかり漕ぐ。
高度が上がると寒さひとしおで、二重の手袋(ネオプレーン+ジオライン)でも凍えるほど。
早々に退散、オギノパンでゆっくり寛ぐ。おみやげに丹沢あんぱんなど

Reliveはこちら
d0123571_1058464.jpg



d0123571_10592998.jpg
宮ヶ瀬園地のネコ。適度な距離感、媚びるような媚びないような・・・


d0123571_110895.jpg
造林事務所のミツマタ、つぼみが育っている


d0123571_1214983.jpg
峠から降りてきたら、雪空


d0123571_12145221.jpg
@オギノパン。最近の定番は昭和の小倉バター、ぷりぷりエビカツ。胸焼けしないようなギリギリメニュー

ルートラボはこちら
調布保谷線〜尾根幹〜町田街道〜鳥屋〜宮ヶ瀬湖〜ヤビツ峠(曇ってきて菜の花台までは行かず)〜
宮ヶ瀬湖左岸〜オギノパン〜長竹~町田街道〜尾根幹〜調布保谷線
距離134.9km 獲得標高1865m、インナー使用は青山荘裏手のみ
帰路は強烈な向かい風、ドライアイ気味

by masashiw2 | 2019-01-27 11:03 | 峠道 | Comments(0)
半ばを過ぎてもあれこれ・・・
1月半ばを過ぎてもあれこれ納期に追われて日々過ごしている。
この土日、遠出はできないものの、時間を見つけてそれなりの運動をした。

断酒も日曜日で91日。そのせいかこのところ、心臓がヘタレない。
知った道を走ったり漕いだりなので、次の辻まで、坂の終わりまで・・・と、なんとか気持ちをつなげて、
気持ちが途切れないように力を絞る。

疲労の回復もうんと早いわけではないが、以前よりもマシな状態になってきた。
雪が降ってしまっては外に出ることもできなくなってしまうので、
道が乾いているうちは、気温が低くても服装に工夫をしてこまめに稼ぎたい

Reliveその1 1月19日(土)井の頭池〜玉川上水〜西園1.5Rジョグ
d0123571_19254616.jpg
右下に伸びた往復軌跡が玉川上水の太宰発見箇所方面。西園に戻ってトラックを1.5周してジブリあたり


d0123571_19261273.jpg
七井橋から井の頭池


d0123571_192630100.jpg
@西園トラック。このジョグは距離10.53km。今月のラン総距離は82.60km




Reliveその2 1月20日(日)相模湖〜道志ダム〜宮ヶ瀬湖〜尾根幹ライド
d0123571_1926565.jpg
日連からK76で南下(右方向)し、道志みちを東進中


d0123571_19271752.jpg
休憩中@勝瀬橋、相模湖をくじら丸が遊覧中


d0123571_19275333.jpg
K76@綱子分岐からの道志


d0123571_19281055.jpg
@道志ダム

距離115.2km 獲得標高1627m。ルートラボはこちら。今月これでサイクリング総距離266.1km

by masashiw2 | 2019-01-21 19:42 | 拾遺 | Comments(0)
砲声を聞きながら富士山スカイライン 2018年10月8日
今回のキモは、もちろん富士の宮口五合目までの登路(1450~2380m)。登路の始まる分岐(1450m)まで20km少し。
御殿場の標高はけっこうあると思っていたが、500mもない。まず自衛隊の演習地を通って比高1000m稼ぐ。

どうも調子が悪い。日照がないならけっこうはかどることが多いのだが、暑いような寒いような。
睡眠不足か、休養不足か。眠くてしようがない。リズミカルに漕ぐことができない。
そこへ散発的に右から左から銃声(小銃?)。そしてときどき大きな砲声。
雷かと思うほどあたりの空気を揺るがす。いったいどんな大砲をぶっ放しているのか。

それにしても景色がないと単調にすぎる。路側に距離表示があるが、それだけが頼りのようになってしまう

今回のReliveはこちら
d0123571_0354818.jpg



d0123571_0364868.jpg
@JR松田駅プラットホーム。松田ってどんな町だろうか


d0123571_0371382.jpg
スタートして13km、高圧電線が唸りを上げていた。そして銃声と砲声、落ち着かない


d0123571_0373467.jpg
御殿場口登山道新五合目入り口。洞門が目印


d0123571_0375332.jpg
ときどき赤茶けた土壌が目に入ってくるようになった


d0123571_0381688.jpg
裾野市に入る。目指す五合目は富士宮市


d0123571_0383941.jpg
左手からサファリパークからの道。東京五輪ロードレースコースの最高点。レースではここから御殿場へ高速ダウンヒル


d0123571_0391100.jpg
やっとこ富士の宮口五合目分岐。右の道に入って行く


d0123571_0395723.jpg
料金所跡でおにぎり一個食す。やはり腹が減っていたのか。砲声が聞こえなくなったら眠くなってきた・・・ つづく

by masashiw2 | 2018-10-11 00:43 | 峠道 | Comments(0)
(もったいないけど)日帰りで八ヶ岳 2018年9月23日
今月の初めに、山登りのプラン(八ヶ岳1泊2日)などを考えてみたりしたのだが、どうも実行に移しにくかった。
秋雨前線がしつこくて好天が連続しない。週末に好天がめぐってこない。秋山は濡れたくないもので。

で、プランを変更、日帰りにしてチャチャッとすませることにした。一夜を森で過ごすことができずもったいないが、
装備を軽くシンプルにして行動できるのはそれはそれで楽しい。

当初、八ヶ岳を清里側の県界尾根から赤岳に登って、行者小屋で幕営、
翌日は硫黄岳から八ヶ岳南半を縦走する計画だったが、
登るルートは同じ県界尾根、登ったらすぐ真教寺尾根で清里に降りる日帰りプランに変更。

23日(日曜)は好天が見込まれそう──と期待しつつ、初電で大月、甲府、小淵沢と、を普通列車を乗り継いで清里。
遠いなぁ。朝3時50分に起きたのにもう8時過ぎ。天気は曇り、大丈夫だろうか・・・

今回のReliveはこちら
d0123571_15435951.jpg



d0123571_15442742.jpg
県界尾根(タンクの右の尾根)終了点


d0123571_15445770.jpg
@真教寺尾根分岐、やはり有難い富士


d0123571_15464975.jpg
富士を見ながらこのところ定番化した素甘(すあま)をいただく


今回のコース:



マップをクリックでルートラボに飛びます。

初電を乗り継いで清里、サンメドウズ清里スキー場の先、K615車止めまでタクシー~
県界尾根~小天狗~大天狗~岩場~赤岳~真教寺尾根分岐(休憩)~
真教寺尾根下降~岩場~牛首山~賽の河原~羽衣池~美し森~清里駅
距離 14.4km 獲得標高 1254m [ルートラボ]

今回もカメラを持って行きました。少し続きます

by masashiw2 | 2018-09-24 21:30 | Comments(2)
川上村を東から西、そして黄色い橋 2018年8月19日
三国峠から梓山を経て下り基調。ずっと下ってきて、川上村中心部、ナナーズ前でちょっと休憩。
小海線というのは驚くほど本数がなくて、仮にこの時点で自転車漕ぎを切り上げて
信濃川上から乗るとすれば時間が中途半端。距離もまだ80km、労苦の割に距離が出ていない。
さしあたり野辺山まで行ってみる。

野辺山に着いて、やはりこんな駅舎から輪行はしたくないよなぁ──と。曇ってきたから平沢峠越えはなし。
清里の先、赤い橋もガスがかかっているだろうし。K28・黄色い橋で小淵沢まで行くなら登り返しなしのはず。
R141を清里手前「清里トンネル東」で離脱、清里トンネルから大泉方面、石堂まで下りのみ。
八ヶ岳は見えなかったが、黄色い橋で南アルプスや富士山に見送ってもらった感アリ。

石堂からの広域農道=レインボーラインは最後ちょっと登りもあるけれどいい道で、暗くなる前に小淵沢着。
しかし、名作駅弁「元気甲斐」は売り切れ(泣)。(残念そうな)代替品を買って帰る。小淵沢まで漕いだ甲斐がない・・・

今回のReliveはこちら
d0123571_19204577.jpg



d0123571_19215100.jpg
三国峠からの川上村。穏やかな落葉松林


d0123571_19214617.jpg
巨大トラクターがブンブン疾走している


d0123571_1922422.jpg
川上村梓山出身の宇宙飛行士・油井亀美也さんは宇宙ステーションで栽培された野菜(レタス)を食べた最初の人類とか


d0123571_1922285.jpg
宇宙ステーションからも確認できるレタス畑、ちらりと赤岳


d0123571_19234915.jpg
ナナーズ(写真はお向かいの農場)から野辺山へ。右の山は天狗山


d0123571_19241152.jpg
赤いレタスは赤い箱に収めるのだろうか


d0123571_19243450.jpg
八ヶ岳(権現、赤、横岳)はずっとこんな見え方、こんな日もある。これはこれで威厳と高度感があります


d0123571_19245773.jpg
黄色い橋からの南アルプス、ここからだと、左から鳳凰~北岳~仙丈岳~甲斐駒ヶ岳の並びで見えているはず


d0123571_19252580.jpg
最後に富士が拝めれば、それなりに納得するもの
三国峠の旅、ご高覧有り難うございました。今回のルートラボはこちら


【断酒連続28日目】
冷房のあたりすぎなのか、朝から調子が上がらない。肩こり・首痛がひどい。
この日も猛暑。おそらくは体温を越える気温。仮にそんな温度の風呂に入り続けていたらイカレてしまう。
ただでさえ不調なのに、断酒せずに過ごしていたら、具合を悪くしてしまったかもしれない。断酒にも感謝!?

夕方、クリニックで診察と採血(血液凝固検査と肝機能検査の検体採取)。
お医者さまに断酒状況を褒めていただいたが、近親者の疾病の状況なども申し上げると、
「これを機会に、もうお酒はやめませんか」と(真顔で)言われた。そうか、このままやめちゃいますか。
検査結果は少し先。断酒はこの夜も続行。ホッとしての一杯はナシ。というか、あまりそういう気分にならない。

その前夜、外出する機会があって、吉祥寺で食事。
所用があって、調布方面からバスに乗って公園通りを通過したのだが、車窓から有名焼き鳥店の立ち昇る煙を
見ただけで思わずえずきそうになった。豚骨ラーメン店のニオイも苦手。
コッテリしたものを分解するキャパがおしなべて低下してきているみたいで。

とはいうものの、食べに行った店は肉料理店。牛刺しや軽く焼いたものなどをいただく。
こういう料理の場合は赤ワインなどを飲んでいたのだが、このたびはウーロン茶。やはり味気ないもので、
ノンアルコールビールにしてもらう。それなりに旨かった。しかし、どうも腹の底でもたれているのかも。
帰路、田無の先の北の空が恐ろしいばかりの稲妻ショー。音がなく不気味、群馬方面だったのだろうか。

d0123571_19262392.jpg
26日早朝に尾根幹を漕いだ。その終了時点での過去12ヶ月の距離グラフ。
8月のランニング総距離は104.6km、サイクリング総距離は490.61km。
今月はまだ4日あるので、尾根幹漕ぎを含めてもう少し伸ばしておきたい

by masashiw2 | 2018-08-27 19:31 | 峠道 | Comments(0)
この時期、やはり大弛峠に行っておかないと 2018年6月2日
何かしら義務感もあるのだが、この時期、やはり大弛(おおだるみ)峠に行っておかないと。
標高2360m、山梨県山梨市と長野県川上村にまたがる、
車で越えられる峠としては日本一標高の高い峠(峠の名称のあるうちでの最高地点)。
暑くなってからだと、林道に入る手前の、果樹園の登りで敗退してしまう可能性があるから。

それにエゾハルゼミの合唱も聞いておきたい。最近訪れた有間峠や松姫峠ではまだ時期が早すぎ、
八ヶ岳では標高が高すぎて、今シーズンはまだ十分味わえていない。

例によって初電乗り継ぎ、塩山まで輪行・・・



エゾハルゼミ@川上牧丘線琴川ダム手前の大合唱のYouTubeはこちら
d0123571_17493945.jpg


今回のreliveはこちら
d0123571_17385074.jpg


大弛峠から柳沢峠へ、ルートは以下の通り──



マップをクリックでルートラボに飛びます。

塩山駅まで輪行~R38~R140~牧丘トンネル~川上牧丘線~柳平~大弛峠~
往路~塩山体育館~R411~裂石~柳沢峠~おいらん淵~丹波山~留浦(トイレ休憩)~奥多摩湖~
愛宕・城山トンネル~青梅~新青梅街道~東大和~小平
距離173km 獲得標高3677m[ルートラボ]

好天を期待してカメラも持って行きましたので、ご紹介したいと思います

by masashiw2 | 2018-06-03 17:56 | 峠道 | Comments(0)